北越谷『麵や雫』で濃厚なのに、なぜかあっさりのスープに舌鼓

ゆっくりとですが、着々と越谷市近郊のラーメン店を食べ進めています。

今回は東武スカイツリーライン北越谷駅西口から徒歩2.3分の場所にある『麺や雫』です。

越谷市の外れにある北越谷にも美味しいラーメン店がいっぱいあるので、少しずつですが制覇していきますよ!!!

麵や雫 ラーメン

スポンサーリンク

麵や雫でラーメンを食す

コシタツは基本的に、初めて入るお店ではスタンダードなラーメンを食べるのがルールになっています。理由は簡単で、だいたい値段が一番安いしそのお店の味がよく分かりそうな気がするからです。

で、今回もそのルールにのっとりノーマルラーメンを頂きます。

日曜日のお昼のピーク時間をずらした2時ごろに伺ったんですが、店内はお客さんで半分は埋まっていました。

カウンターが10席、座敷が2卓ほどのこじんまりとした店内なので、最大でも18人くらいしか入れないと思います。

入口右手に食券機があるので、そこでラーメン750円を購入して店主に渡します。コシタツは空いているカウンターに座ります。

ラーメン登場!!!

麵や雫 ラーメン

今回はラーメン好きの友人からの紹介なので、期待してラーメンに挑みます。

待つこと10分くらいでラーメンの登場です。水菜が同じ色調の具材に紅一点なオーソドックスなラーメンに見えますが、スープはかなり粘度が高い感じがします。

歯ごたえのある麺

麵や雫 ラーメン

麺は芯にしっかりとした歯ごたえを感じる中太の緩いちぢれ麺。

その緩いウェーブに粘性の高いスープが絡みついて美味いじゃないですか!!!

噛めば小麦の味がしっかりと分かる、自家製麺系ラーメン店と同じ感じの麺です。

不思議なスープに舌鼓

麵や雫 ラーメン スープ

スープはお魚系の味わいの、とろみが強い濃厚スープになっているんですが、塩味が強くないので、飲みやすいというか食べやすい。

少し鰹節の粉粉した感じが舌に付くので、魚粉が嫌いな人はちょっと残念かもしれません。

鳥ベースに野菜、魚介類を入れてじっくり煮だすとこんな感じになるんですね。見た目よりも全然柔らかくて、不思議な味わい。

チャーシューは2種類

麵や雫 ラーメン チャーシュー

チャーシューはお得感満載な2種類の味わいの鳥チャーシューが入っています。

最初に目に付くのは薄く大きめにスライスされたチャーシュー。味は臭みは無いんだけど、しっとりとした食感の、鶏肉独特のものです。鴨肉を食べているような食感かな?

麵や雫 ラーメン チャーシュー

もう一枚は厚めにカットされた鳥チャーシュー。

爽やかな柑橘系の香りに塩味が効いていて、最初に食べたチャーシューとはこれまた違った食感、味でちょっと得した気分になります。味付けは、最初に食べたものよりも濃くしっかりとした味付けがされています。

メンマはうまー

麵や雫 ラーメン メンマ

肉厚なメンマは、柔らくて味付けも丁度良くて美味いです。

個人的にはもう少し歯ごたえがあった方が嬉しいんですが、これはやわらぎメンマが肉厚になったような感じですね。

のりと水菜

麵や雫 ラーメン のり

のりは色の黒い、向うの透けないしっかりとしたのりを使っています。これが、薄い色だったりすると残念ポイントになっちゃうんですよね。

麺と絡めて食べるのが好きです。

麵や雫 ラーメン 水菜

水菜はアクセントと箸休めに丁度良いかもしれません。

ほうれん草でも特に問題無い気がします(笑)

完食です

麵や雫 ラーメン

どんぶりは底が深いので、見た目よりも食べ応えがありますね。

いつもは大盛りを注文するのがデフォルトなコシタツなんですが、普通盛りで満足です。

スープが濃厚なのもお腹に溜まる理由なのかもしれませんね。

お店の場所

北越谷の飲み屋街の外れにあります。

駐車場は徒歩10秒の場所に2台分だけあります。空いていたらラッキーでしょう。お店のちょい先にはコインパーキングもあります。

お隣は同じ名前の居酒屋さんになるようです。

呑みどころ 雫

今度飲みに行ってみたいと思います(笑)

月〜土曜(水曜定休)11:30~15:00 18:00~23:00(LO22:45)
日曜,祝日 11:30~15:00 18:00〜21:30(LO21:15)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク