ピークデザインのカメラクリップに物欲全開ですが、偽物発見でにわかに心揺れ動く

時々貧乏金なしブログにコメントを下さる、ka210さんのSunday Morning Coffeeを覗いていたらこれが紹介されていました。

 Capture Camera Clip

Peak Design社が販売している、一眼レフカメラを胸、腰、肩などの好きなところにホールドできるアダプターのようです。

デザインもイケてるし、色使いもカッコイイですね。北米の工業製品のデザインって洗練されていますよね。コシタツはなぜだかモトクロス用のニ―ブレースをイメージしちゃいました。

スポンサーリンク

ピークデザイン キャプチャーカメラ クリップ

分割式のカメラホルダーになっていて、ズボンのベルトやザックのショルダーベルト、肩掛けカバンのストラップに挟み込んで固定して使います。

カメラ本体には3脚台座の取り付けネジを利用したアタッチメントを取り付け、その部分をベルトに固定した本体にスライド装着して使います。

文章で書くとイマイチわかりにくいんで、動画を貼っておきます。

英語なんでほとんど聞き取れないのですが、イメージ動画を見ているだけで伝えたいことは大体理解できると思います。

自転車移動には絶対便利

『カチッ』の効果音と共に簡単にホルダーに装着でき、アクティブに活動できそうな予感がします。自転車で移動する時なんかは絶対に便利だと思うんですよ。

ネックストラップでたすき掛けの状態で自転車に乗るとわかるんですが、カメラがブラブラと遊んでしまい、さらに漕いでる足に当たったり、ハンドルにぶつかったりしてまともに乗れないんですね。

ママチャリならいざ知らず、カゴの付いていないスポーツタイプの自転車だと結構不便なんです。一度MTBで試した事があって、『無~理~』になってました。

Capture Camera Clipは2種類

上級モデルのプロは、2枚のベースプレートがアルミダイキャスト製になっており、肉抜きの穴も沢山あいていて軽そうです。価格は10000円ちょっと。

廉価盤はベースプレート1枚が樹脂製になっておりその分お安く、価格は8000円前後での販売になります。

価格差は2000円ちょっとなので、普通だったら迷わずに上級モデルであるプロを選ぶところなんですが、そこは貧乏人であるコシタツ。廉価版の8000円でも高いんですね。もちろん買えない値段ではないですよ。でも安い方がいいじゃないですか

何か似たようなものがないかしら?とAmazonを物色していると見つけました。

これじゃない感満載の偽物?

ちょ…。だせぇ。

機能はマルっと頂いて、工場にある端材を寄せ集めて安く作ってみました。そんな感じでしょうか?

でもお値段は半額以下の3800円前後になります。

が、やはり作りとデザインは雑で、ベースプレートはタダの鉄板の様ですし、取り付けボルトが短いやら、カメラを脱着するボタンが戻らない等の不具合もあるようです。

DIY精神にあふれるカメラマンならサクッと直して使えるのかもしれません。

でもAmazonの評価は悪くなく、星が三つ半と光っています。

どっちにしようかな???

日本のデザイン界のエースがパクリ、パクリじゃないで揺れていましたが、これはもうまんま丸パクリですよね。

個人的にはオリジナルを尊重したいんですが、ちょっと高いんです。

でも、パチモン感満載の偽物は値段は安いんですがいろいろとアレなんで悩みます。

本家のプロを買っておけば、精神衛生上大変よろしいことになるんでしょうが…使用頻度やらを考えると悩みますよ。

でも、腰に取り付けて歩けば体が楽そうなんですよね…。

超偽物発見!買ってしまった記事です
ピークデザイン キャプチャーカメラクリップ(偽)が、驚愕のクオリティでした!!!
これは色違いの本物といってもいいくらいのクオリティの製品です。ここまであからさまにやられちゃうと、本家ピークデザインも黙っていないような気が...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ka210jp より:

    ども。
    お気遣いリンク、ありがとうございます。
    質感を伝えられないのが残念なんですが、pro じゃない方も作りはよいです。
    先日、少し大きめの腰巻きバッグ (http://www.ospreypacks.com/en/product/backpacks/talon_6)に付けて使ってみましたが、なかなかよかったです。確かに、自転車移動には必要かも知れませんね。

    • コシタツ より:

      こちらこそのコシタツです。
      ピークデザインの動画を見ましたが、価格分さすがにしっかり作ってますね。
      それと文面からですと、ヒップバッグでも使えそうな感じに受け取れました。
      グレゴリーのテールメイトを常用しているので、それに取り付けても問題なさそうですね。
      後は、本家かパチモンかを選ぶだけです…貧乏ブログ的にはパチモンの方が面白そうな予感がします。

  2. とおりすがり より:

    はじめまして。購入の参考にさせていただきました。結局、本家を買いましたが・・・
    これじゃない感満載の偽物は、初代のパクリですね。このタイプのプレートが欲しいのですが。

    • コシタツ より:

      とおりすがりさん、コメントありがとうございます。
      参考になったようで嬉しく思います。

      薄っぺらいプレートタイプが初代だったんですね…