【クローン作製】SSDは使う前にフォーマット(初期化)。情弱な僕でも分かる方法

2年程使ったWindowsPCなんですが、HDDの読み書きに時間がかかるようになってきて、デフラグしても改善しないので、いよいよSSDで超高速化を目指します。

コシタツは情弱に毛が生えた程度にしかPCは弄れませんが、ネットの海を溺れながらSSDへの換装方法を調べたので、僕のようなPCダメ人間でもなんとかSSDに交換できるように分かりやすく?まとめてみました。

SSDの初期化方法

スポンサーリンク

SSDは初期化(フォーマット)しないと使えない

ああそうさ。

なんとなく気が付いてたんですが、SDカードとはちょっと違うようだってね。

USBに差し込んだSSDが認識されねぇってね(笑)

下準備

  • SSDを用意する
  • SATA用のUSBアダプタを用意する
  • PCに接続する
  • 出来ればUSB3.0だとうれしい

準備が出来たらSSDのフォーマットするぞ!!!これが出来ないとすべてが進まない(笑)

ディスク管理画面への行き方

Windows画面左下にある窓マークにカーソルを持って行き、右クリックをするとPCの重要な機能にアクセスできる画面が出てきます。

SSDの初期化方法

コントロールパネル(赤丸)をクリックすると、次の画面に切り替わります。

SSDの初期化方法

ここでさらにシステムとセキュリティをクリックすると、また次の画面になります。

SSDの初期化方法

いろんな設定が出来る画面なんですが、よく分からないのにいじくりまわすと元に戻らないので、ここでは素直に管理ツールのハードディスクのパーティションの作成とフォーマットをクリックです。

SSDの初期化方法

画面が切り替わるとSSDにアクセスできないから初期化してね!!!って画面が出てきます。

エクスプローラでは認識されていなかったSSDなんですが、ここでは認識されています。ST500…はWindowsシステムの入ったHDDなので、これは弄らないように注意。

SSDの初期化を始めるよ!!!

SSDの初期化方法

ディスクの初期化画面になります。

超重要!!!!!!!

ここで、MBR(マスター ブート レコード)GPT(GUID パーティション テーブル)と2つのフォーマット方法がありますが、

簡単に説明すると、Win8.1以前のOSのクローンを作る場合はMBRを選択。Win8.1以降のOSであればGPTで問題ないはずですが…

クローン作製ではパーティションスタイルを合わせておかないと起動できない等のトラブルの元になるので念のために確認しておきます。

パーティションスタイルの確認方法

パーティションの確認方法

現在開いてあるディスクの管理画面ディスク0の赤丸部分を右クリックします。

パーティションの確認方法

プロパティをクリックして、

パーティションの確認方法

ボリュームを選択すると、赤ラインの部分にパーティションのスタイルが表示されています。

こちらのIT企業サイトに理由が詳しく書いてありますので、参考にしてみてください。

※ここでは参考画面の為、クローン作製後のSSDでのパーティションのスタイルを確認しています。

ここからはウィザードにお任せ

SSDの初期化方法

ディスク1の未割り当てをクリックすると、ウィンドウが表示されるので新しいシンプルボリュームをクリック。

SSDの初期化方法

ウィザードが立ち上がるので、後はいつもの感じで進めます。

SSDの初期化方法

いろいろ調べた結果、最大ディスク領域と同じ数値にすれば問題無いです。SSDの中に大きな容器を作る感じなのでしょうか?詳しくないんで突っ込まないで…とりあえず、これで上手くいきました。

SSDの初期化方法

ここでは、Cドライブ、Dドライブなどの分かりやすいイニシャルを付けるだけです。

被ってなければEで問題無いです。

SSDの初期化方法

クィックフォーマットするかどうか選べます。

クィックフォーマットだと数秒で完了するらしいんですが、念の為にチェックを外して通常のフォーマットをしました。

通常のフォーマットですと、500MBで15分前後かかった気がします。ごめん、メモって無かった…

フォーマット完了!!!

SSDの初期化方法

フォーマットが完了すると、ディスク1がちゃんと認識されています。

このままデータ保管に使ってもいいんですが、OSのクローン作製が待っているので弄らないでクローン作製に移ります。

たぶんですが、ここにたどり着いた人はHDD→SSDへのクローン製作でつまづいている人ですね? それもCrucialのSSDを購入して、...

なんかおかしかったらコメント下さい…

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク