小さな町工場で知る、頑張らずに働く生き方。1日6時間働いて、食うに困らない!?

零細企業の町工場。

一般的なイメージだと、油と機械にまみれた底辺の3K職種なイメージを持つか、低収入の可哀想な人たちをイメージしてしまいがちですよね。

もちろん中にはそんな自転車操業さながらの、資金繰りに四苦八苦している零細企業もありまが、今回は違う話。

町工場でのお話

スポンサーリンク

年休130日。労働時間は6時間

最近知った町工場の話で、実際にその社長さんともお話ししてきたんですが、まあスゴイ。

なにがスゴイかって言うと、その働き方。

頑張って働く必要なんてないんだよ

って平気で言っちゃいます。

工場の仕事は土日祝日は完全に休みで、もちろんお盆休みも、暮れの休みもあります。

一日の労働時間だって朝の8時から働いて、お昼休みをしたら15時には仕舞います。

出来るから頑張らない

年齢は60歳半ばくらいでしょうか?息子さんと一緒に2人で働いています。

若いころに大きな工場で数年間修行して、その後独立したと話していました。

元々、修行先の工場でも腕が立つ人だったらしく、独立した後も仕事に困る事はなかったようです。

できるから頑張らない

話の端々に出てきた言葉でした。

学校は中学校しか出ていないと聞きました。しかし、生まれ持っての手先の器用さ、そして工夫する事を実践してきたようです。

そして、この『工夫する』ができない職人は結局ダメな職人になってしまうようです。いくら手先が器用でもダメなんですね。

それと、『工夫する』を仕事だと感じてやるようでもダメなようです。

マインドセットの話です。深いです。

『工夫する』は出来ない、上手くいかない事をなんとか形にしてできるようにするための『想像力の発露』らしく、出来ない事を形にするのは本来は楽しい事のようなんですね。

簡単にいうと、数学ができる奴は楽しいが、出来ない奴には苦痛でしかない。のような話です。

実際はもっと長い話だったんですが、短くまとめました。

それ以上は頑張らない

頑張って働くから、仕事が嫌になったり嫌いになったりするんだよ。

頑張っても無理なら仕事を断る。

なんとなく理解できますが、サラリーマン暮らしのコシタツには耳が痛い言葉です。

出来そうもない事をやり続けることは苦行以外の何物でもないですよね。なんとか形にしても、それがリピートされたとしたら、もう逃げ出したくなります。

仕事を断るには勇気がいりますが、出来ない物を無理して頑張っても手間も時間取られて、他のお客さんにも迷惑かけるし、時間工賃は安くなるしでいいことが無いようです。常に人手が足りない零細企業ならではの考え方です。

食べる分だけ稼げば十分

食って生活していける分だけ稼げばいいんだよ

と簡単に言ってましたが、そんな状態にするまでには相当の苦労があったと思います。しかし、そんなことは微塵も感じさせません。

もう少し詳しく話を伺うと、ある程度の長い時間をかけてお客さんを選んできたと言ってました。

無理ばかり言うお客。

たまにしか仕事をくれないお客。

単価は安いけど仕事を沢山くれるお客。

難しい仕事が多いけど高単価で仕事をくれるお客。

仕事って、自分一人だけでできるものではないんですよね。町工場だったらなおさらなんです。仕事を発注してくれるお客さんがいて初めて成り立つんです。

そんな、一癖も二癖もあるお客さん達を最初は選り好みをしないで付き合って、長い年月で徐々にお付き合いの仕方を変えていって、切るところは切り、付き合い続けるところはもっと大事にしてきたといいます。

…けど、食っていけるだけの額って50万円そこらじゃないですよね?見た感じ、月に200万円くらいは稼ぎ出しそうな仕事をしていたような???

全ては自分が楽しく働くために

独立して会社を興してしまう人たちって、本当は頑張りたくないから、最終的に頑張らなくてもいいような仕組みを作っていくんでしょうね。

働く事も…たぶん仕事と感じてないんでしょう。

感覚的には仕事=ライフワークなんでしょうか?

『もう楽に仕事するんだよ』の一言がやたらと印象に残ったお話でした。

理想とする労働の形って、こんなところにあるのかもしれないと感じました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク