ピークデザイン キャプチャーカメラクリップ(偽)が、驚愕のクオリティでした!!!

これは色違いの本物といってもいいくらいのクオリティの製品です。ここまであからさまにやられちゃうと、本家ピークデザインも黙っていないような気がしますが、カメラ業界って意外とザルな業界なんでしょうか?初心者なんでよく分かりません。

Andoer-JPでピークデザインの驚異の激安完コピ偽物品を発見。すかさずポチってみた
Amazonの商品画面をぼんやり眺めていたコシタツは我が目を疑った。 ななな…なんだこれは、どっかで見たことのあるデザイン…。欲しかっ...
スポンサーリンク

キャプチャーカメラクリップ(偽)の詳細写真

中国からの発送だったので、届くまでには10日ほどかかりました。Amazonの評価欄には2週間・3週間がざらだったので、早く届いた方かもしれません。

中国からの配達

中国郵便での配達でした。中国怪しいなんて疑っていたのですが、ちゃんと届いたのでゴメンナサイ。次回も早く届けて下さいね。

キャプチャーカメラクリップ 偽物

レッツ・オープン、じゃーん。中身も簡単で、余計な梱包はゼロ。ゴミが少なくてエコロジーです。

キャプチャーカメラクリップ 偽物

内容物は、キャプチャーカメラクリップ(偽)と六角レンチ、GoProマウント。GoProマウントは正直要らないです。

詳しく見ていきます

キャプチャーカメラクリップ 偽物

予想以上のクオリティの高さに驚かされました。材質はアルミで、青いプレートが嵌る部分は切削加工してあります。重さはバネ計りで計測して約125gです。

キャプチャーカメラクリップ 偽物

ピークデザインのロゴをもじったアイコン。一応、製造業の端っこで生きているコシタツが見ても悪くはないです。粗を探せば、フライス痕が多少汚いとか、ooマークに切削バリが残っているなどありますが、メードインジャパンクオリティで見てもエンドユーザーからのクレーム対象にはならないレベルだと思います。

キャプチャーカメラクリップ 偽物

本家ピークデザイン製はベースプレート締め付けネジの頭が平目ローレットになってますが、こちらは綾目ローレットです。ネジの頭につけてあるデザイン用の切削痕も破たんが無くキレイです。

本体の表面処理も問題なくキレイです。

キャプチャーカメラクリップ 偽物

可動部分も構造を理解すれば簡単に開閉でき問題ないです。そういえば、説明書のような紙切れは一切入っていませんでした。

キャプチャーカメラクリップ 偽物

細かいギミック以外は分解してみました。偽物であるという先入観が無ければ、普通に満足できる作りになっています。ピンスライド部分にスプリングが仕込まれているのには驚かされました。パクリ品って、そういうところの手を抜きがちなんですが、キッチリしています。

DSC_0875

カメラに取り付けるベースです。これもアルミ製で、かなり精密に作られてます。青のゴムプレートもキッチリと型にハマっています。一昔前のパクリ中国製品では考えられません…

キャプチャーカメラクリップ 偽物

裏側です。カメラ穴に取り付けるボルトは手が込んでいて、六角レンチでも手締めでもいけるようになっています。脱落防止のためには六角レンチで締めた方が安全ですね。

むうぅ…、この嵌合部分はよく出来ており、ノギスで測ったところ対辺幅で100分の4ほどの狂いしかありませんでした。

この部分だけでも安くないだろう、絶対。ボルトは手が込んでるし…。

出来過ぎた偽物

正直、出来過ぎた偽物という印象ですね。

本当にここ数年で中国製品の品質が上がってきているのをひしひしと感じています。たぶん、もの作りにこだわりはじめた人たちが増えて来ているんでしょう。あとは、工作機械の精度が上がってきているのと、作業自体が洗練されてきているのかもしれません。ダメな製品はダメなんですが、こと金属加工品に関してはレベルが上がっている印象です。

なにしろ、本当に驚きの作りと値段でした。これで2520円ですからね。本家の1/4にの値段です。日本国内で作れと言われたら『ムーリー』な値段ですよん。

驚きと嬉しさのあまりもう一個注文しようとしたら、なんとAmazonプライムで取り扱ってるじゃないですか。…なんだよ、中国から首を長くして届くのを待っていたのに、明日には届くんだぜ。いったい何時からだよ!!!!!

実際に使ったインプレは後程アップする予定です。10月の3連休でいろいろと試したいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ka210jp より:

    ども。
    製造元の横流しを加工したものかと思いきや、金型自体が異なるようで、精巧な模造のようですね。明らかに違うロゴとプラスチック部品が青い以外、カメラ本体に取り付けるベースの形状が違うのと、手締めの金具は本物にはありません(何故?)。
    正規品を買った立場としては、その完成度(加え、手締めの金具付きという点)にはちょっと微妙な心境です(笑

    • コシタツ より:

      想定外の出来にビックリのコシタツです。
      本物画像とじっくり見比べると、金型が微妙に違うようですね。ただ、ほぼ完コピの商品だと思います。中国コピー品=粗悪品のイメージが覆されました。丁寧に作られてます。しかもバージョンアップまでしているようですし…
      このクオリティで正規品の1/4の価格設定は驚異です。開発費を回収する必要が無いからできる値段なんでしょうかね?
      とりあえず、一脚用にもう一つ買う予定です。