1人キャンプの食事は『カレー飯』が捗りすぎる

最近になって某お笑い芸能人のおかげなのか、テレビやメディアなどで1人キャンプがクローズアップされるようになってきました。

これは本当に良い傾向だと思います。

キャンプってみんなでワイワイやるのも楽しいんですが、どうしても周りに気を遣わなければならないし、食事もBBQのように大勢でも食べられるような大雑把な料理になりがちです。しかも、大げさにやると後片付けも超面倒だったりします。

しかし、1人キャンプなら誰に気をつかう事もなく、食事も1人でこだわり抜いた食事を楽しむことができるんです。

そんな1人キャンプ歴20年のコシタツが、1人キャンプに超オススメするキャンプ飯を紹介します。

スポンサーリンク

カレー飯でよくないっすか?

おまえふざけてんのかって声が聞こえてきそうなんですが、いたって真面目です。

もちろんかつては1人キャンプでもご飯を炊いたり、パスタを作ったり、お肉を焼いたり、味噌汁作ってみたりと、創意工夫を凝らして楽しい夕食タイムを満喫するのに努力をしていました。

しかし、時代は進んでいるんです。

熱湯注いで5分で完成。しかも、美味いしカップラーメンじゃない!!!!!

そう、カレー飯が最高に便利でお腹いっぱいになるんですよ(笑)

1人キャンプでカレー飯

お湯だけ用意すればOK

カレー飯を食べるにはお湯だけ用意すればオールOK。

もちろん、お箸やスプーンは必要になりますが、基本的にお湯が用意出来ればスグに食べられます。

なので、ガスボンベと小さなコンロ、それと小さめのケトルか鍋があれば後は用意する必要はありません。

僕が1人キャンプの時に持っていく装備を紹介すると、

  • イワタニ ジュニアバーナー
  • 100均 ガスボンベ
  • 蓋つきの小さな鍋

これだけです。

まあ、このキットだけは何時いかなる時でも1人キャンプに出かけられるように常に車に積んであります。

水は日本だったらどんな所でも確保できるので積んではいませんので、コンビニで2Lのペットボトルを購入するのがほとんどです。

1人キャンプでカレー飯

天気が良ければ星空を見ながらお湯を沸かして一人ぼっちの時間を満喫するんですが、天気が悪かったり時間的に遅すぎる場合はこんな何時で車の中で過ごします。

車内で火を使うのはかなり危険なので、真似する方は注意して下さい。

カレー飯はカレールウと飯

1人キャンプでカレー飯

カレー飯の中身です。

薄暗い車内で、スマホカメラでの撮影なのでかなりブレブレです。

カレー飯の中身はカレールウと、アルファ米に似たお湯を注げば炊いたお米の食感に近くなる不思議なお米の元が入っています。

お湯の量は230ml必要で、多くても少なくてもぶっちゃけ食べちゃうんで問題ないのですが、内側の線まで入れるのがデフォルトになります。

1人キャンプでカレー飯

お湯を注ぐと泡立ちます。

後は蓋をして5分ほど待つだけです。

その間にビールを飲んだりおつまみを食べたり、はたまたボケっとした時間を過ごします。

結構なボリューム。カレー飯

1人キャンプでカレー飯

5分経ったら蓋を開け、お箸でグルグルとかき混ぜます。

グルグルとかき混ぜるのがポイントで、こうすることで粘度の高いカレー雑炊のような…カレーライスのカレールウとライスをぐちゃぐちゃに混ぜ込んだかのような見た目になります。

食べてみるとかなりスパイシーで、カップヌードルカレー味とは全く違う趣です。

しかも、ドロッとしているので食べてる感が強く食感もよく、食べきるころにはかなりお腹も満たされます。

もしカレー飯1杯で足りなければもう一杯食べるか、カレー飯の空いた容器でカップヌードルリフィルでも作れば洗い物もなく超エコロジーだったりします。

まとめ

コシタツは年に4回くらいは1人ボッチキャンプをするんですが、最近はもっぱらインスタント食品ばかりです。

なかでもカレーメシは大ヒットでした。

ホントに最近のインスタント食品は美味しいし、値段もお手頃なので便利に使っています。

カレー飯以外でも、スープマカロニなども安くて美味しいし、カップ麺を食べるよりも洒落てます。足りなければ2個食べればいいんです(笑)

1人キャンプを検討中の皆さん是非お試しあれ。

ビーフの他にチキン、シーフードなどもあるので、飽きずに食べられます。ってか、カレーって何時食べても外れが無いし、国民食みたいなもんですから(笑)

どん兵衛には釜めしなんかもあって、アルファ米よりも安いのでお試しあれ。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク