オカメインコを野性っぽく撮影してきた。inキャンベルタウン野鳥の森

アイ ラブ オカメインコ(ハート)

まあ、オカメインコを飼ったりはしていませんが、埼玉県越谷市にはなんとも素敵な事に、オカメインコを放し飼いにしている『キャンベルタウン野鳥の森』公園があり、無性にオカメインコに会いたくなったら100円払って遊びに行きます。

ってなわけで、今回は子供達も引き連れてオカメインコの撮影に出かけました。

オカメインコ 野鳥の森

スポンサーリンク

オカメインコを撮影しまくる

鳥インフルエンザの影響で最近まで臨時休園していた『キャンベルタウン野鳥の森』公園だったんですが、やっと解除になりまして、これで念願かなって新しいカメラ『Nikon D5600』をお供にオカメインコを撮影しまくれます(笑)

もちろん子供たちもおまけでついてきていますが、子供は放置プレイに方向で物語は進みます。

写真をクリックすると大きくなるので、愛らしいオカメインコを堪能してください。

オカメインコがイッパイいます

オカメインコ 野鳥の森

公園内はテントになっており、テント内ではオカメインコが大量に放し飼いされているので、特に探さなくてもいくらでもオカメちゃんを発見、観察、撮影可能です。

しかし、タイミングが悪いと1匹も見当たらないことがあったりするので、注意が必要です。

もちろん、オカメインコ以外にも多くの野鳥が放し飼いにされているので、探すと楽しいです。

オカメインコ 野鳥の森

テントはかなり巨大で、内部は植樹されており、小川や溜池もあるので、オカメインコはもちろんの事、他の鳥たちも水浴びしたり、樹木に止まったりして生活しています。

このオカメインコは精悍なルックスなハンサムオカメインコです。

オカメインコ 野鳥の森

公園内には見晴らし台も設置されているので、下から覗き上げる事無く、オカメインコ目線で撮影できるのが素晴らしいポイントです。

写真を見てもらえば一目瞭然ですよね。

オカメインコ 野鳥の森

この公園は、越谷市とオーストラリアにあるキャンベルタウンが姉妹都市になった記念として作られた公園で、放し飼いにされてる鳥たちのほとんどがオーストラリア原産の鳥たちになります。

※ただし、この公園は観察メインの公園になるので、鳥たちへのエサやりなどの有料サービスはありません。

オカメインコはオーストラリアの鳥

オカメインコ 野鳥の森

オカメインコはオーストラリア原産の固有種で、1800年頃からヨーロッパを中心にして愛玩動物として飼育され始めた経緯があります。

日本では1970年ごろのインコブームで一気に知名度が上がり、飼育される個体が増えました。

丸々ほっぺがカワユスですな(*´▽`*)

オカメインコ 野鳥の森

園内には巣箱も設置されているので、巣箱を出入りするオカメインコを目撃できます。

オカメインコは一度つがいになると一生涯連れ添うらしいんですが、僕にはどれがオスでどれがメスなのかよく分かりません。

なんとなく顔が黄色いのがオスのような気がします(笑)

オカメインコ 野鳥の森

この公園のオカメインコはそれなりに人間慣れしているようなので、ある程度の距離までは接近してくれます。肩に乗ったり、手に乗ったりはしませんが(笑)

なので、一眼レフカメラがあればこの写真のように超近接撮影が可能です。

もちろん、スマホカメラで撮影している人も大勢いますよ。

オカメインコ 野鳥の森

ボリボリボリ…

ムフン、ムフン。

オカメインコ 野鳥の森

もっと、もっと!!!!

ちっ!!!!

wwwww

なにしろいたる所にいますし、今回は撮影できませんでしたが、地面に下りてエサをついばんでたり、水浴びしたりと自由に動き回ってるオカメインコを観察、撮影できる日本でも数少ない場所だと思うので、オカメインコマニアや鳥好きな方は一度足を運んでみる価値はあると思います。

撮影機材

オカメインコの撮影に使った機材は、ニコンのデジタル一眼レフカメラの新モデルであるD5600を使用しています。

レンズはキットズームレンズの『AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR』を使っていますが、軽量コンパクトでフォーカス速度も速く、さらに写りも良いっていう、3拍子揃ったレンズです。

しかも安い!!!!!

『AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR』の関連記事

『Nikon AF-P DX NIKKOR 70-300mm』での撮影が楽しくて仕方がないから想いよ届け(笑)

『Nikon AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR』の気になる5つのポイント

撮影場所


電車・バスだとアクセスが悪いので、車で来るのがイチバンだと思います。

駐車場は30~40台位は停められるはずです。

入園料は、

  • 大人 100円
  • 子供 30円

の、値段の安さも魅力です。

オカメインコだけではなく、ワラビーやモルモット、うさぎ、エミューなどの動物もいます。

野鳥の森公園で撮影した関連記事

カメラ初心者が18-55㎜のキットレンズで野鳥の撮影に挑んだ結果

【初撮り】Nikon AF-S NIKKOR200-500mm f/5.6E ED VRで撮影した素直な感想

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 日野 より:

    こんばんは、昔、やはり、70年代、うちにも、インコがいましたよ(笑)、懐かしいです、しかし、オカメインコ綺麗にとれてますね、毛並みも、バッチリですね、D5600すごいですね、やっと、 D5600用USBコード、買ってきて、パソコンに、転送できるように、なりました、(笑)、今までの、コードが、あわないんですね、
    私も、写真撮ってきます。

    • コシタツ より:

      日野さん、こんばんは。
      70年代から80年代にかけてはインコブームのようで、ご多分に漏れず僕の母親もインコを飼ってました。
      D5600もそうですが、レンズがやっぱり優秀です。
      望遠端での撮影が楽しくなります。

      確認したらD5500とD5600でもUSBケーブル端子が変わってますね。転送速度が上がるのでしょうか?
      変わらなければ無駄な出費になりますね。

      僕はSDカードリーダーで読み込んでますが、USB3.0対応ではないので転送速度が遅いのが難点です。といって、買い換える程でもないんですが…
      D5600での作品楽しみしています(^^)/