Nikon D5600での連写撮影の設定方法と撮影枚数について

エントリーデジタル一眼カメラである『Nikon D5600』は毎秒約5枚の連写撮影が可能です。

毎秒約5枚が遅いのか速いのかについては、被写体によって変わりますが、コシタツ個人の意見としては必要にして十分の速度だと感じます。

ちなみに、D5300、D5500、D5600と使っていますが、連写可能枚数には違いは感じられませんでした。

D5600 連写撮影設定

スポンサーリンク

D5600での連写撮影

連写撮影が必要になるシチュエーションって、実はそれほど多くはありません。

実際に連写撮影が必要な場面って、サッカー、野球、陸上競技などのスポーツや、カーレースやバイクレースなどのモータースポーツ、ドッグランなどでのペットの撮影、公園などで遊びまわる子供達など、基本的に動きの素早い被写体を撮影する時なんです。

他には一瞬の動きを見逃さないためにあえて連写する場合もあるようです。

連写撮影の設定方法

D5600での連写撮影の設定方法です。

D5600での連続撮影枚数は、S-1枚(シングル)、L-3枚(低速連続撮影)、H-5枚(高速連続撮影)の3段階で設定できます。

D5600 連写撮影設定

設定はカメラボディ左側にあるボタン押すと設定画面に切り替わります。

1コマ撮影

D5600 連写撮影設定

レリーズモードの画面に切り替わったら、お好みのモードをタップすれば設定完了です。

シングルモードはシャッターボタンを押しっぱなしにしても1回しかシャッターが切れないので、じっくり撮影する時などに便利です。

静物な被写体をのめり込んで考えながら撮影していると、意外にシャッターボタンを押しっぱなしにして、ムダに連写してビックリするときがあります。僕はそれを防止したい時に使ってます。

低速連続撮影

D5600 連写撮影設定

Lモードは毎秒約3枚撮影できるモードです。

かなりゆっくりとシャッターが切れる感じなので、動きの比較的遅い被写体を撮影する時に向いています。

また、撮影枚数がいきなり増えないのでSDカードに書き込む際のバッファ待ち時間で撮影出来なくなる心配が少ないです。

僕はあんまり使いませんね…

高速連続撮影

D5600 連写撮影設定

Hモードは毎秒約5枚撮影できるモードになります。

子供の撮影や野鳥、モータースポ―ツなどの撮影でよく使います。

基本的に動きの速い被写体の撮影はコレ一択と言い切ってもよいくらいに使ってます。

D5600 連写撮影設定

高速連続撮影の一例ですが、迫り来る電車を撮影してみました。

ほぼシャッターボタン押しっぱなしでの撮影になります(ちょっと休みをいれたかも?)

D5600 連写撮影設定

左→右へと進みます。

D5600 連写撮影設定

エントリーデジタル一眼であるD5600でもこの程度の写真は余裕で撮影できます。

高速連続撮影時の問題点

こんな楽しい楽しん連写撮影なんですが問題点もあります。

それは…、

  • バッファ待ちが長い
  • 撮影枚数が多くなるのでメモリーカード容量をひっ迫させる
  • 写真選別が大変

バッファ待ちが長い

バッファ待ちとは、撮影したデータをSDカードへ転送する時間の事です。

D5600はどうしてもエントリーモデルになるので、カメラボディ内のメモリーが少なく、撮影した写真をSDカードにどんどん送らないとメモリーが満タンになり撮影が出来なくなります。

バッファ待ちは記録画像サイズによって決まり、RAW画像、JPEG高画質Lサイズで起こりやすいです。

  • RAW画像ですと、およそ7枚連続撮影でシャッターが切れなくなります。
  • JPEG高画質ですと、およそ17枚連続撮影でシャッターが切れなくなります。

これは画像データの大きさで決定されちゃうので、致し方ありません。

RAWデータは一枚あたり25MBほどあり、JPEG高画質Lサイズだと14MBほどの大きさがあります。

実際には完全にシャッターが切れなくなるわけではないのですが、間を置いた感じの切れになり、撮影を満足させるような連写にはなりません。

※上記以外の設定ですと、70枚程度まではストレス無く連写撮影が可能です。

メモリーカード容量をひっ迫させる

これはまんま、そのままです。

連写撮影ばかりを使っているとあっという間にメモリーカードがいっぱいになります。

僕は32GBのSDカードを使ってますが、連写撮影でモータースポーツの撮影をしていると半日ほどでいっぱいになります…

JPEG高画質撮影ですと、32GBSDカードは2300枚程度の撮影でいっぱいになります

写真選別が大変

撮影中は楽しくてパシャパシャパシャパシャと夢中で撮影しているので気になりませんが、自宅に帰ったら写真の選別をしなければなりません。

ザックリと選別するだけでも、一度は見ないといけないのでかなり時間がかかります。

さらに、ピントが微妙だったりすると拡大したりするので時間がよりかかります。

まとめ

D5600 連写撮影設定

連写撮影って楽しいんですが、事後処理が結構面倒なんですよ(苦笑)

流し撮りなんかは大量に連写撮影して、良い写真をピックアップするような撮影方法になるので、大量に撮影すると本当に大変です(下手くそって話もありますが)。

現在はフィルムカメラ時代と違ってフィルム代を考える事無く撮影できるし、ダメ写真はどんどん削除できるので、ぜひ連写撮影して楽しみましょう!!!!

D5500、D5300での連写撮影についてに考察です。参考にして下さい。

Nikon D5500での連写撮影が止まる理由と解決方法あれこれ

ニコン D5300での連写撮影について気づいたことのまとめ。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク