『利休』越谷市のレイクタウンで食べられる本格佐野ラーメン

以前から気になっていたお店。

佐野ラーメン『利休』に行ってきました。

場所は埼玉県道52号線、イオンレイクタウンそばの通称越谷ラーメン街道に面しており、通るたびに食べてみないとイカンなぁ…と思っていた次第です。

佐野ラーメン 利休

越谷ラーメン街道とはコシタツが勝手に命名した街道で、県道52号線を挟んで大成町とレイクタン2丁目付近に『まめぞうラーメン』『佐野ラーメン 利休』『濃厚タンメン マルキン商店』『ラーメン山岡家』があります。

麺関係では『はなまるうどん』や『中華料理 たんぽぽ』が近くにあります。

まだ4軒しかありませんが個人的にはもっとラーメン店が進出して、一大ラーメンパラダイスが出来れば良いと願ってます(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スタンダードな佐野らーめんを食す

いつもの如く越谷市民であるコシタツは周囲の交通状況、混雑具合を計算し、お店のピークタイムをずらしながら、尚且つ腹ペコの完璧な状態を作り上げて入店です。

駐車場も空いていたので完璧です。ただ、駐車場はちょっと小さめなのであんまり大きな車は止めるのが大変だとおもます。

店内はカウンター席オンリーで、水はセルフサービスになります。

初めてのお店は基本的にスタンダードなラーメンを食べる主義なので券売機で『佐野らーめん』お値段680円をチョイス。

佐野ラーメン 利休

お昼前だったので店内には数名しかおらず、待つこと数分で着丼。

この着丼って言葉、どこかのブログで知った言葉なんですがなかなか良い語感で好きです。まあいいや。

到着したラーメンはよく見る佐野ラーメンで、丁寧に盛り付けられてるのが印象的です。ただ、スープは想像していた物よりも濁っていました。

ツルツルちぢれ麺はナイス食感

佐野ラーメン 利休

お店の看板にも書いてある『自家製手もみ麺』はツルツルの中太ちぢれ麺で、多加水麺を使っているので『みょぉん』とした食感。

自家製麺なのですが、最近流行の小麦粉の甘さが強い感じの麺ではなく、縮れに適度にスープが絡みついてズバズバと啜れます。

ただ、標準サイズは麺が若干少なめに感じるので、食いしん坊さんは替え玉するべし。

魚介系スープは癖になりそう

佐野ラーメン 利休

歳を重ねたせいか、最近では優しい味付けが好みなんですが、まさしくそんなコシタツの心身にドンズバな味付けなのが、塩分控えめ出汁濃い目の魚介系醤油味スープ。

ぶっちゃけ特筆すべきクセみたいな物はないんですが、ずーと飲んでいたいと思わせる旨さなんです。ずーっと飲み続けたい味って意外と無いものなんですよ。

ちょっと気になるのが丼が小さ目なのでスープの量が少なく、のんびり食べてたら冷めやすいかな?って感じます。

もちろん、ズバズバと勢いよく食べれば熱々のまま完食出来ます。

チャーシューにメンマが良い味なんです

佐野ラーメン 利休

チャーシューって、お店によって食感、味、大きさがかなり違うので、そのお店の個性を発揮できるトッピングなんです。

利休のチャーシューは形を保った柔らかホロホロ系のチャーシューで、味の自己主張は少な目。それがまた、スープを適度に吸って味わいが深くなるから不思議なものです。

チャーシューの他にも肉系は鳥そぼろが入っていますが、ちょっと出がらし系なのでスープと一緒にレンゲに乗せて食べるとグッド。味の違いを楽しめます。

佐野ラーメン 利休

中華そば系ラーメンには欠かせないのがメンマ。

利休のメンマは甘めの柔らかメンマで僕の好みです。

いつもの如く、記事を書いているうちに涎が出てきて食べたくなってきました(笑)

佐野ラーメン 利休

ボリューム的にはちょっと少なめの事もあってあっさり完食。

本当はスープ残す派人間なんですが、旨みの優しい系スープはついつい最後まで飲んじゃいます…

ごちそうさまでした!!!!

お店の場所

佐野ラーメン利休の場所は、越谷ラーメン街道筋にあり、レイクタウン近くの西松屋やマクドナルドのあるあたりからちょっと行った場所です。

越谷市で本格的な佐野ラーメンを楽しめるお店なので、是非行ってみて下さい。

コメント