パナソニックの洗面台のシャワーホースが壊れたので、新品に交換するの巻き

うーーーあーーーー…

嫁からなんですが、パナソニックの洗面台下の収納ボックスが水浸しになってるからなんとかしろとの指令です。

水浸しって?なんだよそれって感じでさっそく調査にあたったコシタツ調査員なんですが、衝撃の事実を知ることになりました。以下に続く。

スポンサーリンク

シャワーホース CQ853B03KZZの交換方法

そういえば最近、洗面台のシャワーの出が悪くなっているような気がしていたんですよね。

コックを全開にしても以前のような勢いがなく、それとなくソフトな感じに水が出ていたので変だなって思っていたのですが、これはこれで優しくて良いなぁなんて呑気に構えていたら酷いことになっていました。

原因はホースの劣化

パナソニック CQ853B03KZZ 交換

とりあえず水漏れの原因を探します。

ホースを引っ張り出して水を出してみると、シャワーヘッドの根元から水が『ぼじゃー』と漏れだしいるのを確認しました。

おそらく金属のジャバラの内側にあるゴムホースが経年劣化したのだと考えられます。

12年以上は確実に使っています。

洗面台の下には漏れた水受けがある

パナソニック CQ853B03KZZ 交換

洗面台の下にはこんな感じで、漏れ出た水を受ける容器があります。

シャワーヘッドから漏れ出た水はノズルを逆流してこの容器に溜まります。

しかし、この容器は満タンになっても排水口に水を逃がす機構はなく、満タンになったらひたすらに溢れだすクソ仕様なんです。

容器に書いた青い横線がリミットラインで、それ以上は溢れます。溢れた水は収納ボックスを水浸しにして、それが外に漏れだしたら初めて気が付く仕組みになってます。

パナソニック CQ853B03KZZ 交換

洗面台下の収納には石鹸やシャンプー、タオルなどのストックが大量にしまっていたために、水漏れに気が付くのに時間がかかってしまったようです。

気が付いた時には収納の底板はふやけきっていて、それを剥がすとフローリングの床板までふやけていました。

最低です…

ホース交換は、ワンタッチジョイントも交換すべし

パナソニック CQ853B03KZZ 交換

早速インターネット通販で購入します。

スゴイ時代になったものです。こんな補修部品まで簡単にインターネットで購入できます。

パナソニック CQ853B03KZZ 交換

補修部品の調べ方は、洗面台の下の収納ボックスに貼ってある品番をそのままググれば交換ホースの品番が出ているサイトがヒットします。

後は、一番安い場所を探して購入するだけです。

ちなみにホースの定価は税別8200円です。サイトによっては定価よりも高い値段で販売しているショップもあるので注意して下さい。

ホースにも種類があるので、必ず調べて適合を確認してから購入して下さい。

購入したホースのパナソニックでの詳細です。CQ853B03KZZ

ホースを外す前に元栓を締める

パナソニック CQ853B03KZZ 交換

ホースを外す前に水とお湯の元栓を閉じます。

水は右上のコックを締めます。

お湯は真ん中のトンガリを回して閉めますが、マイナスドライバーが必要です。

パナソニック CQ853B03KZZ 交換

マイナスドライバーでしっかり締めて下さい。

両方ともしっかり締めたらホースを外します。

シャワーヘッド、ワンタッチジョイントを外す

パナソニック CQ853B03KZZ シャワーヘッドを外す

シャワーヘッドはちょっと固いのですが、手で回せば外れます。

パナソニック CQ853B03KZZ ワンタッチジョイント交換

ワンタッチジョイントはちょっと手が入りにくい場所にありますが、オレンジ色の部分を下に引きながらひっこ抜けば外れます。長年使っていると固着している可能性があり、かなり固いです。

本来このワンタッチジョイントは再利用可能な部品なんですが、今回の交換で実際に再利用したらワンタッチジョイントから水漏れを起こして大変な目にあったので、予算に余裕があればホースと一緒に購入するのが手間がないです。

パナソニック CQ853B03KZZ ワンタッチジョイント交換

どうしても経年劣化で内部のゴムパッキンの弾力がなくなり、外したことで完全にダメになる事があるようです。

ホース交換、ワンタッチジョイント交換と2度手間でした。

パナソニック CQ853B03KZZ ワンタッチジョイント交換

ワンタッチジョイントはきつく締まっているので、外す時はプライヤーでしっかり固定してから外すと簡単です。

パナソニック CQ853B03KZZ 交換

全て外したら上から抜き出せます。

抜きにくい時はホースの角度を調整しながら抜けば上手くいきます。

取り付けは逆の手順で

ホースの取り付けは逆の手順でやればうまくいきます。

ホースに付属の説明書をよく読めば失敗が無いと思います。

何度も書きますが、ワンタッチジョイントは交換しておいた方が安心です。

取り付けのポイントは、ワンタッチジョイントは手できつく締める事と、しっかりとカチッとなるまで差し込むことでしょうか。

全てに抜かりなければ元栓を開け水を出します。

水を出しっぱなしにして、水漏れチェックをして水もれが無ければ交換成功です。

パナソニック CQ853B03KZZ 交換

おまけですが、ブヨブヨになって剥がして捨てた底板の代りに透明なプラスチックの板で底板を作ってみました。

これで水が漏れてもふやけないし、固定していないので簡単に外せます(笑)

まとめと購入部品

面倒ですが自分でやれば工賃も出張料も発生しないので、補修部品の費用だけで修理できます。

今回の修理を業者に頼めば部品代込みで15000円~20000円程度の費用がかかったと思います。

ちなみに、部品代はホースとワンタッチジョイントで10000円弱くらいです。

調べて一番安かったのがヤフーショッピングのお店でした。Amazonよりも全然安かったです。

CQ853B03KZZ パナソニック シャワーホース

ワンタッチジョイントの同時購入をオススメします。

CQ773B13 パナソニック ワンタッチジョイント

比較用にAmazonも載せておきます。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. TK より:

    U型の排水パイプがかなり下がってきてますよ
    うちはここから排水が漏れ出しました
    多分ナットが緩んでると思われますので、あげて締め直しがいいと思います

    うちはシャワーヘッドからの水漏れじゃなく、
    水栓を開け閉めするカラン本体のパッキンが悪く、蛇口から水が止まりません
    もちろん、パナは古いタイプなので在庫なし、代替え推奨でした

    • コシタツ より:

      TKさん、ご指摘ありがとうございます。
      実は修理後に嫁が指輪を落として取り出した際に直しておきました。

      見える側に水漏れしてくれれば良いのですが、見えない方に漏れると気づくのも遅れるし、何かと厄介です。
      新品交換はコスト高ですが一番安心ですよね。