ツインリンクもてぎの『MotoGP』は、ボッチで自由席でステイエリア宿泊が最高に面白い

年に1度のオートバイロードレースの祭典である『MotoGP』について、一人ぼっちレース観戦で気づいた事をまとめました。

『MotoGP』を初めて見に行く方や、一人ぼっちでステイエリアに泊まりたいけど、なんだかちょっと不安な方は1度記事を読んでみて下さい。思っているよりも、簡単で安全ですよ。

僕が一人ぼっち観戦をオススメする理由は『超自由』です。

誰にも気を遣わず、遣わせず、ひたすらに自分勝手に行動できます。食べる物も、観戦場所も好き勝手に選べ、つまらなければとっとと帰るのも全然問題無し(笑)

これって、最高じゃないですか?

2016 MotoGP ツインリンクもてぎ 出店で食事

スポンサーリンク

MotoGPをボッチで泊りで観戦する方法

最初に注意点を1つだけ申し上げます。

ツインリンクもてぎでの『MotoGP』には車かバイクでいきましょう。

もちろん、電車、バスを使っても行けますが、バスの運行本数が1日上り下り合わせても10本程度で運行もかなりタイトなので、どう考えてみても公共交通機関で来るようには考えてありません。

『MotoGP』は3日間開催

MotoGPは金曜、土曜、日曜日と3日間開催されます。

そして、1枚の前売り券で3日間も観戦できるんです。これは超お得です。金曜日からはさすがに仕事があって無理だという方でも、ぜひ土曜日からは観戦したいところです。

土曜、日曜と2日間見ればかなり満喫できるはずです。

駐車券は最初に買っておけ

2016 MotoGP ツインリンクもてぎ 駐車場案内

引用元:ツインリンクもてぎ

初めての方に注意して欲しいのは駐車券なんです。

自由席の入場券はレース前日の金曜日の夜にも買えますが、人気駐車券は売り切れます。

ツインリンクもてぎでのレースイベント開催時は、観戦チケットと駐車券が別売りになっていのがほとんどです。なので車、バイクで行く方は両方のチケットを持っていないと入場出来ません。

で、この観戦、駐車チケットは毎年6月の上旬に販売されますが、ウルトラ大人気の駐車券であるコースサイドに車を停めてキャンプ&観戦できる駐車券は販売開始数分で売り切れます。

これはスーパーGTなんかも同じで、プラチナチケットなんです。

なんとしても手に入れる人は、スマホにPCを複数台使ってチケット解禁直後にネット購入するようです。おかげで毎回サーバーダウンするか、回線がパンクしてしまうようです。

もちろん、コースサイド駐車券を購入する人達はファミリーやカップルだったり、仲間内だったりして決してボッチではありません。

ボッチおすすめは南駐車場

ボッチでレース観戦に行かれる方にオススメの駐車券は南ゲートから入る、南駐車券になります。

ここは、車中泊可能なステイエリアとしても使える駐車場で、僕もかれこれ10回以上は泊まっているお気に入りポイントです。

この駐車場を勧めるポイントはトイレが近い事があります。さらに、水洗で、飲料水を確保できる水場もそばにあるし、ジュースの自動販売機もあります。

ただし、この南駐車場も人気があるのでかなり早いうちに売り切れてしまうので注意が必要です。

駐車場はツインリンクもてぎ場内で南から東や北駐車場に移動することは出来ません。

南駐車場が売り切れると次に南に近い東駐車場が売り切れます。北駐車場はかなり広いんですが、中央エントランスから遠いため人気がなく売り切れることはありません。

事前に駐車券だけでも手に入れておかないと、駐車場が満車になった際に場内に入場できなくなる可能性が高いので、行っても行かなくても最初に駐車券は手に入れておきましょう。

金曜日の夜には入場

2016 MotoGP ツインリンクもてぎ N5駐車場

N5駐車場の写真です

車中泊、テント泊なら金曜日に夜には入場しましょう。

入場ゲートは終日開いていて、いつでも入れますし、ひっきりなしに車が入場してきます。

早く入れば、それだけトイレやバス停、入場ゲートに近い便利な場所にも止められますし、入場渋滞にも巻き込まれません。

終夜明かりが点いているので、暗くて不安になることは無いと思います。逆に、明るくて眠るのに困るくらいかもしれません。

それと、駐車場には交通誘導の警備員が常駐しているので、女性でも不安は無いと思います。

2016 MotoGP ツインリンクもてぎ N5駐車場

日曜日のN5駐車場

車中泊でもテント泊でも、この季節のツインリンクもてぎの夜はかなり冷え込むので、寝袋に毛布など、ちょっと大げさかなくらいの防寒具を持ち込む方が賢明です。

こちらに、ステイエリアを快適に過ごすための道具を紹介していますので、参考にして下さい。

ツインリンクもてぎの、ボッチでも楽しいステイエリアの過ごし方。トライアル世界選手権の場合

自由席券で自由に観戦

ツインリンクもてぎ コースガイド

引用元:ツインリンクもてぎ

他のサーキットは分かりませんが、ツインリンクもてぎは自由席のみでもかなりの場所からコースを見ることができます。

ちょっと遠くなりますが、ホームストレートも見れるのでスタートも観戦できます。

2016 MotoGP ツインリンクもてぎ

自由席側からホームストレートを望む

土曜日は指定席にも入れる

僕が自由席を勧めるのは理由があって、金曜、土曜日の予選日はV席を除く指定席に自由席券で入り観戦できるんです。

予選のタイムアタック中の選手は、1発のタイムを出すためにかなりリスクを取って攻めてきているので、迫力がありますし、それを指定席から観戦できるわけです。

自由席に椅子はない

2016 MotoGP ツインリンクもてぎ

階段上の椅子もどきがある場所もありますが、基本的に自由席には椅子がありません。

なにしろ自由なんです。だから、椅子を持ってきて座る人、シートを敷くひと、草の上に直接座る人などなど、周りに迷惑をかけない程度に自由にやっています。

個人的には椅子までいかなくても、銀マットを切った物やお尻に敷く物を持って行った方が、快適に観戦できると思います。

ステイエリアで泊りでも食事の心配は必要なし

2016 MotoGP ツインリンクもてぎ 出店で食事

いたる所にケータリングカーが出店して飲食物を販売しています。

自由席エリアの近くでも出店しているので、小腹が空いたときや、喉が渇いた時は我慢しないでサクッと買い食いできるんです。

しかも、夕方でもお店はやっているので、夕食用に焼きそばや牛串などのおつまみとビールを購入して車やテントに戻れば、面倒な夕食の支度もしないですみます。

もちろん、ケータリングは朝早くからオープンしているので、朝食がてらに食べるのも全然ありです。

だから、食べ物の用意なんてしないで大丈夫だし、必要なしです(笑)…まあ、ちょっとお高くはなりますけど…

モトステージでトップ選手に会おう

2016 MotoGP ツインリンクもてぎ

夕方から冷え込みます

中央エントランスに設置されてあるモトステージでは、往年の名ライダーの解説や予選終了後のMotoGPトップライダーが出演したりと見どころが盛り沢山です。

熱心なファンの方がたは、イベントの始まるずいぶん前から椅子を持ってきてステージ前面でくつろいでいます。

2016 MotoGP ツインリンクもてぎ モトステージでのマルケス選手

ツインリンクもてぎでタイトルを決めたマルケス選手も参加しています。隣は、急きょ代役の青山選手

夕方から行われるステージはかなり寒くなるので、服装には注意が必要です。かなり冷え込みます。

温泉のぞみの湯は大混雑必至

2016 MotoGP ツインリンクもてぎ のぞみの湯

ロッカー数で人数を管理しているので、中は比較的空いていますが、それでも洗い場渋滞は起きます(笑)

2015年から入浴できるようになった、ホテルツインリンク内にある『のぞみの湯』なんですが、これが激混み必至です。

料金は大人が650円。子供が350円(3歳~中学生)になるんですが、何しろ待ちます。TDLのアトラクションじゃないか?ってくらいに待たされます。

温泉に入るのに1時間半待ったのは初めてです。

2016 MotoGP ツインリンクもてぎ のぞみの湯

この場所で既に100人待ちくらいです。温泉から出た9時半ごろにはさらに増え、200人近い列が出来ていました

意外にも女性の方が早く、待ち時間は男性に比べて1/3程度でしょうか?

のぞみの湯は午前11時から入浴できるので、16時頃にさっさと入ってからモトステージを見るのも一つの手段

一応ツインリンクもてぎから10㎞くらい離れた場所にも温泉があるので、待つのが嫌な方は検討してもよいと思います。

ごぜんやま温泉『四季彩館』

お買い物は早めに買う事!!!

2016 MotoGP ツインリンクもてぎ オフィシャルTシャツ

引用元:ツインリンクもてぎ

お客さん達は信じられないくらいに、購入意欲盛りだくさんです。MotoGPオフィシャルグッズやレースでしか購入できないプレミアグッズを買いまくっています。

グッズは金曜日から販売しているので、人気グッズは日曜日を待たずして完売なんてこともざらにあります。

ぼくも、和柄ロングTシャツが欲しかったんですが、予選が終わってから買おうなんて悠長に考えていたら、お昼ごろには売り切れていました(泣)

気に入ったグッズはみんなが狙ってます。欲しいと思ったら先に買っておきましょう

帰りは素早くか?のんびり?

2016 MotoGP ツインリンクもてぎ 渋滞

ゲートは比較的早く出られます

楽しいMotoGPも終われば帰路につかねばなりません。

メインのMotoGPクラスが終わると自由席のお客さん達は一斉に駐車場に向かって歩き始めます。この流れに乗って帰れれば、それほど渋滞に巻き込まれずに帰れると思います。

この日のコシタツはレース終了直後に帰ったんですが、それでも北ゲートは渋滞しています。

宇都宮方面に向かう道路も所々渋滞してますが、それほど目立った渋滞では無かったと思います。

ただ、帰る時間を間違えると一番混雑が激しい当たる可能性があるので、混雑を避ける方法としては、なにしろ素早く帰るか、それが無理ならすべてのイベントが終了するまでツインリンクもてぎ内で遊んで時間をつぶしてから帰るのがよいと思います。

早く帰りたければ早く帰るのも良し、まだレースの余韻に浸っていたければコレクションホールやファンファンラボなどを見学して遊ぶのも良しと、誰に気兼ねすることなく自由に出来るのもボッチ観戦の醍醐味だったりします。
ツインリンクもてぎ観戦記事

ツインリンクもてぎの、ボッチでも楽しいステイエリアの過ごし方。トライアル世界選手権の場合

【初挑戦】超望遠ズームレンズで流し撮り練習のために『MotoGP』に行ってきた感想と課題

エントリー一眼レフカメラで流し撮り。モータースポーツ「オートバイ編」

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク