オンラインゲームするなら『NURO光』をおすすめする理由

NURO光を導入してから、インターネットオンラインゲームやAmazonプライム動画をやりまくり、見まくりのコシタツです。

これから、オンラインゲームをしたい!!!動画を見て楽しみたい!!!って方は『NURO光』にしておけばとりあえず間違いないと思います。

NURO光がオンラインゲームに最適な理由

スポンサーリンク

オンラインゲームなら『NURO光』

個人的にNURO光を使っているのもありますし、今までがADSLだったので実は他の光回線でも問題ないのかもしれませんが、やっぱりNURO光をおすすめします(笑)

もしかしたらNURO光ユーザーでも遅くてたまんねって人がいるかもしれませんが、居住地域やマンション・戸建てで変わるのかもしれないのでご容赦下さい。

オススメ理由その1 ダウンロードが速い

ゲームのダウンロード時間が速い!!!!

最近のPCゲームやPS4ゲームのデータ量は半端じゃなく大きいです。

ちょっとした大作ゲームになると、50GBや60GBくらいは当たり前にあったりします。これをダウンロードするとなると、遅い回線ではいつまでたってもダウンロードが完了しません。

あんまり遅かったりすると、応答がありませんってなってダウンロードに失敗し、時間を無駄にする可能性もあります。

NURO光を使っも失敗する可能性はあるかもしれないが、今のところ僕は失敗していないし、子供のPS4でも失敗は無いです。

まあ、2人合わせても10本程度だが…

Twitterからの引用ですが、どんな理由だが分からんがダウンロードが進まないし失敗しています。NURO光を使っている可能性も否定できないが、もしかすると違う光回線が理由なのかもしれないです。

ちなみにNURO光だと、PS4のプレイステーション・ストアからのダウンロードで15GB程度だとWi-Fi接続でもお風呂に入ってる間に終わります。

およそ20Mbpsの速度でダウンロードできます。

PCの場合ですと、UBIソフトやSteamからのダウンロードになりますが、イーサネットケーブル接続でも速度はWi-Fi接続とそれほど変わらずに10~20Mbpsでのダウンロード速度になります。

なので、50GB程度のゲームだとおよそ1時間前後でダウンロードできます。

オススメ理由その2 PINGが速い

他の光回線は知らないので根拠はないんですが、NURO光のPINGは速いです。

PINGとは、サーバーと通信端末との応答速度の事です。

オンラインゲームですと、PCやPS4などのゲーム端末とゲームサーバーとの応答速度になります。

このPINGの値が小さければ小さいほど応答速度は速く遅延を感じる事無くゲームできますが、PINGが大きいほど応答時間がかかるためにラグを感じるようになります。

単位はms(ミリセック)で1/1000秒で表します。

オフラインでゲームするなら全然遅くても問題ないのですが、オンラインゲームでのマルチプレイや、特にFPSゲーム(ファーストパーソン・シューティングゲーム)と呼ばれる主人公視点で敵をバッタバッタと倒しまくるゲームはPING命といっても過言ではありません。

NURO光でWi-Fi接続のPING

PING

画像は夜11時ごろの回線がいちばん込み合いそうな時間帯に、スマホからNURO光ONUホームゲートウェイにWi-Fi接続してSPEEDTESTした結果です。

5ms出てますね。これはかなりかなり速い部類になります。

ちなみに50ms以上になると、ラグが酷くゲームによってはプレイがままならなくなります。

子供はPS4でマルチプレイオンラインゲーム『Rainbow Six Siege』をやってますが、ラグなどは特に感じないでサクサク遊べると申しております。

ダウンロード速度はイマイチな感じがしますが、オンラインゲームではダウンロード速度はそれほど重要ではなく最低5Mbpsくらい出ていればゲームは出来ます。

NURO光でLANケーブル接続のPING

PING NURO光 イーサネットケーブル接続

画像はブログ用兼ゲームマシンである自分のPCからNURO光にイーサネットケーブル接続でSPEEDTESTした結果です。

3ms出てます。激っ速ですね(笑)

ダウンロード・アップロードの速度も1Gbpsに迫りますwww

何度やってもほぼ3msで、PINGも超安定してます。

もちろん、サーバーの位置が遠くなればなるほどPINGの速度も遅くなりますが、国内サーバーだったらそれほど変わらないと思います。

PCゲームなんかの世界共通サーバーは、海外にサーバーがあったりするので、この場合だと距離がものすごく遠くなる可能性があり、PINGが遅くなる傾向です。

もちろんゲームサーバーの性能や混雑具合でもPING速度は変わりますが、NURO光の基本性能の高さは感じてもらえるはずです。

オススメ理由その3 基本料金が安い

NURO光の基本料金は、他の光回線大手に比べてもかなり安い設定になってます。

2年契約での光回線大手3社との比較になりますが、無線LANにプロバイダ料金が込々のパッケージ料金になってるのはNURO光だけです。

NURO光 IIJmioひかり フレッツ光 ソフトバンク光
ネット回線 4743円 4960円 4600円 5200円
プロバイダ 0円 0円 500円~ 300円~
無線LAN 0円 300円 0円 別途購入
公式キャッシュバック 30000円 なし なし なし

ただ、関東地区限定サービスになるのと、マンション・アパートなどの集合住宅では加入条件が厳しいのが難点なんですね。

詳しくは、僕がNURO光を導入して良かった点、悪かった点を詳しくまとめた記事がありますので是非参考にして下さい。

NURO光を実際に契約して分かった『オススメする3つの理由』と、『注意すべき2つの理由』
ヤフーADSLからNURO光に切り替える際にやったこと、分かったこと、気付いた事をNURO光を検討中の方になるべく分かりやすい形で記事にして...

もっと詳しく料金プランや導入条件を知りたい方は公式サイトNURO 光で調べてみてください。

個人的には、ホントにもっと前から入っておけばと後悔しています。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク