【PS4・PS4Pro】ゲーム専用にしたいモニターディスプレイ 【24型】 【27型】

プレステ4やるのに自分専用のゲーム専用のモニターが欲しい!!!!リビングにあるテレビでリモコン取り合いながらゲームするのはもう嫌だ!!!!!

でも、液晶モニターって何を選べば良いのか分からないし、高いんでしょ???

そんな悩めるこひつじちゃん達に、PS4で快適に遊ぶための液晶モニターを紹介します。

最後まで読めば、自分の使い方にピッタリのPS4・PS4Pro専用モニターがきっと見つかるはず!!!!

PS4・PS4Pro ゲーム専用モニター

スポンサーリンク

PS4・PS4Pro用モニター基礎知識

コンシューマー機であるPS4・PS4ProはゲーミングPCとは違いハード面においてかなりの制約を受けています。

なので、ゲーミングPC向けのゲーミングモニターを選んでしまうとオーバースペック気味になるので、この辺りをこれから説明します。

PS4・PS4Proのフレームレートは30fps/60fps固定

ちまたにはゲーミングモニターなる耽美で甘い香りのする液晶モニターも発売されていますが、PS4・PS4Proではほとんどメリットが生かせません。

その理由をこれから少しばかり説明します。

まず初めに知っておきたいリフレッシュレートとフレームレートのお話から!!!

リフレッシュレートはモニター側

ゲーム用モニターを選ぶ上で絶対に無視できないのがリフレッシュレートです。

リフレッシュレートとは液晶モニターが1秒間に画面を描画出来る回数の事で【Hz】で表し、通常のモニターだと毎秒60回描画しており、この場合リフレッシュレート60Hzとなります。

ゲーミングモニターはこのリフレッシュレートが144Hz、240Hzと非常に高く、超高速で画面描画できます。

通常リフレッシュレートが速いほどゲーム向きで高性能なんですが、高リフレッシュレート実現するためにはハード側であるゲーム機(PC)にもかなりの高性能を求められます。

フレームレートはハード側

ご存じの方も多いと思いますが、フレームレートとはPS4などのゲーム機ハード側が画像として出力できる回数で、ハードの性能やゲームグラフィックの仕様によって常に変化します。

※フレームレートは【fps】で表し、基本的にグラフィックの処理が重いと下がり、軽いと上がります。

しかしながら、PS4・PS4Proのゲームタイトルの多くはこのフレームレートを30fpsか60fpsで固定しており、可変フレームレートであっても60fpsを超えたフレームレートは出ないように制限されています。

理由はハード側の性能やティアリング対策などいろいろありますが、なにしろ60fps以上は出ないのでわざわざリフレッシュレートの高いゲーミングモニターを選ぶ必要はありません。

ただ、いずれゲーミングPCを組んで240Hzでゲームするんだぜ!!!って方は、最初からゲーミングモニターを選んでおいた方が無駄がないですね。

もう少し詳しく知りたい方は、

ティアリング・スタッタリングの原因と、V-SYNCモニター同期技術を5分で簡単理解

を読んでみて下さい。

応答速度は速い方がよい

応答速度とは液晶のドットがある色からある色へ(例えば赤から青)と変化する速度を表し、モニター仕様書などには5ms、1ms(GTG)等と書かれています。

5msとは0.005秒の事で、1msだと0.001秒になります。

応答速度が速いメリットはずばり…残像感が少なく、画面がハッキリする。

ここで気にして欲しいのは(GTG)と書かれた方で、これは【Gray To Gray】と呼ばれ、ある中間色からある中間色までの変化速度を表していて、よりゲームプレイ中に近い動きでの応答速度になります。

応答速度は【Gray To Gray】での速度を参考にすること

何も書かれていない場合は【黒→白】またはその逆への変化での応答速度になるんですが、現実的にあまりそんなシーンは多くない(シージでフラッシュバンを使うと画面が白くなるけど…)ので、やはり(GTG)が速いモニターを選びたいです。

スピーカーは無くても問題無し?

これは僕の意見なんですが、ゲームする時って没入感が欲しいので必ずヘッドホンを使ってゲームします。

これはPCゲームであっても、PS4であっても同じです。

ましてやFPSゲームをやるならヘッドセットはマストアイテムなので、モニターにスピーカーが付いてなくても全然問題ないと思います。

むしろ、ショボいスピーカーはコスト高の原因になるので要りません(笑)

【24型】PS4・PS4Pro ゲーム対応モニター

PS4で使うモニターのおすすめはフルHDモニターの24型になります。

これにもちゃんと理由があって、24型のサイズがモニター前1m前後でゲームをした時に、フルHD解像度(1920×1080)とグラフィックのバランスが細かすぎず粗すぎず丁度良い感じだからです。27型以上になるとかなり粗く感じますよ。

PS4はモニター解像度の制約があり最高でも解像度1920×1080フルHD画質までしかグラフィック出力をしません。

もちろんPS4Proでも使えるので、4Kで30fps遊ぶよりも60fpsの高フレームレートで遊びたいって方にもおすすめです。

BenQ  GL2460HM

BenQ モニター ディスプレイ GL2460HM

ド定番のBenQモニターになります。これはコシタツの長男がお小遣いを貯めて自分で購入したモニターなので印象に残っています。僕も使った事がありますがスピーカーのショボさ以外は値段なりに満足できる仕様です。

応答速度もGTG 2msと速く、フリッカーフリーと低価格なりにもゲーム向けの仕様になっています。

パネルタイプ TN
リフレッシュレート
応答速度 5ms (GTG 2ms)
スピーカー あり 1w x 2
GPUシンクロ 非対応
入力端子 D-sub, DVI, HDMI

ASUS  VX248H

ASUS ゲーミングモニター24型 フルHDディスプレイ VX248H

応答速度1ms(GTG)を実現した低価格ゲーミングモニターです。

HDMI端子が2系統あるので、ゲーム用とPC用など使い分けが可能です。

画面を美しくする映像エンジンSplendidを搭載しており、ゲーミング設定もあります。

パネルタイプ TN
リフレッシュレート
応答速度 1ms(GTG)
スピーカー あり 2w x 2
GPUシンクロ 非対応
入力端子 HDMI×2/D-Sub

LG 24MP59G-P

LG ゲーミング モニター ディスプレイ 24MP59G-P

微妙に24インチよりも小さいんですが、見た目では誤差の範囲です。

特筆すべきはこの価格帯でIPS液晶パネルを使っているので、上下178°、左右178°の広範囲な視野角で自然で鮮やかな色合い実現しています。

その他にもゲーム向けの機能が満載!!!

  • 【1ms Motion Blur Reduction】モーションブラーリダクションを搭載しているので、高速移動の多いFPSなどでの残像感を軽減しプレイに集中出来る
  • 【ブラックスタビライザー】で黒つぶれ気味の画面を明るくすることで、視認性をアップ
  • 【DASモード】でモニターのフレームバッファをオミットすることで、リアルタイムな画面表示を可能

PS4では使えませんが、【FreeSync】AMDの垂直同期テクノロジーを搭載しているので、PCにシフトしてAMDの対応グラボでプレイすれば、テアリング・スタッタリングを効果的に軽減します。

パネルタイプ IPS
リフレッシュレート
応答速度 5ms(GTG)
スピーカー なし
GPUシンクロ FreeSync
入力端子 D-Sub×1、HDMI(Ver1.4)×1、

DisplayPort×1

ACER KG241Qbmiix

Acer ゲーミングモニター KG241Qbmiix 23.6インチ

ACERのモニターも微妙に24インチよりも小さいんですが、並べて比較してもほとんど気づかないくらいの違いです。たぶん…

それよりもこのモニターもPS4ゲーム向けの機能が搭載されているので紹介します。

  • 応答速度1ms(GTG)と最速なので残像感が少ない映像を実現
  • ゲームジャンルに応じてアクション・レーシング・スポーツの3種類の『GAMEモード』を搭載
  • 【ブラック・ブースト】機能で暗闇での視認性アップ。強度は好みの明るさで10段階から選べる
  • 【FreeSync】対応ですが、PS4では使えません
パネルタイプ TN
リフレッシュレート
応答速度 1ms(GTG)
スピーカー あり 2×2w
GPUシンクロ FreeSync
入力端子 ミニD-Sub 15ピン/HDMI v1.4

【27型】PS4・PS4Pro ゲーム対応モニター

個人的な意見で恐縮なんですが、4Kテレビ、モニターが普及した昨今では、フルHDサイズで27型以上になると解像度に対する1ドットがかなり大きく感じます。

デスクトップで至近距離からのゲームだと人によっては解像度が粗く感じる事があると思いますが、画面の大きさから視認性の良さ、迫力は捨てがたいものだと思います。

Acer  KG271bmiix

Acer ゲーミングモニター KG271bmiix

24型である『ACER KG241Qbmiix』をそのままサイズアップして27型にしたモデルです。

価格の割にはかなり高機能なモデルでお得感があります。

  • 応答速度1ms(GTG)と最速なので残像感が少ない映像を実現
  • ゲームジャンルに応じてアクション・レーシング・スポーツの3種類の『GAMEモード』を搭載
  • 【ブラック・ブースト】機能で暗闇での視認性アップ。強度は好みの明るさで10段階から選べる
  • 【照準表示機能】FPSゲームに使える画面中央にモニターハード側で照準を表示できる機能です
  • 【フリッカーレス】視認できない速度で明滅しているバックライトを制御し、眼精疲労を軽減
  • 【ブルーライトシールド】眼精疲労の原因である『ブルーライト』を軽減する機能を搭載
  • 【FreeSync】対応ですが、PS4では使えません
パネルタイプ TN
リフレッシュレート
応答速度 1ms(GTG)
スピーカー あり 2×2w
GPUシンクロ FreeSync
入力端子 ミニD-Sub 15ピン/HDMI v1.4

iyama GE2788HS-B2

iiyama 27型ゲーミングディスプレイモニターGE2788HS-B2

モニターディスプレイの老舗が作るゲーム向けモニターです。

リフレッシュレート以外のゲーム向けの機能はしっかり押さえてあるので、海外メーカーはちょっと…って方にもオススメです。

  • 【応答速度1ms】で残像感の少ない映像
  • 【10段階の黒レベル調節機能】で薄暗いシーンでの視認性アップ
  • ゲームの種類に合わせて選べるゲームモードを搭載。ユーザーモードの設定も可能
  • 【フリッカーフリー】ちらつきを低減させるLED技術搭載で長時間のプレイでの眼精疲労低減
  • 【FreeSync】対応ですが、PS4では使えません
パネルタイプ TN
リフレッシュレート
応答速度 1ms(GTG)
スピーカー あり 2.5w×2
GPUシンクロ FreeSync
入力端子 ミニD-Sub 15ピン/HDMI/ DVI-D

LG 27MP59G-P

LG ゲーミング モニター ディスプレイ 27MP59G-P

24型モニターで紹介した『LG 24MP59G-P』のインチアップバージョンになるので、基本的な性能は一緒です。

IPS液晶パネルを使っているので、同価格帯のTNパネルよりも色鮮やかな発色を実現してますが、応答速度が少し遅いのが特徴です。

ゲーミングモニターとしての特徴は…

  • 【1ms Motion Blur Reduction】モーションブラーリダクションを搭載しているので、高速移動の多いFPSなどでの残像感を軽減しプレイに集中出来る
  • 【ブラックスタビライザー】で黒つぶれ気味の画面を明るくすることで、視認性をアップ
  • 【DASモード】でモニターのフレームバッファをオミットすることで、リアルタイムな画面表示を可能
  • AMD FreeSync対応なので、PCに移行した際に使えるかも?
パネルタイプ IPS
リフレッシュレート
応答速度 5ms(GTG)
スピーカー なし
GPUシンクロ FreeSync
入力端子 D-Sub(アナログ) / HDMI / DisplayPort
PS4モニター関連記事
子供が遊んでいるプレステ4なんですが、コシタツが遊んでいるPCゲームと比較してみても遜色ないくらいに高性能に感じます。 ただ、ゲームに...