カメラ初心者がD5500を見てさわって弄った結果。D5300より優れる3つの理由

結論から言います。NIKON D5500は絶対に買いです。D5300と値段で悩むなら時間の無駄です。

D5500

参照:Nikon D5500

見た目は変わらなかったんだけどな…

D5300ユーザーのカメラ初心者コシタツが、発売されたばかりのD5500を販売店に行って弄りまわしてきました。そこで気づいたお勧めポイントを紹介します。ベテランは笑ってスルーして下さい(^~^)

スポンサーリンク

はっきり言おう。D5500は別物だ

はい、嘘偽りない率直な感想です。

D5300が一時代前の古いカメラに感じてしまったくらいに、別のカメラでした。

D5300を時代に置き去りにした新しい部分、使えるUIなどをピックアップしたのでじっくりと読んでみて下さい。

軽いは正義。世界最小・最軽量は本物です

D5300に比べて、ぜんぜん薄くて、軽い!展示モデルには18㎜-55㎜のレンズが付いていたのですが、持ってみて驚きの軽さです。

D5300は本体重量480g、対するD5500は420gになり、たった60gの軽量化なんですが、体感的にはそれ以上に軽く感じます

感覚としては、ミラーレス一眼と同レベルです。写真で見るだけではわかりませんでした。世界最小・最軽量は伊達ではないです。

隣に置いてあったD810が鉄アレイに感じるくらいです(笑)

D5500 グリップ

なおかつ、薄くなったのにグリップ形状の進化によって、右手ホールド感がアップ。

僕の手の大きさは一般男性の平均的な手の大きさなので、ほとんどの人は持ちにくいと感じることはないはずです。正直握らなきゃ良かったと後悔するくらいでした。

もう既に、この時点でD5300の流れをくんだボディではありません。

2つのダイヤルがスッゲー使いやすい

D5300が野暮ったく感じるくらいの出来の良さです。

D5500 ダイヤル

モードセレクトダイヤルなんですが、D5300時代のシーンモードが省略されて、セレクターが少なくなっているのが高ポイントです。正直シーンモードなんて、そんなに使いません。これが無くなっただけでも、エントリーモデルくささが抜けてワンランク上の機種に感じます

コマンドダイヤルが超使いやすい!質感の高い軽合金削り出しのコマンドダイヤルです。D5300はボディに内蔵されていたのですが、D5500からはボディ上面にモードセレクトダイヤル同様に取り付けられています。

これがほんとに使いやすい。

親指のダイヤルへのアクセスが楽で、指の食いつきもよく、指を立てたまま自然にダイヤルを回せます。細かい点ですが、この変更は使い勝手向上に大きく貢献しています。

悔しいが、タッチパネルはやっぱり便利

D5500のイチオシポイントは前評判の高かったタッチパネルでしょう。これは鉄板ですね。

D5500 液晶タッチパネル

もう使いやすい事このうえないです。スマホで慣れているから、ズバズバと直感的に操作できます

一例をあげると、撮影時の設定変更が猛烈に簡単にできます。

D5300だと設定変更するには、いちいち背面右側にある「OKボタン」が中心にあるセレクターボタンをポチポチ押して選んだら、真ん中の『OK』ボタンを押してとかったるいんですが、D5500だと目的のタイトルを指先でタップして終わりです。

悔しいなぁ。こんなに便利だったとは。一度便利さを味わうと、とたんにD5300が不便に感じるから人間って嫌な生き物です。

タッチシャッター D5300

ライブビュー使用時でのタッチシャッターも使えます。

ピントを合わせたい所をタップして撮影できるんです。バリアングル使用時の無理な姿勢でも簡単にシャッターが切れます。

D5300だと、無理な姿勢の時は持ち手を変えて親指シャッターを使いますからね…

これは超便利です。すべてのカメラに欲しいくらい!!!

実際に販売店で試してきました。Nikonサイトから転載です。D5500 機能

本当に液晶画面をスライドすることでフォーカスポイントを移動できます。しかも直感的に高速移動が可能です。

撮影に慣れてくるとカメラ任せではなく、自分が狙ったポイントで撮影したくなります。

その時、D5300はセレクターボタンをポチポチ押さなければならないんですが、それが結構手間なんです。それも、一度シャッターボタンを軽く押して起動させてからじゃないと動かせないのでイラッと来る時があるんですね。

シャッターチャンスは待ってはくれません。

狙った構図を作りたいけど被写体が動き回るものだと、フォーカスポイントを固定して使わなければ、なかなか上手くいかないことが多いんです。ただ、そうするとなんだか似たような構図の写真を量産することになってしまうんですね。

しかし、この機能を使えば親指スライドを1回2回するだけで、フォーカスポイントが端から端まで高速移動です。アクティブな状態での前ピン後ピンや空間の作り方などが簡単に行えます。

さよなら親指ポチポチです。

始めるときは『こんなの使わないよー』なんて思ったりするんですが、もうスグに使い始めますからね。初心者の僕が言うんだから間違いないです。絶対使える機能です。

バッテリーがタフ。820コマ撮れます(追記)

D5300は600コマ撮れます が、設定をいじったり、バリアングルでライブビュー撮影したり、撮った写真をモニターでいちいち確認していると、あっという間にバッテリーが空っぽになり ます。

1つの構図で、絞りを変えて、露出を変えて、さらにブラケッティングで3枚連写なんてしていると、10枚くらいは簡単に撮影してしまいますよ。

初心者はカメラの操作に慣れる必要があるので、設定を変えてその変化を体感しなくては練習になりません。だからバッテリーは長持ちするにこしたことありません。

D5500は820コマ撮れます。驚異的です。

条件次第では3100枚以上撮影可能です!!!

D5300と同じバッテリーなんですが、そうとうな省電力設計になっているようですね。

ウィークポイントを1つ

高い撮影性能に便利機能満載のD5500なんですが、弱点が1つだけ。

防塵・防滴ボディではありません。

小雨や霧がかったロケーションや、ホコリのたつ中での撮影は結構ナーバスになると思います。

実際にD5300で土ボコリの舞う中でモトクロスレースの撮影をした時はかなり不安でした。

どの程度の土ボコリでボディに侵入してくるか正直分からないので、それが不安です。この時は大丈夫でしたが、もちろんボディとレンズは粉っぽくなりました。

初心者がD5300と値段で悩むならD5500を買った方が絶対満足

これはすでに別のカメラとしか言いようがないです。D5300を買ったことを後悔はしていませんが、複雑な心境で結構悔しかったりします。

正直申し上げますが、初心者こそ設定をグリグリと弄りまくる必要があります。

使わないとカメラの持つ機能と写真の写り方の変化が体感的に理解できないからです。だから、使いやすさって部分は絶対に割り切るところではない部分なんです。

カメラの基本的な性能はD5300と大差ないので、画質などはこの際比較してません。むしろ、これ以上の高画質化はなかなか難しいところまで来ているのではないのでしょうか?

これからは、ユーザビリティ向上の時代に入っていくと思います。

一応、メーカーとしてはファミリーニコンなんて謳ってエントリーユーザー向けに販売していますが、実際のD5500の持つポテンシャルはファミリー向けよりも相当高く、もっと上位の機種をターゲットに作られたんじゃないかなと僕は考えています。

もちろんD5500に飽き足りなくなった時は、D750やD810等のフルサイズ1眼レフに移行してもらいたいとのメーカーの思惑もあるのでしょう。

だからもう一度言います。D5500はまだまだ値段は高いですが、絶対に買いですよ!D5300を買っていなかったら、多分買っちゃってたんだろうな…。

【D5500】あまりにも欲しくて購入しました!!!

D5300よりも優れたユーザビリティと、液晶画面の使いやすさ、グリップ感などなどあまりにも欲しくて買ってしまいました!!!!

D5500とキットレンズで撮影した作例もあるので、参考にして下さい!!!

『Nikon D5500』をデジカメ初心者にオススメする6つの理由

D5500とキットズームレンズ55-300㎜で動物園を撮影してきた

D5500とキットズームレンズでモタスポ撮影!!!

一応貼っておきます。カメラ初心者がD5500と一緒に買うべき物リスト

2016年12月7日現在ですと『D5500 18-55㎜ VRⅡレンズキット』で64000円前後です。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5500 18-55 VRII レンズキット ブラック 2416万画素 3.2型液晶 タッチパネル D5500LK18-55BK

SDカードは別売りなんですよね…。買ってすぐに使えない。僕が使っているのはこれです。転送速度が速くストレスフリーで使えてます。おすすめです。

【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 TS32GSDHC10U1E (FFP)

購入したらすぐに貼りたいです。僕はもちろんそうしました。


Nikon D5500用液晶保護フィルム NHDFL5500

AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II 

レンズって飛び出しているので、思いのほかぶつけます。僕は買ったよ。レンズキャップの取り外しがちょっとおっくうになります。


Nikon バヨネットフード HB-69

これもあった方が良いと思います。気を付けていても、結構ほこりや汚れが付きます。


Nikon ニュートラルカラー NC 52mm

 AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR ダブルレンズキット

長い目で見ると、純正品が安心ですね。

Nikon 58mm ニュートラルカラーNC

Nikon バヨネットフード HB-57 HB-57

AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR 高倍率ズーム

Nikon ニュートラルカラーNC 67mm


Nikon バヨネットフード HB-32

そのほかにも、クリーニングキットやカメラバッグも必要だったりしますが、最低限これだけあれば安心して始められると思います。

関連記事
ニコン D3300とD5500を徹底比較。悩めるカメラ初心者必見です
カメラ初心者が、これから一眼レフカメラを始めようと考えた時に真っ先に思い浮かぶのが、お手頃価格のエントリーモデルです。 ニコンD330...
キャノン・ニコン・シグマの30㎜・35㎜・50㎜の『安くて明るい』単焦点レンズまとめ
初めて一眼レフカメラを買う人は、とりあえずキットレンズ付きのモデルを買うのがほとんどだと思います。メーカーもその事はよく承知しているので、キ...

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. koshitatu より:

    いいね!してくれた人たち!ありがとうございます。
    超うれしかったです\(^o^)/

  2. レーシングチーム鷹 より:

    はじめまして。レーシングチーム鷹の高木と申します。ブログ拝見させて頂き、西垣、町田を撮影して頂き有難うございます!
    勝手にツイートさせて頂きました。
    どうぞ今後ともよろしくお願いします!