30歳過ぎたら転職する前に「思い直すべき5つの事」

30歳を過ぎてから転職しようと考えている人は、もう1度考えなおしたほうがよいと思います。失敗だらけの転職を繰り返したコシタツからの提案です。

さらに底辺層のネームバリューも企業ブランドも無い会社に勤めている人なら、せめて100回くらいは考えなおしてからでも遅くないと思います。

既に次の就職先が見つかっている人は、これから先は読まなくて結構です。

しかし、就職先が決まっておらず、ハローワークで転職先を探そうとしているのならば今の会社に留まった方がよいと思います。現在、底辺層の企業にお勤めなら特にです。

でも、なぜ???なのかをこれから説明していきます。

転職

スポンサーリンク

なぜ辞めたいのか?

まずはこの部分をしっかり考えることが重要です。この部分でしっかりと答えを出してから転職しないと、新しい会社でも同じことを繰り返すことになります。

仕事を辞めたくなる代表的な5つの要因をあげてみました。

  • 仕事が嫌い
  • 給料が安い
  • 休みが少ない
  • 人間関係が面倒くさい
  • 上司がバカ

この他にも会社を辞めるのに理由なんかはいくらでも見つけられますが、転職を考える人のほとんどがこの5つの要因のどれかに当てはまると思います。

今の仕事を辞めてしまうと後戻りできません。

ここで、現在の自分が置かれている状況を少し冷静に考えてみる事が重要なんです。

仕事が嫌い

30歳を過ぎてから仕事が嫌いとか言っているようでは、一生自分に合った仕事を探し続けて下さい。人生の求職者。下らないですね。おそらく自分に合った仕事は一生見つかりません。

仕事に自分を合わせて下さい。

やりたい仕事が本当にある人、人生の目的がハッキリしている人は、30歳過ぎるまで無駄な時間を過ごさずにどんな手を使ってでも、がむしゃらにやりたい仕事に潜りこんでいるはずです。

これが出来なかった時点で、本気でやりたい仕事や好きな仕事なんかは最初からないんです。本当のところは、なんとなく楽しそうに見える仕事や、楽そうに見える仕事がうらやましいだけなんです。

図星でしょうか?意外とそんなもんです。

そんな人は、今現在、目の前にある仕事を好きになってやるしかありません。仕事を与えてもらえているだけ感謝しましょう。

自分ではブラック企業だと思い込んでいても、一緒に働いている人はどのように感じているかは分かりません。仕事に対する視点を少し変えるだけでも、働きやすくなったり、働きにくくなったりするものです。

給料が安い

これはしょうがないですね。期待されている仕事をこなせていないのか、単純に能力が足りないのか、自意識過剰なのかです。

営業でも現場でもエース級の人と客観的に比較してから考えましょう。

転職したところで今以上の給料がもらえる保証はないです。

求人欄の基本給ほどあてにならない物はありません。上司・社長の腹づもり一つでいくらでも変えられます。

求人欄の基本給って、150000円~300000円なんてかなり幅広く設定されていますが、普通に最初から300000円貰える人なんていません。上限の給料なんて、相当に仕事が出来る経験者のみで、中途半端な人材はいいとこ200000円前後もらえれば御の字でしょう。

転職する前は、自分だったら大丈夫だろう、この位の給料は貰えるはずだろうなどと、根拠のない自信や期待で胸を膨らませがちですが、企業の面接担当者はそんな人材を山ほど見てきています。

なので、転職を考え始めたら一度は上司と給料について相談するべきです。上司がダメそうなら、もう一つ上の上司や、小さい会社なら社長に直接掛け合うのも手段です。

怖がってもしょうがないので、勇気を出して聞いてみましょう。

理解のある上司や社長でしたら、自分の現状について客観的な説明があるか、給料に対しての納得のいく説明があると思います。上手くいけば給料が上がる可能性もあります。

逆に、仕事に対して足りない部分を指摘されるかもしれませんが、それは至らない部分なので謙虚に受け止め努力する必要があると思います。

もし、真剣に取り合ってくれなかったり、他の社員もこれでやってるんだよと突き放すようなら転職について本気で考え始めてもよいタイミングです。

会社を辞める覚悟があるなら、一度は相談すべきです。

これで、好転したら働き続ければいいし、これが原因でモラハラやパワハラされるようなら、そもそもダメな会社なので転職活動を始めればよいだけですから。

休みが少ない

休日数と給料は反比例の関係な会社が多いので、いずれ給料に不満が出てきそうです。

多い休みを使って副業とかを考えているのなら、低賃金だが拘束時間の短い休みの多い会社で問題ありませんが、高賃金で拘束時間の短い休みの多い会社なんかはほとんどありません。

ただし、低賃金で拘束時間も長く休みも少ない会社は、どうしてもやりたかった仕事や、将来的な可能性を感じている仕事以外でしたら、ライフタイムを削ってまでしがみつく必要は無いので、さっさと転職を考えるべきです。

人間関係が面倒

どんな会社にいっても人間関係はついて回ります。

1人で運転しているようなトラックドライバーも、深夜の単純作業の仕事も、一匹狼を気取った芸術家だって、個人事業主としてフリーランスになったってそうです。

一人ぼっちで働いて稼げる仕事なんてないんです。

どこかで必ず人間関係が出てきます。

ましてや今の会社で上手く立ち回れなかった人間が、よその会社に移ったからといっていきなり別人になれるわけでもありません。

さらに小さい会社になればなるほど、人間関係は濃密になっていきます。

オフィスが小さいため、嫌でも常にそばに人がいるわけですから。極端な話、常に社長や上司に見られている状態です。

しかも毎日毎日、同じ人間しかいません。運良く相性が良ければ幸いですが、そんなことはほとんどなく、その為だけに転職を繰り返すわけにもいきません。

新しい会社に半年も居れば、その人の持つ性質なんてある程度は分かられてしまうものです。結局、自分自身を客観視できずに上手くいかないのを、人のせいにして逃げているだけなんです。

なので、自分を人に合わせましょう

よっぽどの能力がある人は別でしょうが、中途採用の新人に、ご機嫌を伺う上司や先輩なんて世の中いませんよ。

上司がバカ

馬鹿な上司を上手く扱えない奴がバカ。

上司の事を馬鹿な奴だと見抜いているのなら、そんな上司を上手くコントロールできない方がよっぽど馬鹿な事に気付いていないんです。

もっと下手に出るなり、おべんちゃらを使うなり、太鼓持ちに徹してみたり、茶坊主の真似事をするなりして、上司の性質にあった方法で上手くコントロールする術があるはず。

与えられた仕事もまともにこなせずに、腹の中で文句を言って上司をバカ呼ばわりしても無駄です。

与えられた仕事をこなせるようになってから、上司や先輩に意見しましょう。

自分の中だけに存在する、理想の上司なんて存在しません。

ただし、あんまりにも常識から外れている様なパワハラやモラハラを繰り返すような上司や、いじめに近い仕事を押し付けたり、それを強いるような同僚がいるような職場は問題です。

あまり我慢していると精神的に参ってきますし、うつ症状になる可能性もあります。

うつ症状は治療を間違えると長引くし、一歩間違えると自殺に至る病です。うつ症状はなったことのない人にはまったく理解できない、分からない症状です。

酷くなってしまってからでは遅いです。そんな時は早めに転職を考えた方がよいかもしれません。

人生も仕事もリセットできない

転職を繰り返す人たちって、どっかでリセット願望があるのかもしれませんね。

上手くいかないのは自分のせいでは無く、周りの環境のせいにしちゃって、職場を変えれば今度は上手くいくかもしれないと勝手に期待しちゃっているのでしょう。

もちろん転職できれば環境はリセットできるが、肝心の自分人身はリセットできないから同じことを繰り返しちゃうんです。

で、どんどん歳ばかりとっていっちゃって、いよいよ転職先は見つからないし、中途半端なスキルしか身に付いてないからいつまでも雑用扱いで、最後は使えない人になっちゃいます。

若いうちは分からないのですが、歳を取ると物覚えや理解力が悪くなるし、体力も減少していきます。そして、ある程度の年齢になれば会社もそれなりの能力や技術、技能を要求してくるものです。

だからこそ、若いうちのどこかで自分自身にクサビを打ち込む必要があるんです。

いろんな意味で転職は、30歳代がギリギリでしょうか?

ハローワークの40代は悲惨

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s

仕事のできる人は仕事をしているうちに次の仕事を見つけられますが、出来ない人はただ単純に辞めちゃうだけです。辞めてからハローワークに行って、また同じような仕事を見つけて、2~3年働いたらまた同じような状態になっちゃうんです。

僕の働いている会社でも求人をかけていますが、ハローワークから送られてくる40代の方たちは、転職歴だけは豊富ですが、気も効かず、コミュニケーション能力もおぼつかず、結局使い物になりません。

良さそうだと思って面談しても、これから働こうとしている本人に働く意思があまり感じられないのも問題です。

もちろん履歴書を送り返して終わりです。

まだ30代だから大丈夫とか、自分はたぶん違うだろうなんて甘い考えは捨てましょう。

転職するたびにスキルが上がって、前の仕事よりも好条件になっていけば良いのですが、30歳を過ぎてからの転職だと岩が転げ落ちていくように、仕事の条件が悪くなっていきます。

30歳を過ぎると転職リミットはひたひたと背後に迫ってきています。

これだけは負けないと胸を張れる仕事のスキルはありますか?誰とでも話を合わせてコミュニケーションをとれますか?

そうじゃなければ、

転職を100回くらい考える前に、まずは100回くらい自分を見つめなおさないと、時間ばかりが虚しく過ぎていきますよ。

それでも転職したい時は

そんな事はない、自分はきちんと仕事をこなしているが、会社からの正当な評価を受けていないと感じることも結構ありますよね。

そんな時は「給料が安い」の項目でも書いたように、自分の部署の上司や、小さな会社だと直接社長に待遇について相談してみるのも一つの手段です。

そこで適当にあしらわれたり、会社に居づらくなったり働き辛くなるようでしたら、無理に頑張っても時間の無駄になるので転職を考えた方が良いと思います。

それもいきなり辞めるのではなく、現在の仕事をしながら次の仕事を探すのがベストです。

上司に相談する前にするべき事

自分を十分に見つめ直してみて、それでも転職した方がメリットがあると判断したなら、上司や社長に相談を持ち掛ける前に、ある程度の段取りをつけておく必要があります。

仕事を辞めてからハローワークで探せばいいやなんて、最悪です。

年齢的に30歳以上になると、求人数はどんどん減っていくかわりに、求められるスキルはどんどん上がっていきます。

面談中の男女

まずは、現在の自分の能力を客観的に判断したいのら、ワークポートの転職コンシェルジュに相談してみるのも良いと思います。

自分の能力って自分ではなかなか判断できないものですし、意外な面が見つかるかもしれません。

現在の仕事を辞めることなく無料で相談でき、個別面談すれば自分が置かれている状態や働きたい職種について客観的に整理できます。

もちろん希望する職種が見つかったら、転職コンシェルジュが履歴書制作まで親切丁寧にバックアップしてくれます。

これら全て、仕事を辞めることなく、会社に知られる、知らせることなく進められるのが最大のメリットです。

一人ぼっち不安の中で、やみくもにおかしな履歴書やダメな書き方のエントリーシートを送ったりと、場当たり的な戦略の無い転職活動するよりも格段に心強いはずです。

もちろん、思っていたのと違うとか、現在の職場で進展が見えた時はそのまま辞めても構いません。

無料相談登録自体は数分で完了しますし、登録後、当日~3日以内にワークポートより連絡があります。

転職を考えるのであれば、登録くらいはしておいて損は無いと思います。

人生の中で仕事は一生ではありませんが、年老いるまでの大部分を占めています。後悔しない転職の為にも、出来る事はなんでもして最善を尽くしましょう。

詳しくはこちら、ワークポートの転職相談サービス

会社を辞めるのは次の仕事が見つかってからです。

もちろんハローワークは最終手段です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク