『AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR』超広角ズームレンズが激安価格で登場!!!

ニコンからちょっとどころか、かなり気になるレンズの登場です。

なんと、実売価格30000円台の超広角ズームレンズ『AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR』が6月30日に発売されました。

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

写真引用:ニコン

スポンサーリンク

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRは買いなのか?

基本的にAPS-Cセンサーを使ったDXフォーマットカメラ向けのレンズのなるので、実焦点距離は1.5倍の15-30㎜のレンズになります。

また、新しいAF-Pレンズは使えるカメラボディを選ぶので少し古めのカメラボディだと、動作に制限が出る可能性が高いです。これについては記事最後に記載します。

スグにでも10-20㎜の超広角ズームレンズの作例が見たい方は↓↓↓↓↓↓

【必見⁉】『AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR』だけで撮影旅行した作例20枚

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRの特徴

  • 手軽に持ち歩ける小型・軽量ボディー
  • 非球面レンズを3枚採用した最新の光学設計による高い描写性能
  • 手ブレ補正効果3.5段(CIPA規格準拠)のVR機構を搭載
  • STM(ステッピングモーター)により、スムーズで静かなAF駆動を実現。動画撮影時など、レンズの駆動音が気になる場面でも快適なAFが可能
  • 滑らかに回転するフォーカスリングによって、マニュアルフォーカス時のスムーズな操作感を実現
  • 被写体に大胆に近寄って大きく撮れる、最大撮影倍率0.17倍、最短撮影距離0.22m

引用元:ニコン

重量約230gと軽量で、従来のDX超広角レンズよりもコンパクトな外観に仕上がっています。

非球面レンズを使用することで、超広角レンズレンズ特有の樽型ディストーションを効果的に抑制し、さらに高い描写性能を実現。

従来のDXフォーマット超広角レンズにはVR(手振れ補正機構)が無かったのですが、今レンズからは搭載され、手振れ補正効果3.5段と抜かりありません。

新しいAF-PレンズはSTM(ステッピングモーター)駆動でAF(オートフォーカス)するので、静かで高速なピント合わせが可能になります。僕もAF-Pレンズを使っていますが、本当に静かで速いです。動画撮影時にAF音が乗ることはほぼありません。

意外なのが、フルタイムマニュアル操作可能なフォーカスリングで、レンズ価格からは想像できないしっとり感で操作できます。

ニコン希望小売価格が41,500円(税別)での発売ですが、いまのところ実売価格は37,000円前後で落ち着きそうな感じです。

製品の仕様

焦点距離 10 – 20mm
最大絞り 焦点距離10mm時:f/4.5
焦点距離20mm時:f/5.6
レンズ構成 11群14枚(非球面レンズ3枚)
画角 109° – 70°
寸法(大きさ) 約77.0mm(最大径)×73.0mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量(重さ) 約230g

ただ、値段相応の部分としてレンズのマウント部が樹脂でできているので、気になる人は気になるのかもしれませんが、今のところAF-Pレンズは全て樹脂マウントになります。

また、手振れ補正、マニュアル・AF切り替えスイッチはレンズボディになく、全てカメラボディ側からの操作になります。

DXフォーマットの超広角ズームレンズは他にもある

実はDXフォーマット向けの超広角レンズは既に2機種あり、

  • AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED
  • AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-ED

になります。

2機種ともに性能的には、今回発売される『AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR』よりも明るいレンズを使っていて、『AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED』はズーム倍率も2.4倍と大きく、『AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-ED』はf値が4通しと高性能です。

その結果、値段もかなり高く両機種ともに実売価格で10万円前後するハイプライスレンズになります。

ただ、ニコン純正超広角レンズを補完する形でタムロン、シグマ等のサードパーティー製レンズが同程度の光学性能で安く販売されており、結果的にニコン純正以外を選択した方も多かったかと予想できます。

でも、このレンズの登場でかなりの変化が予想できます。

ダブルズームレンズキットに追加するべし

D3400、D5600などのAF-Pダブルズームキットレンズにこの新しい超広角ズームレンズを1本追加するだけで、ほぼ通常撮影する全ての焦点域をカバーできます。

D3400ダブルズームレンズキットは実売70,000円前後なので、37,000円ほど追加するだけでハッピーカメラライフを送れそうな予感がプンプンしますね(笑)

使えるカメラ、使えないカメラ一覧

残念ながら使えないカメラ一覧です。

デジタル一眼レフカメラのD4シリーズ、D3シリーズ、D2シリーズ、D1シリーズ、D800シリーズ、D700、D610、D600、D300シリーズ、D200、D100、D90、D80、D70シリーズ、D60、D50、D40X、D40、D7000、D5100、D5000、D3200、D3100、D3000、およびフィルム一眼レフカメラでは使用できません。

使えるカメラ一覧です。

このレンズをD5500、D5300※、D3300※でお使いの場合は、カメラのファームウェアを最新版にバージョンアップしてください。

D5、D810シリーズ、Df、D750、D7200、D7100、D5200、FT1を装着したNikon 1シリーズに装着してお使いの場合、ピント合わせを行った後にカメラの半押しタイマーがオフになると、再び半押しタイマーがオンになったときにピント位置が変わります。撮影時に再度ピント合わせを行ってください。マニュアルフォーカスでピント合わせからシャッターをきるまでに時間がかかる場合は、カメラの半押しタイマーを長めに設定しておくことをおすすめします。

引用は全てニコンからになります。

ヤバイです。欲しい…

値段も安いし、1本あれば当分遊べそうです。

基本的にコシタツは遠くの被写体がメインなんですが、広角で奥行きのある写真も撮影したい時がままあるんです。

Amazonの値段が下がったら予約入れちゃうか!!!!!?

手に入れたので撮影旅行に出かけてきました!!!!

夏休みに、出たばかりの超広角ズームレンズ『Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR』レンズを携え...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. しまる より:

    こんばんは〜。
    実質3万円代で手ブレも付いているなんて、ニコンじゃなくてタ◯◯ンみたいですねーw
    サードと違って純正の安心感もありますし、結構「買い」なレンズではないでしょうか?
    ワタシも去年の末に広角が欲しくなって、トキナー11-20 f2.8 AT-X Proを購入しましたが、このレンズがその時に出ていれば、純正と言うアドバンテージもあるので、候補に上がっていたでしょうね〜。

    • コシタツ より:

      しまるさん、どうもです。
      おそらく見た目は安っぽいレンズだと思いますが、値段とAF-Pレンズを実際に使った感じからだと期待値は高いです。
      トキナーとは明るさが違うので、あまり競合しないような気がしますが、純正のアドバンテージはやっぱりありますね。
      どうせフルサイズに移行しないし、せっかくなので、AF-Pレンズを揃えていこうかな?って考え中です(笑)