グラフィックボード縦置きライザーアダプターでM.2 SSDの温度対策をする

グラフィックボードを『GTX1060』から『GTX1080Ti』に換装したら、再びゲームデータ用の『M.2 SSD』の温度が上がってしまい困ってしまったコシタツです。

GTX1060ではアルミヒートシンク装着で『‐7℃』を達成していたのですが、ヒートシンクだけでは無理っぽい感じ。

Crucial M.2 SSDが熱すぎなので、アルミヒートシンクで『‐7℃』達成!!!!
勇み足で導入した『Crucial M.2 SSD 1000GB』なんですが、思わぬところでトラブル発生です。 それは... 真夏のエアコンを入れた部屋で室温27度程度なんですが、温度上昇が酷いんです。想定外に酷い。 『Cruc...

まあ単純に消費電力がGTX1060と比較して倍になっているので、ゲームプレイでの高負荷時の発熱量も倍になっているはずなので、結果的にGTX1080Tiの排熱によってGTX1060以上にM.2 SSDが熱せられていると考えられます。

そこで、熱源であるグラフィックボードをM.2 SSDから距離を取ればちょっとは冷えるだろうとの考えから、グラッフィクボード縦置きアダプターを使ってみることにしました。

結果的には大成功とまではいかなくても、成功した感じに結果になったと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グラッフィクボード縦置きアダプター

最近ではデフォルトでグラフィックボードを縦に設置できるケースが増えていますが、廉価ケースだったりちょっと古めのケースだと縦に設置できません。

そこで必要なのが、PCIeライザーケーブルとグラフィックボードを縦に固定するマウントアダプターです。

そこで購入したのがこれ。

RAIJINTEK PAXX-Sによく似たライザーアダプター

Raijintek PAXX-Sとそっくりなグラッフィクボード縦置きアダプター

Amazonに出品している『Kaislin』なるメーカー製ですが、『RAIJINTEK PAXX-S』によく似た(OEMかなにか?)っていうかそっくりで値段が半額くらいの縦置きアダプターです。

正直どっちが先かは分かりませんが、使えるのなら安い方が嬉しいのでこちらにしました。

PCIeライザーケーブルは安くても2,000円前後はするので、ライザーケーブルとアダプターが付いてこの値段は悪くないと思います。

Raijintek PAXX-Sとそっくりなグラッフィクボード縦置きアダプター

作りはシンプルで、購入時点ですでにライザーケーブルはアダプターに固定されています。

作りは頑丈で自立しそう…

Raijintek PAXX-Sとそっくりなグラッフィクボード縦置きアダプター

試しにGTX1080Tiを装着してみました。

思いのほか安定していて自立するので、PCケース内のフラット面にそのまま置いて使えそうな気配もあります(笑)。

実際の取付は、左側の出っ張った部分をPCケースのPCIeカードマウント部分に固定して使います。

早速取付したいのですがその前に、M.2 SSDが高温になる原因を考えます。

M.2 SSD高温になる原因

M.2 SSDはデータの書き込みと読み出しをするとそれなりに発熱するんですが、それよりも設置場所が問題なんです。

M.2 SSD設置場所

写真を見れば簡単に理解できるんですが、ゲームデータ用のM.2 SSDはCPUクーラーとグラフィックボードの中間のクソ狭い場所に設置してあるんです。

見るからに空気の流れは悪い感じがしますし、ゲームなどの高負荷時にはCPUは80℃程度になり上下からの高熱にさらされます。

グラボデフォルト設置 SSD温度

これはオンラインマルチプレイを最高画質設定で遊んだ時のデータですが、M.2 SSD(CT1000MX500SSD4)の温度が最高66℃になってます。ちなみに冬のデータなので室温は22℃くらいです(夏になったらやばそう)。

グラボの温度は70℃前後ですが、これはいたって通常の温度範囲になります。

原因はやはりCPUとGPUのサンドイッチ攻撃と思われるので、アダプターを取り付けたいと思います。

グラッフィクボード縦置きアダプター取付

簡単に取り付け出来そうに見えましたが、意外に面倒だったのを最初に報告しておきます。ちなみに使っているケースは『Thermaltake Versa H26』です。

取り付けに失敗しながらいろいろと分かったので、手順としてはこんな感じが良いと思います。

  1. コンセントを抜く(絶対やりましょう)。
  2. 旧グラッフィクボードを外す。
  3. グラボをアダプターに取り付けた状態で設置場所を探す。
  4. ライザーケーブルの取り回しがきついのでグラボをアダプターに固定した状態で、先にPCIeスロットにライザーケーブルを差し込む。
  5. ライザーケーブルを折らないように取りまわして、アダプターをケースに固定。
  6. 電源ケーブル取付。
  7. ディスプレイケーブル取付。

手順的に、いきなり取り付けるのは絶対にNGなので、グラフィックボードを取り付けた状態で設置場所をイメージします。

ライザーケーブルが窮屈

ライザーケーブルが取り回しが厳しい

最初にアダプターだけを取り付けて分かったのが、ライザーケーブルの取り回しがかなり厳しい事。

ケースがもっと下に長ければここまで弛まないと思います。

ライザーケーブルが取り回しが厳しい

真横から見るとライザーケーブルがS字に捻じれており、これが結構硬くて折れそうで怖いです。

実際は折れたりしないのですが、固定にはちょっと力が必要です。

この状態からグラフィックボードを設置してネジで固定するのはスペース的に厳しいので、先にグラボをアダプターに固定してから取り付ける事にしました。

電源カバーの無いケースは設置に問題が生じる可能性があります。

Raijintek PAXX-Sとそっくりなグラッフィクボード縦置きアダプター付属品

付属品にアダプターの下に取り付けるスポンジとコの字型のステーがありますが、今回はベタ置きするのでスポンジを装着。

Raijintek PAXX-Sとそっくりなグラッフィクボード縦置きアダプター付属品

両面テープが付いているのでペタリです。

最初にライザーケーブルをPCIeスロットに取り付ける

ライザーケーブル取付の前にグラッフィクボードを固定する

アダプターに付属のネジでしっかり固定します。

安定感があるので作業はしやすいです。

ライザーケーブル取付

グラッフィクボードをアダプターにネジで固定したら、アダプターをケースに固定する前にライザーケーブルをPCIeスロットに取り付けます。

この順番が一番シンプルで作業しやすいと思います。

Raijintek PAXX-Sとそっくりなグラッフィクボード縦置きアダプターを取り付ける

アダプターの固定は拡張ボード固定用のネジを使うんですが、グラッフィクボードがちょっと斜めです。

これは想像していたよりもグラッフィクボードとマザーボードとの間に隙間が無く、たわんだライザーケーブルにグラッフィクボードが干渉しているので、結果的に斜めに押し出される格好になっているせいです。

ステーを曲げて無理やり真っすぐにしても良いのですが、ライザーケーブルの干渉の影響がどの程度あるのか分からないので、自然なままに取り付けることにしました。

拡張ボード取付ネジを利用してアダプターを固定して、電源ケーブルを繋ぎます。

モニターケーブルは拡張ボード穴から通す

Raijintek PAXX-Sとそっくりなグラッフィクボード縦置きアダプターを取り付ける

ちょっと残念ポイントなんですが、モニターケーブルは拡張ボード取付穴から通してグラッフィクボードに固定します(笑)

頻繁に抜き差しするならちょっと不便かもしれません。

いずれこの部分はPCケースを加工して使いやすいようにモディファイする予定です(MODだ!!!(笑))

グラフィックボード縦置きの効果はあったのか?

Raijintek PAXX-Sとそっくりなグラッフィクボード縦置きアダプター

全ての配線が済んだら電源オン。

無事に起動したので、ゲームをして負荷をかけてみます。ゲームはUBIソフトの『DIVISION』をマルチプレイで1時間ほど遊んだ結果です。

M.2 SSDの温度が5℃下がった

グラボ縦置き SSD温度

結果的には最高温度で5℃の低下を確認できました。

それでも60℃以上あるので決して低い数字じゃないんですが、グラフィックボード縦置きの効果はあったと言えます。

後はフロントパネル側にファンをもう一台追加して2台として、風の流れを強化すればもう少し低くなると思います。

ただ、なぜだかグラッフィクボードの最高温度が上がったんですが、これは許容範囲なので無視します。

ライザーケーブルによるフレームレート低下の懸念は?

FF15 ベンチソフト結果

ファイナルファンタジーXVのベンチマークの結果なんですが、ライザーケーブルによるフレームレートの低下はほとんど無いと言える結果になりました。

FF15 ベンチソフト結果

中古で購入した玄人志向のGTX1080Tiですが、意外と高性能なようです(笑)

まとめ

結果的にM.2 SSDの温度を下げるという当初の目的を達成できると共に、グラフィックボード縦置きで眺めてもカッコいいPCになったと思います。

注意点としては、PCケースの大きさが大きすぎたり、小さすぎたり、電源カバーの有無で取付そのものが不可能なPCケースがあるはずなので、導入にはその辺りがクリアできているかの確認が必要です。

今回使ったケースは低価格で評判もよいミドルタワーケース『Thermaltake Versa H26』になります。

この他に、たわんでグラボと干渉しているライザーケーブルの耐久性の問題もあるので、この辺りは長期インプレッションしてみたいと思います。

あと、縦置きアダプターの取付けとモニターケーブルの取り出しがちょっと不満ですが、PC作業、ゲームプレイには全く影響がないので当面はこのまま使う予定です。

コメント