パナソニック鼻毛カッター684円で、伸びまくる鼻毛を一網打尽にする

こんにちは~。

キョロ。

こんにちは~。

キョロキョロ。

だれも気付かないようね。

『スー、ハー。お外の空気は気持ちがいいなぁ~。』

鼻毛が飛び出るイケメン

スポンサーリンク

鼻毛カッターで鼻毛退治するのに、684円なり

いつの間にか、知らぬ間に、無防備な鼻の穴から飛び出して娑婆の空気を勝手気ままに吸いまくっている鼻毛ちゃん。

別に、自宅待機してる時ならいくら飛び出してようが、鼻毛まみれだろうがまったく問題無いのだが、満員電車の中や、職場、接客中などに『こんにちは』していると、どんなにイケメンでも、どんなに良い仕事をしても、素敵なトークで営業していようとも鼻の穴から飛び出した鼻毛ちゃんのせいで、全て台無しになります。

出るなら、刈ってくれよう鼻毛ちゃん 織田信長 コシタツ

パナソニック エチケットカッター

って事で購入したのがこれ。

パナソニック エチケットカッター 黒 ER-GN10-Kです。

お値段なんと、684円でした(笑)

もっと早く調べておくべきでした。もう手遅れです。

今までは、先が丸くなった安全鼻毛ハサミで慎重に鼻毛を切っていたのですが、どうしても手間がかかるし、髭と同じ速度で伸びまくる鼻毛には対応できていなかったんです。

しかも、切り残した、確認しきれなかった鼻毛ちゃんが1本だけニョロニョロと伸びたりして『こんにちは~』していました。

その結果、飛び出した鼻毛のせいで彼女に振られました。彼女どころか、お金を払えば時間内はモテモテになる場所でも鼻毛のせいでモテモテになれませんでした。

全ては鼻毛が悪いんです。

なので、電動鼻毛カッターで鼻毛ちゃんを一毛打尽にしてやりますよ。

安いのに電池で動く

パナソニック エチケットカッター

箱の中身はこれだけです。

値段は684円ですが、驚くことに『Made in Japan』の刻印がしてあります。

国内のパナソニック下請け中小工場の工員が、ブラックな環境で低賃金でこき使われながら作っているのかと想像したら涙が出て鼻毛が切れません(嘘)。

いくらで作れば儲けが出るんでしょう?僕も底辺町工場労働者なので気になります。

パナソニック エチケットカッター

安いのに単三電池1本で動く電気式です。

プラスチッキーな外観は値段相応ですが、さすが世界のパナソニック。電池カバーの裏側には鼻毛掃除ブラシまで標準装備している、至れり尽くせり仕様です。

保証期間はこれまたビックリの1年間保証ですが、電池は別売りです。

安いのに分解掃除できる清潔仕様

パナソニック エチケットカッター

さらに、鼻毛カッター部分は分解でき水洗いできる清潔仕様。

鼻の中は鼻毛ちゃんが外へ外へと逃げ出したくなるくらいに雑菌がいっぱいいるはずです。

なので分解掃除は安心・安全の証。

安いのにデュアルエッジ刃仕様

パナソニック エチケットカッター

とりあえずデュアルエッジ刃仕様なので、鼻の穴に突っ込めば鼻毛がじゃんじゃん切れる仕様です。

パナソニック エチケットカッター

これが鼻穴に差し込む部分。

スリットに鼻毛が入ると、先程のデュアルエッジ刃仕様で鼻毛ちゃんが断末魔の悲鳴を上げながら刈り取られます。

パナソニック エチケットカッター

これが鼻毛カッターの心臓部、デュアルエッジ刃です。

横から入る鼻毛はサイドカッターで刈り取り、上から来る鼻毛は折れ曲がったカッターで刈り取ります。

684円なのにパナソニックが持つ最先端テクノロジーがこれでもかも詰め込まれてます。

鼻穴に入れるのが、意外と怖いが…

電池を装着したら試してみます。

スイッチを入れると『シュイ――――』っと、中のデュアルエッジ刃が回転する音が聞こえます。

鼻穴に差し込んでいくんですが、ちょっと怖い。

この怖いってのは、上手く切れないで鼻毛がカッターにひっ絡まって鼻毛がぶちぶちって抜けちゃいそうな気がするんです。

バリカンで頭髪をカットした時に、引っかかってぶちぶち抜ける痛さを想像してしまいます。

恐る恐る、鼻穴に入れると…

チリチリチリって感じで、あっさりと鼻毛がカットできました。

まだちょっと怖いので、鏡を見ながらゆっくりと動かして鼻毛をカットしたんですが、特に問題はなさそうな感じです。

さすが国産、パナソニック製です(笑)

鼻毛豆知識。鼻毛を切りすぎると雑菌やウィルスを鼻毛ガードで守ることが出来ず直接副鼻腔や喉、肺に入ってしまい風邪をひきやすくなったり、鼻の炎症を起こしやすくなるので、鼻毛カットはあまり奥までやらずに鼻穴周りほどほどが丁度良いです。

鼻の内側の毛が切れる

使って便利だったのが、鼻穴の内側のくぼんだ所に密集して生える鼻毛を効率的にカットできる事です。

この部分って、鼻毛切バサミでやると結構面倒な場所で、適当にやっちゃうと肉まで切って痛い思いをしたりする部分だったりもします。

その部分を鏡を見ながら適当に突っついたり、回したりするだけでチリチリって軽くカットできます。

これは鼻毛カッターなので、カミソリや電気シェーバーのように鼻穴を剃り上げることはできません。あんまり肌に押し付けると肉をカットする可能性があるので注意が必要です。

それと、電池が切れて回転が遅くなると引っかかる可能性がありますね。

鼻毛や耳毛のカットの他に、眉毛や髭のお手入れにも使えるので、とりあえず1本持っておけば身だしなみバッチリです。

とりあえず鼻毛ちゃん達は、スッキリと一本残らず始末してやりました(笑)

色は赤・黒・白の3色あり、Amazonが販売するのがイチバン安い感じです。

スタイリッシュなシャレオツな鼻毛カッターもありますが、値段が高く、なぜか中国製。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. moukin より:

    コシタツさん、ども。
    それ、自分も使ってます。鼻毛とかツメとかいつも手入れしていないと気になるたちで手放せません。何年か前までは ER-GN30 を使ってましたが(今でも手元にありますが)、使いすぎてるせいか(必要以上に鼻毛が固いのか)どうも切れ味が落ちてきたので、一昨年に一時帰国したとき(替え刃だけだと割高なので) GN-10 を買いました。あとで米国アマゾンでも売ってることに気が付きました。GN-10 の難点は、水洗いできないことくらいですかね。

    • コシタツ より:

      moukinさん、こんばんは。
      鼻毛バサミに比べて簡単キレイにカットできるし鼻毛メンテ時間も短縮出来て最高の一品です。
      もっと早く購入しておけばよかったです…

      週に1・2回程度のお手入れだと数年は持ちそうな予感がしますね。
      日本AmazonでGN30も1800円程度で販売されてますが、$10は安いです。

      替え歯を調べてみたらGN10本体よりも高いのにはちょっとビックリです(笑)

  2. moukin より:

    追記です。
    GN-10 は水洗いできないと書きましたが、GN-30 は歯の分を取り外すことなく蛇口から水道水を流して洗うことが出来るということです。
    また、GN-10 と GN-30 の歯の部分は共通パーツであることに今気が付き、歯だけ入れ替えて使っていなかったので何かめちゃくちゃ損した気分になりました。

    さっき米国アマゾンをチェックしたら、GN30 が $10 で売られていたのでポチっちゃいました。