ニコン D5300での連写撮影について気づいたことのまとめ。

カメラ初心者が野鳥を撮影してみてわかったのですが、奴らはちょこまかと素早く動き回るので、カメラの基本的な性能(フォーカス速度、追従能力、その他…)が高くないとなかなか思ったような写真が撮れないという事実です。

D5300D5500の連射で撮影したメジロ

僕の中では上手く撮れた写真ですが当たり前に連写で撮影しています正直1枚1枚狙って撮影していたら、鳥はどこかに飛び立ってしまう事でしょう。もちろんピンボケ、手振れ、構図的失敗は数多くありますので、10枚に1枚くらい上手に撮れていれば満足しています。悲しい(>_<)

僕は野鳥を撮りたくてカメラを始めたわけではなく、カメラにもレンズにもこれ以上お金をかける気はないので、出来る範囲で楽しく撮影したいとは思っています。

スポンサーリンク

D5300の連写撮影の条件

基本的な性能はD5500もD5300もほぼ一緒なので、D5500ユーザーも参考になるかと思います。

ニコンD5300の連写速度は毎秒5枚となっていますが、これはある程度条件がそろった時に初めて発揮される能力のようです。その条件とは僕が撮影する上で気付いた事を書き出してみました。オートフォーカスでピンボケ量産にならないレベルでの、一応歩留まりよく撮影できる条件での話です。

  • 被写体がじっとして動かないこと
  • 被写体の周りにフォーカスが迷うような障害物がないこと(枝や葉っぱ)
  • シャッター速度を上げられる明るさ
  • JPEG-FINEのみで撮影
  • メモリーカードの転送速度が速いこと

被写体がじっとして動かないこと

これはそのまんまで、固定物を撮影してみるとわかるのですが、JPEG-FINEのみで撮影しているとバッファの続く限り連続撮影してくれます。シャッターが切れなくなるまでに、概ね14~15枚くらい撮影できますので、連写時間は3秒ほどですね。しかしその後、SDカードへの書き込みが始まるので、次の撮影開始まで5秒くらいは待たされることになります。

逆に動き回る被写体で、追いかけて撮影するとフォーカスの条件なのか?連写にならない時が多々あります。

 被写体の周りにフォーカスが迷うような障害物がないこと(枝や葉っぱ)

これはカメラ側の設定である程度回避できますが、フォーカスが「ジーコ・ジーコ」と迷っているときに無理やりシャッターを切ってみると、切れないか、切れても2枚くらいしか切れない時がほとんどです。

被写体に枝や葉っぱ被ってしまうとさらに厳しいです。まあ、当たり前のことなんでしょうが、初心者はそんな当たり前の事が分からなかったりします。僕ですね。

シャッター速度を上げられる明るさ

これはもちろん連写速度よりもシャッター速度があんまり遅いと無理なんですね。1/250秒くらいの速度が出る明るさがあれば問題ないと思います。最後はISO感度で調整すれば済む話ですけど。

僕なんかはテクニックが無いので、被写体が動き回ると「ブレブレ・ボケボケ」の写真を量産することになります。やっぱりある程度のお日様の明るさは欲しいです。シャッター速度は1/1000あると手振れも防げて楽ですね。

JPEG-FINEのみで撮影

これはカメラの持つ性能的な問題で、RAW14bitで保存していると絶対無理です。RAW12bitで保存の場合ですと、連続撮影で7枚までは撮影できますが、そこからシャッターが切れなくなります。その後、SDカードに転送するので5秒くらいは待たされることになります。

なので、動き物を連写する必要がある時はJPEG-FINEで撮影する必要があると思います。先程も書きましたが、JPEG-FINEですとシャッターが切れなくなるまでに、概ね14~15枚くらい撮影できます

ちなみにJPEG-BASICで保存する場合ですと、40枚以上は連続撮影できます。たぶんもっと撮影できると思いますが、これ以上は試したことが無いので分かりません。

メモリーカードの転送速度が速いこと

これはできればUHS-Ⅰ規格の物を断然お勧めします。class10でも問題なく使えますが、転送速度が遅く時間がかかりすぎてストレスを感じるレベルです。

実際に試してみたので、力強く言います!

D5300 D5500 メモリーカード 

左がclass10、右がUHS-Ⅰになります。

体感的な差で言えばSDカードclass10のものですと、UHS-Ⅰに比べて1.5倍くらい転送に時間がかかる気がしますね。

連写枚数も1枚くらい少なくなってしまいます。

【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応(最大転送速度45MB/s) (無期限保証) TS32GSDU1E (FFP)

D5300の連写撮影のポイント

JPEG-FINEで保存し、連写撮影時間は5枚~7枚程度(1秒ちょっと)にして、メモリーカードに転送されるのを確認しながら撮影すれば、ストレスなく撮影できると思います。

なるべくシャッターが切れなくならない様にすることがポイントでありますね。

連写が止まらない設定にするには

それでも止まることなく連写撮影がしたければ、設定で画質モード『BASIC』、画像サイズ『M』で撮影すれば止まることなく撮影できますよ。これ以上大きなデータサイズになると、連写速度が遅くなります。ただ、画質もそれなりなのであんまりオススメましません。

まとめ

D5300はよく出来たカメラだと思いますが、所詮エントリーモデルなんで「パラパラパラ」と止まることない連写撮影は無理です。なので、基本的な性能を分かったうえで使えば過剰な期待や、ストレスを抱えることなく撮影できると思います。

D5500も基本的な性能はD5300と変わっていないはずなので、同じことが当てはまると思います。

本当にストレスなく連写撮影がしたければ、最新のD7200なんかは良いと思います。

気づいたことがあれば随時更新します。

関連記事
3月22日に関東モトクロス選手権にモトクロスレースの撮影に出かけたのですが、D5300のバッテリーがかなり持ったので報告がてら記事にしました...
猛烈に野鳥撮影がしたいんです。コシタツです。 野鳥といっても、フィールドやバックカントリーにいる本物ではなく、僕自身が野鳥の飛び回って...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク