レーザープリンタは『ヨコハマトナー』で上手に節約。クッソ安くて品質もOK

モノクロ印刷専用にブラザーのレーザープリンターを使っているコシタツでが、トナーがなくってしまい印刷できなくなりました。

もちろんインクジェットのカラープリンタ―も持っているんですが、使っているキャノンのインクジェットプリンターは電源ONから印刷するまでにアホみたく時間がかかり、しかもその度にヘッドクリーニングするので、印刷してないのにインクが無くなるクソ仕様なんです。

ブラザーのレーザープリンターは本体価格も10000円程度で買えるし、電源ONから使えるようになるまでが速いので重宝しています。

ヨコハマ トナー

スポンサーリンク

ヨコハマトナーの互換トナーカートリッジが安い

僕が使っているブラザーのレーザープリンタは『HL-2270』なんですが、純正トナーが高いんです。

本体が10000円そこらで買えるのに、トナーが6000円オーバーってどうなの?って気がしますが、まあこの辺りはCS向けプリンターの常套手段ともいえる商売方法で、プリンター本体は安く販売して消耗品で儲けを出す方法ですよね。

キャノンのインクジェットプリンターなんかはその悪い部分がイチバン出ている気がします。

互換品を使ってみる

Amazonで調べてみると純正互換トナーが結構見つかります。

値段も1500程度と純正品の1/4位の値段なので、お試しで使いたくなりますが、基本的にサードパーティー製のトナーを使ってプリンター本体に不具合が出た場合はメーカー保証は使えずに自己責任になります。

僕が使っているプリンターはすでに保証期間が切れてるし、既に型落ちなので、もしトラブっても新しいプリンターを購入すればそれでOKですから、ちょっと人柱的に注文してみました。

ヨコハマ トナー

注文したら翌日に届くのがAmazonプライムの良いところです。

箱はそっけないですが、余計なプリントが無い分安くなってるんでしょう。

ヨコハマ トナー

梱包はしっかりしていて好感が持てます。

説明書・保証書のたぐいは一切入っていませんので、トナーの交換はプリンターの説明書をよく読んでから交換しましょう。

ヨコハマ トナー

トナー本体はこんな感じで、値段を考えるとかなりしっかりしています。

ヨコハマ トナー

取り外した純正トナーと比べても、brotherの文字が無ければどちらが純正品であっても問題ないレベルです。

ヨコハマ トナー

使う前にオレンジ色のカバーを外してから、ドラムカートリッジに取り付けます。

取り付け自体は非常に簡単なので、1度説明書を読めば2回目からはすんなりできると思います。

ヨコハマ トナー

ドラムカートリッジに取り付けました。

取り付けに不具合は全くなく、純正品と同じ感覚で交換できます。

1500円ですが、思いのほか高品質です。

ヨコハマ トナー

プリンター本体に装着しました。

うん、純正品と変わりません。

後はプリントが問題なくできればOKです。

互換トナーの印刷品質はどうなの?

ヨコハマ トナーで印刷

早速ですが、コシタツブログを印刷してみました。

やっぱり、モノクロレーザープリンターは印刷するまでが速いし、印刷速度も速いので快適です。問題は消費電力が大きいことぐらいかな?

印刷してみた結果は良好です。

っていうか、純正品と変わりないような気がします。

印刷のカスレ、にじみ、印刷して直ぐに触っても手にトナーの粉が付いたりもしませんでした。

互換インク使えます

まだ数枚程度しか印刷していませんが、悪くないです。

プリント枚数はトナーカートリッジ1つで約2600枚印刷できます。

これから確定申告の時期ですので提出書類の印刷や、子供の学校向けのプリント、嫁の調べもののプリントにと大活躍してくれそうです。

一応、横トナでヨコハマトナーで購入した場合は「インクとトナーの1年保証」が付くらしいですが、プリンタートラブルは自己責任になると思いますので、これが理解できない方は購入を控えた方がよいと思います。

対応機種:HL-2240D HL-2270DW DCP-7060D DCP-7065DN MFC-7460DN FAX-7860DWなら

新しいモデルはトナーカートリッジにICチップが付いています。

対応機種:HL-L2365DW / HL-L2360DN / HL-L2320D

ICチップつけるくらいだったら、純正品を2800円程度で販売してくれれば安心感から買う人が多くなりそうな気がするんですが…

もちろん僕もその値段だったら純正品を購入するけどね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク