「パイオニア カロッツェリア MVH-3200」で、車内CDレス生活を始める準備編

13年落ちのポンコツ自動車のカーステレオが壊れました。

カーナビゲーションとCDプレイヤーが一体になっていた物なんですが、カーナビは5年前に壊れ使い物にならず、CDとラジオだけが辛うじて使えていた代物でした。

この2DINのカーナビ、無駄なギミックが使ってあって、CDを取りだすのにいちいち液晶画面がパカパカと開け閉めしなきゃならんのです。

いつ頃からかこのパカパカギミックの調子が悪くなり始め、つい最近閉まろうとしている最中の中途半端な位置で動きを止めてしまいました。

作動ボタンを押してもうんともすんとも言わず、通勤時間帯だったのもあって少しイライラしていたコシタツは、液晶画面を無理やり手で押し込んだら壊れました。

液晶画面が開かなくなり、さらに画面も反応せず。音も出なくなりました。

かれこれ10年以上は使ったので元は取ったはずです。ここは自分のした事は忘れて、製品寿命が来たと考えましょう。

スポンサーリンク

パイオニア カロッツェリア MVH-3200を購入

Pioneer(パイオニア) カロッツェリア カーオーディオ 1Dメインユニット MVH-3200
Pioneer(パイオニア) カロッツェリア カーオーディオ 1Dメインユニット MVH-3200

何時だって次の日には届けてくれるAmazonプライムです。激安の5600円でした。

激安には理由があって、CDが使えません。そうなんです、コンパクトディスクを入れるあの、薄っぺらく細長い入口が無いのですよ。

使えるのは、FM・AMラジオとipodやUSBメモリーだけです。

でも「それで、いいんです!!!!」

コシタツは断捨離を強く推し進めている断捨離リストですから、もちろんCDも断捨離中なんです。全然売れませんが…。

なのでもちろんこれからの自動車はCDレスです。走行中にCD交換とか危ないし、CDケースって車内では意外と邪魔なんです…って遅いかな???

カーナビに至っては、スマホ地図の方がもう全然高機能ですから、要りませんですよ。

インプレします

Pioneer(パイオニア) カロッツェリア カーオーディオ 1Dメインユニット MVH-3200

たぶんコレ、気になっている人って結構いると思うんですが、値段が値段で5000円半ばなんでちょっとアレかなって躊躇している人が多いと思うので、写真多めで紹介します。

見た目はそれほど悪くはありませんが、金属パーツは一切使われていないので多少のプラスチッキーさは感じます。

左側の大型のダイアルが「おっ、アルミ削り出し!!!」と思ったのですが、削り出しっぽい樹脂製品でした。触るまで質感はアルミでしたよ~。

スイッチ類は、まあ値段相応の手ごたえでして、ムニュムニュとちょっと頼りなげな感じがします。この辺は高額商品は抜かりなく、カチッとした感触だったりするんですよね。でも、5600円ですから。

USB端子が前面

Pioneer(パイオニア) カロッツェリア カーオーディオ 1Dメインユニット MVH-3200

この製品の特色の一つで、唯一のアドバンテージはUSB端子が前面にある事です。

カバーを開けるとUSB端子が顔を出します。ここから、ipodやipohneと接続できます。

その下にあるのはAUX端子です。ミニプラグが差し込めます。

残念ながらこのモデルはBluetooth未対応なので、Bluetooth接続は出来ません。

奥行きが無い

Pioneer(パイオニア) カロッツェリア カーオーディオ 1Dメインユニット MVH-3200

ザックリとですが大きさを測ってみました。参考にして下さい。

右隣にあるのは付属品です。

横幅は180㎜サイズのダッシュボードに収まるサイズです。最近の200㎜ワイドタイプですと、隙間ができます。

CDを挿入しないので、奥行きを大きく取る必要が無いせいか、短いです。しかも、CD駆動部分が必要ないために非常に軽いです。

Pioneer(パイオニア) カロッツェリア カーオーディオ 1Dメインユニット MVH-3200

CDと比べてみました。

見てのとおり全然薄いですね。これって取り付けやすさに直結していて、後ろ側のゴチャゴチャした配線を気にせずに取り付けできるって事なんですよ。

Pioneer(パイオニア) カロッツェリア カーオーディオ 1Dメインユニット MVH-3200

裏側です。真ん中にヒートシンクが付いています。内部はアンプなので、トランジスタの熱を逃がすためですね。

カーナビなどに比べると、潔いほど小ざっぱりしています。なんだか断捨離マインドと重なりますね。

小物入れも買った

 Pioneer(パイオニア) カロッツェリア Dサイズ用小物入れ AD-378
Pioneer(パイオニア) カロッツェリア Dサイズ用小物入れ AD-378

1DINになってしまったので、カーステレオの下はがらんどうになるので、小物入れでカッコよくフタをして、そこに使わなくなったipodnanoをしまう事にします。

ちなみにこれはトヨタ車用、日産車用です。

そうなんです、出番のほとんどないipodnanoを音楽データの保管庫にして、ipodのリユースとサヨナラCDの一石二鳥作戦。

で、今回は純正の小物入れにしたのですが、サードパーティー製の小物入れと比べても値段的に数百円しか変わらず、なおかつAmazonでの評価がサードパーティー製よりも高かったことにあります。

やっぱり小物入れサイドの取り付けネジ部分がサードパーティー製は弱いらしいんです。

Pioneer(パイオニア) カロッツェリア Dサイズ用小物入れ AD-378

裏側です。ただ、パイオニア純正品は小物入れの底に、穴を明けるための切り欠きがないので、カスタムする人はちょっと大変かもしれません。

Pioneer(パイオニア) カロッツェリア Dサイズ用小物入れ AD-378

重ねるとこんな感じです。

さすがに小物入れは純正品だけあってイメージ通りピッタリです。小物入れ自体の樹脂の歪みも無く品質は良さそうです。

今回注文したもの

13年前のトヨタ車に取り付けるために今回注文した物はこちらです。

Pioneer(パイオニア) カロッツェリア カーオーディオ 1Dメインユニット MVH-3200

コシタツが購入した時は5600円でした。Amazonではこの辺りの価格をウロウロしているみたいです。

Pioneer(パイオニア) カロッツェリア Dサイズ用小物入れ AD-378

個人的には値段的にそれほど変わらない純正品をオススメします。

その他に、車体ハーネスに取り付ける為の車種別カーステレオハーネスが必要になります。

今回はトヨタ車のインパネの取り付け幅が180㎜だったので、これにしました。

エーモン 2202 オーディオハーネス トヨタ・ダイハツ車用(10P・6P)

頑張って自力で取り付けました。CDレス車内生活は思った以上に快適です。

取り付け編に続く

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク