アライド『 タイ グリーンカレー セット』が簡単調理で美味すぎる!!!!

タイには行った事はありませんが、タイ料理は意外と好きなコシタツです。

日本食や中華、イタリアンなどにはないエスニックな香りとスパイシーな味わい、刺激的だが癖になる辛さがたまらなくて突然食べたくなる日があります。

そんな時はこれですよ。

アライド タイ グリーンカレー

スポンサーリンク

アライド タイ グリーンカレー

食材以外のカレーペーストや香辛料、ココナッツミルクなどがセットになった物です。調理は簡単で、初めてでも15分くらいあれば簡単に本場の味わいを再現できます。

このシリーズにはレッド、イエロー、グリーンカレーがあり、レッドは食べた事が無いのですが、イエローとグリーンはタイ料理店で食べるのと変わらない味わいなのでおすすめです。

アライド タイ グリーンカレー

常に在庫している分けではないが、好きです(笑)

グリーンカレーとは、便宜的にカレーと名乗ってるだけで、実際はカレー風味の具沢山スープで、タイ語では『ゲーンキャオワーン』って呼ばれてます。

早速、調理開始だよ

食材は鶏肉、ピーマン(パプリカ)、なす、シメジが基本で、お店なんかだとタケノコだったり海鮮類やよく分からない野菜が入っていたりしますが、今回はレシピ通りに作ってみます。

アライド タイ グリーンカレー

1パックで2~3人前分なんですが、僕一人で食べちゃいます。子供たちは辛いので食べません(笑)

写真の分量がちょうど2~3人前分の分量になります。

鶏肉200g、ナス2本、ピーマン2つ、シメジ1パックで、赤色のパプリカがあれば雰囲気がさらにタイっぽくなりますが、今回は無かったのでこのままです。

左上のカップはカレーペーストなんですが、これは前もって作っておきます。

カレーペーストを作る

アライド タイ グリーンカレー

パックの中身なんですが、カレーペーストや香り付けの葉っぱやナンプラーが入ってます。

カレーペーストを容器に出し、サラダ油でコネコネして緩めておきます。

アライド タイ グリーンカレー

今回は写真を撮影しながらなので、ちゃんと容器に入れてやりましたが、面倒な時は鍋に直接入れてコネコネしちゃいます。

だって、後から鶏肉を入れて一緒に炒めまちゃいますから…。

アライド タイ グリーンカレー

カレーペーストを熱した鍋に入れ炒めます。焦げないようにスプーンでかき混ぜます。胃袋に訴えかける香りがしてきます。

1分ほど熱したら、

アライド タイ グリーンカレー

これだけでも美味しそうに見えます

鶏肉を入れて、表面に火が通るくらいに炒めます。

気を付けてほしいのが焦げ付きです。焦げるとどうしても焦げ特有の苦みが残るので、火加減とかき混ぜに注意して下さい。鍋のへりに付いたペーストが焦げやすいので要注意です。

アライド タイ グリーンカレー

すぐに出来上がるので、大体は飲みながら調理します。酔い始めたころには完成します(笑)

隠し味に入れたりはしませんです。

ココナッツミルクを作る

タイカレーはココナッツミルクが無いと始まりません。なくても出来るらしいのですが、僕はココナッツミルクが好きなんです。

だからナタデココも好きです(ハート)。

アライド タイ グリーンカレー ココナッツミルク

もちろんココナッツミルクの素もセットになってるので、わざわざ購入する必要はありません。

ココナッツミルクパウダーにお湯を入れてまぜまぜします。

アライド タイ グリーンカレー ココナッツミルク

面倒でも必ずお湯でやりましょう。

この後、鍋に移すのですがお湯の方が完成が全然早いです。

アライド タイ グリーンカレー ココナッツミルク コブミカンの葉

完成したココナッツミルクを鍋に入れ、コブミカンの葉(バイマックルート)もいれます。

コブミカンの葉はタイ料理で使われる代表的なハーブで、これを入れるとグリーンカレーの香りになります。

ふにゃふにゃになっちゃいますが、葉っぱは入れっぱなしで取り出さないので食べるときに邪魔くさかったら除けましょう。

ここまで出来れば後は完成一直線だよ。

野菜を入れてくよ

アライド タイ グリーンカレー

中火にかけた状態でシメジを投入します。

一応レシピ通りに投入していきます。

アライド タイ グリーンカレー

ナスは火の通りが遅いので、小さめのサイコロ上に切っておくと良いです。

煮る時間を長く取れば、ゴロゴロ野菜にしても良いと思います。

アライド タイ グリーンカレー

最後にピーマン投入。

基本的に細く、火の通りが早くなるようにカットしてます。

アライド タイ グリーンカレー 砂糖は入れる

野菜がしぼんで来たら味見をします。

たぶんこのままだと、辛さが強いだけで味わい深さが無いので、僕は必ず砂糖を入れます。

小さじ1杯もあれば十分です。

さらに、ナンプラー(魚醤)も入れグツグツっとさせたら完成。

アライド タイ グリーンカレー

いや~、旨そうです。食欲を誘う、エスニックな香りが広がります。

具沢山に見えますが、一人でペロッと食べきりサイズです(笑)

やっぱり美味い(笑)

アライド タイ グリーンカレー

お皿に盛りつけます。

スープなので、どっからどう見ても日本人のカレー観とは違いますね。

アライド タイ グリーンカレー

火が通りやすいように小さめカットなので、柔らかく旨い鶏肉。

もちろん味は辛いんですが、辛さの中にふんわりとした甘さがあって、これが止められない旨さになるんです。

アライド タイ グリーンカレー

シメジ君も美味し~い。

ザクザクとした食感が良いですよね。そういえばトムヤンクンにもシメジを入れるよね。

アライド タイ グリーンカレー

もちろん、グリーンカレーだけだとお腹いっぱいにならないのでライスも食べます。

スープとライスの相性って意外と良いので、ご飯をスプーンですくってスープに浸して食べる感じです。

これが美味しくてご飯が進む進む(笑)

まあ、こんな感じでペロッとひと鍋食べきりましたが、汗だくです。

しかし、なんでこんなに美味しいんでしょうね???

たまに食べるからかな???

値段的にはグリーンカレーセットと食材込みで1,000円程度ですが、2人分の分量はあるので1人前500円くらいでしょう?

500円で、この味わいは悪くないですよ。『風が語りかける…旨い、うますぎる!!!!!!!』

次はイエローカレーを紹介するのでお楽しみに!!!!!

アライド タイ シリーズ

トムヤンクンも美味しいよ。

嫌いな人は大嫌いだったりするんですが、タイを代表するスープ料理トムヤムクンが結構好きだったりします。 最近ではカップヌードルでもトムヤ...

コメント

  1. しまる より:

    こんにちは。
    コシタツさんのタイ料理シリーズですね。
    ゲーン・キャオ・ワーン私もタイ在中時はよく食べてましたよ。
    キャオは緑、ワーンは甘いという意味のカレーですね。タイだとキノコはマッシュルームを入れるのが普通だったので、マッシュルームを入れるとさらに本場感が増すかもですね〜♪
    私自身はこのブランドのを食べた事はないんですが、嫁がタイ人なのでもっと本場(?)なのを食べていますよ!

    • コシタツ より:

      しまるさん、こんばんは。
      タイには行った事がないのですが、たまに出てくるタイシリーズです(笑)
      ゲーンキャオワーンってそんな意味だったのですね。賢くなりました。
      食べるとほのかに甘いですが、やっぱり辛いですよね。
      そうだ!!!マッシュルームがよく入ってますね。トムヤンクンにも入ってますよね。
      今度はマッシュルームを入れて本場感を出してみたいと思います。
      しまるさんの奥様が作るのは、それは本場ではなくて本物ですよ(笑)

      • しまる より:

        あと、ナスもタイだとゴルフボール大の緑のナスを入れるんですが、こればっかりは日本では売ってないですからね〜

        次のタイシリーズも楽しみにしています!

        • コシタツ より:

          タイ料理専門店で出てくる、よく分からない野菜の仲間ですね(笑)
          たいしてレパートリーはありませんが、子供と一緒にアライドシリーズのイエローカレーを作ったのでいずれ記事にする予定です。