底辺製造業で年収400万円の壁を超える人の共通点とは?【零細企業に転職する前に知っておきたいお金のこと】

間口は広いが甘くはない。越谷タツヤです。

キツイようですが、最初に言っておきます。

まず底辺零細製造業が転職の選択肢に入ってくるような人材は、そもそもなんのスキルも人脈も持たない人間がほとんどなので、年収400万円の大台を超えるのは相当難しいと考えられます。その業種にあったスキルや得意先などを持っている人間でしたら越えることは可能と思います。

ただ、そんな使える人材はそもそも転職する必要がないし、企業も手放さないと思いますよ。

スポンサーリンク

底辺零細製造業に転職して年収400万円以上を稼ぐことが出来るのか?

旋盤と作業者

それでも頑張って年収400万円以上を可能にしてみる

一番手っ取り早いのは、社長の娘と結婚して婿に入る。ほぼ確実に年収400万円は越えられそうです。ただ、将来的に5000万円くらいの借金の保証人になる可能性は高いです。

業績がよい時は大丈夫でしょうが、ひとたび売り上げが落ち込んでいくとみるみるダメになっていくから、神経がしょぼいと首吊っちゃう可能性はありますね。

次に、求人広告でなんとか年収400万円以上になりそうなところを探す。

年収400万円だと月に30万円貰ったとして、30万円×12ヶ月で360万円。残りの40万円はボーナスを期待してなんとか達成。

…ただいきなり何にも出来ない素人に月30万円も支払うボランティア精神旺盛な経営者はいないだろうから、そんな求人自体を探すこと自体が無理だと思います。

ただ就職自体は意外と簡単に出来るはずだから、ど素人が30代で転職して年収280万円くらいから始まったとしても、40代でなんとか400万円越えるかな?が一応の目安になるんじゃないでしょうか。

人がいないからカツカツ

とにかくひどい話になりますが、底辺製造業ってこんなものですよ。

なにしろ底辺零細製造業は、そもそも残業手当とか休日出勤手当てとかの労働基準法の概念が無いところが多いから、時間外勤務を頑張ったからどうにかなるものでもないですし、もちろんその他のインセンティブなんてもの発生しません。たまに社長から昼ごはんをご馳走になるくらいですか?それも怪しいな…

底辺零細製造業は工場内の見える範囲すべての出来事が会社の利益に直結しているので、逆にいえば工場以外の場所では利益はほとんど生まれないんですよ。だから使えない人材は要らないんですね。

誰か他の仕事の出来る社員に頑張って儲けを出してもらって…僕はちょっとのんびり手を抜いて…ぶら下がり社員で生きたいなんてのは無理なんです。使えない奴は何年たっても手取りで13万円くらいとかです。恐ろしいですね。

世間ではこんな会社をブラック企業とか呼んでいるようです。

やっぱり「工作機械を動かすスキル」が必要

やっぱりダメですね。いくら「ヒューマン・スキル」やら「コミュニケーション能力」があっても「工作機械を動かすスキル」がないと話しになりません。逆に言えば、コミュニケーション能力に多少の問題があってもこのスキルさえあれば転職しても、年収400万円は軽く超えられると思います。

もし機械を動かすスキルが無かったとしたら、手先の器用さ、感の鋭さ、応用力は必須だと思います。できれば若いほどよいです。歳喰ってからだと、覚えが悪いしぼんやりするしで危険です。

学歴はあんまりというか、ほとんど必要ないです。フォークリフト運転の資格と普通免許くらいはあった方が転職には便利です。

学歴は必要ないけどバカじゃダメ

ちょっと大げさに書きましたが、なにしろ仕事の出来ない人には厳しい業界ですからね。手が遅い、要領が悪い、仕事が雑は嫌われますから。賢い人は絶対にやらないが、あまりの馬鹿では出来ない仕事です。

学歴、学校歴、資格のぜんぜん無い人でもウェルカムな業界なんで、よかったら参考にして下さい。

僕の年収は聞かないでください…

30歳を過ぎてから転職を考えている人に伝えたい事です。転職歴4回以上の転職ベテラン?からのアドバイスです。

30歳過ぎたら転職する前に「思い直すべき5つの事」

人気の仕事記事です

30歳を過ぎてから製造業に転職を考えている人へ。現実は厳しいですよ

30代で『やりたい仕事がない』とかいうクズに、底辺労働者が答えてみる

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク