ニコンのデジタル一眼レフカメラでツーボタンリセットする方法。ライブビュー画面の異常が直ったよ!!!

バリアングルなんて全然使わないぜ!なんて思っていたコシタツなんですが、一度使い始めると非常に便利で、無理なアングルでも自然な姿勢で撮影できるので重宝しています。

人の思い込みなんていい加減なもんですよ。

スポンサーリンク

ツーボタンリセット方法

先の休日に、唯一のマイデジカメであるNikon D5300を持ち出して子供たちや植物を撮影していたところ、ライブビュー画面が暗いことに気付きました。

その時はタムロンの古いレンズを付けてMモードで撮影していたのですが、ライブビュー画面にすると画面が妙に暗くて被写体がハッキリ見えません。

電源を一度切って、入れなおしても症状は変わらず、こりゃライブビュー撮影は無理と判断してその後はファインダーを覗いての撮影に切り替えたのですが、結局家に帰っても症状は変わらずじまいです。

ニコン D5300 ライブビュー画面異常

マニュアルモードでライブビュー画面にするとこんな感じで暗くなります。スマホで液晶画面を撮影していますが、実際はもっと暗くて、屋外で使用するには被写体のピント面がサッパリ分かりません。

ニコン D5300 ライブビュー画面異常

オートモードでのライブビュー画面では、明るくハッキリ写っています。ボケボケでゴメンナサイ。

ニコンに連絡してみた

ニコン 問い合わせ 画面

http://www.nikon-image.com/support/contact/web.html

直接電話するのが面倒だったので、インターネットから問い合わせてみました。

なぜかニコンイメージング会員のアカウントではログイン出来ず、もう一度アカウントを取り直さなければいけないのが、ちょっと手間でした。

休日に問い合わせたのですが、月曜日には回答が頂けました。

回答内容は、一度ツーボタンリセットしてみて下さいとの事でした。

リセットしても直らないようなら、ニコンに送ってチェックする必要があるようです。

ツーボタンリセット

超簡単です。

ツーボタンリセット方法

電源を入れて、緑の小さなドットがあるボタンを同時に2秒間押すと、画面が一度暗転してから表示されるとリセット完了です。

D5300の場合ですと「MENU」と「i」ボタンになります。2つのボタンを使うからツーボタンリセットなんですね。最初何かと思いましたよ。「ツー」ってなんだ?ってね。

ニコン D5300 ライブビュー画面異常

ツーボタンリセットしたらあっさりと直ってしまいました。

よかったよかった(*^^*)

デジタル一眼レフカメラはD5300一台しか持っていないので、ニコンに送り返していたらその間使えないですからね。

ニコンのデジカメ初心者でなんだかカメラの調子がおかしいと感じたら、一度「ツーボタンリセット」すると直るかもしれません。

直らなかったら、ニコンに連絡してみて下さい。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 日野 より:

    コシタツ様、いつも、お世話になります、こんばんは、ん~~!、暗くなったら、ツーボタンなリセットですね、了解です、とっても、有意義な、情報、ありがとうございます、

    私は、膝が痛いので、しゃがみ込むと、痛くてたまりません(笑)、よって、絶対、バリアングルが、必要と、判断いたしましたので、D5300か、D5500を、ほしくてほしくて、
    カメラやいって、よーく眺めてきました。(欲)。

    • コシタツ より:

      日野さん、コメントありがとうございます。
      カメラの挙動がいつもと違ったら、とりあえず「ツーボタンリセット」してみて下さい。ダメならニコンに連絡です(笑)
      バリアングルですが正直便利です。地べたでのマクロ撮影なんかは、かなり無理な姿勢でもモニター見ながらマニュアルでピントが追い込めるので結構使ってます。
      ただ、バッテリーの消耗が激しいので注意が必要です。
      D5500もD5300も基本性能はほぼ一緒ですが、D5500のグリップとタッチ液晶は秀逸だと思います。そうそう、バッテリーもD5300の1.5倍くらい持ちますしね!