生活

生活

ハトがベランダに巣を作り始めました。早めの駆除をしないと悲惨な結果を招きます

今度はハトがベランダに巣を作り始めました。 ずいぶん前から、嫁さんとハトがベランダで戦っていたのは知っていたのですが、あっという間に枝を運んできて巣を作ってしまったようです。嫁の負けです。 ハトの巣壊滅作戦 水の入ったペッ...
DIY

マキタのサンダーでウッドテーブル再生・再利用作戦です。エコは家計を救う

まだ5月だというのにうだるような暑さで、生きる気力が半減しているコシタツです。 相変わらず週末は【断捨離】進行中なんですが、なんでもかんでも処分するのもエコロジーじゃないし、なにしろもったいないので、今回はリユースする方向で考えてみま...
生活

ムクドリの巣作りと、撃退方法。戸袋の異変に気づくのが遅いと大変です

気を付けていたんだけどねぇ…やられてしまったようです。げんなりなコシタツだよ。 これで2度目です。 何かといえば『ムクドリの営巣』の事であります。 ムクドリの営巣 コシタツ家の2階の窓には開かずの窓があり、常に雨戸が...
生活

蛍光灯型電球をLED電球に換えて電気代節約。しかも超超超!!!!明るい!!!!

お風呂場の白熱電球が切れたついでにLED電球に換えてみました。 今さら感が強いんですが、コシタツ家もLED電球に換えて電気代の固定費削減です。 LED電球の明るさに驚く(笑) お風呂場には60形のLED電球を取り付けました...
生活

GREGORY(グレゴリー)スタッシュダッフル65。驚異の収納力に驚け!!!

コシタツ家は5人家族で上は中学、下は小学校2人な構成です。 で、その5人家族で実家に帰省となると荷物が半端じゃない量になるんです。もちろん実家には車で行きますが、それでも荷物をパッキングしなくてはなりません。 そこでコシタツがオ...
生活

ボッチでお金も予定もない人の、大型連休の楽しい過ごし方を教えます

お金もなく予定もなく連休に突入してしまった、一人ぼっちの方へ大型連休の過ごし方を指南いたします。 パンダの赤ちゃんも連休中はゴロゴロ寝てばかりです。 1日の予定表 夜更かしをする。ネット・テレビ 昼まで眠る ...
生活

BBQやるならルールは守れ‼‼公園は自由な場所じゃないぞ。道路は論外だ

埼玉県越谷市近郊は田舎なこともあって、大きな公園が点在しているんです。 その中でもバーベキューが出来る公園もあったりして、若い子供連れのファミリーには大人気なんですよね。特にこの季節は大賑わいになるんです。 最低限のルールは...
生活

離婚届が送られてきた。1人やもめのコシタツです

先週末に嫁さんが子供たちを連れて実家に帰省しました。 毎年の恒例行事だと思っていたのですが、今日になって『離婚届け』が送られてきました。 もちろん嫁さんのハンコは押してあります。 ・・・ 思い返せば思い当たる節がいろ...
生活

飲むヨーグルトで風邪しらず。この冬、子供たちに奇跡が起きた!!!

2014年が終わろうとしている頃から、ママの計画は実行されていました。 それは、今年の冬こそは子供たちがインフルエンザにかからないこと。 子供が3人いるコシタツ家では、毎年毎年こどものだれかしらがウィルスをもらってきて、ヒドイ時...
生活

ナンプレで『パナソニックのパン焼き器』が当たった。やらないと、送らないと当たらない話

嫁と子供たちが僕を残して国に帰ってしまいました;つД`) 1人やもめのコシタツです。 春休み期間中なので、嫁さん恒例の実家に現実逃避作戦敢行中なんです。いちいち文句なんて言いませんよ。新学期が始まったら嫌でも戻ってこないといけな...
生活

ゆるキャラになれる越谷市。ガーヤちゃんは貸出無料な越谷市民

衝撃の事実を発見してしまいました。 わが町、越谷市のマスコットキャラクターであるガーヤちゃんなんですが、なんてこったい着ぐるみだったんですねwww。 ガーヤちゃんってなに? ガーヤちゃんとは越谷市のマスコットキャラクター…ではなく...
生活

おむつゴミ箱って必要?コストよりもメッリトのほうが多いはず

結論から言います。おむつゴミ箱は買った方が絶対に楽ちんです。 赤ちゃんを3人育て上げた、おむつ交換のプロフェッショナルなママが言うんだから間違いないはず。 『手を抜けるところは手を抜かないと、3人目なんてやってられんわ!!!!』...
生活

写真で簡単に折れる。チラシゴミ箱の作り方

冬のおやつの大定番といえばみかんです。 コタツでミカン、テーブルでミカン、どこでも食べちゃいますね。けど、むき終わった皮はどうしましょうか?そんなときはこれを作れば問題解決。 剥いた皮ごと包んでゴミ箱にポイっと簡単に処分できます...
生活

年賀状プリントは、格安互換インクカートリッジで上手に節約

今年も年賀状作成の季節になりました。 毎年、郵便局を儲けさせるために送っていますが、近年は送る枚数が増えてきて40枚は送っています。このくらいの枚数になると結構いい値段になるため、貧乏人の懐には厳しいんです。 本当はみんなやめに...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました