【断捨離】衣装ケースの簡単ではない簡単処分方法

ブログネタにしてはいませんが、着々と断捨離は進んでいます。

断捨離で人生が変わったり、好転したりはしませんが、余計な物が減っていくとリソースを無駄に消費しなくてよいので、ある意味生活が豊かにはなれそうです。

今回は着ない服を処分したので3段衣装ケースを使わなくなり、それの処分方法です。

簡単じゃない方法なんですが、道具があれば簡単です(笑)

3段衣装ケース

かなりの中古なので、リサイクルは考えません

スポンサーリンク

衣装ケースの解体方法

コシタツの住む埼玉県越谷市だと、衣装ケースは粗大ゴミでの処分になるんですが、50cm以下の長さにカットすれば燃えるゴミで処分できます。

このへんは自治体によって違うので、一度確認した方がよいと思います。

使う道具類

衣装ケースを解体して処分するための道具

衣装ケースを解体するための道具です。

  • ノコギリ
  • 金切バサミ

一家に1つや2つくらいは物置や押し入れに眠っていませんか?

道具類は断捨離してはいけまんせん。道具はクリエィティブなアイテムなので、使い方を限定しなければアイデア次第でいろんな事に使えます。

サクサク、ギコギコと切る

ノコギリで衣装ケースを解体して処分

3段ケースを手で分解できるところまでバラバラにしたら、ここからノコギリの出番です。

樹脂製のフレームをギコギコしてちょん切ります。

ノコギリで衣装ケースを解体して処分

カッターなんかで切り込みを入れてから「ポキッ」と折っても出来そうですが、ノコギリで切った方が早いです。

収納部分の解体

金切バサミで衣装ケースを解体して処分

この透明な引き出しがかなりの難敵なんです。

ノコギリでギコギコ攻撃は暖簾に腕押しで、力が逃げてしまい上手く切れません。

そこで登場するのが金切バサミです。

家庭用のハサミの数倍以上の剛性と刃先強度を持ち、0.6㎜の鉄板もカットできる能力を持っています。ちなみに僕が使っているのこのハサミ「テスキーS」は、エヌシキ製造で販売は世界の工具メーカーである三菱マテリアルが行なっています。

押し入れを探せば1本くらいは出てくるかもしれないので、探してみて下さい。

この金切バサミ「テスキ―S」でグニグニする引出しをグイグイ切り込んでいきます。

ポリカーボネート製の波板のカットにも重宝する切れ味を誇る「テスキーS」なので、こんな収納ケースなんて朝飯前ですよ。

ものの数分で解体終了

衣装ケースを解体して処分

途中、次男のお邪魔攻撃が入ったので時間が少しばかりかかりましたが、それでも10分とかかりません。

この後捨てちゃうんですが、気持ちがいいくらいにキレイに解体できました(笑)

衣装ケースを解体して処分

ゴミ袋に入れて処分完了です。

後は燃えるゴミの日に捨てるだけです。

道具があれば簡単ですが、道具が無ければ手続きが面倒でも粗大ゴミで出しましょう。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 日野 より:

    コシタツさん、こんにちは、私も、古い大きな、じゅうたんを、小さく、切って、何日かに分けて、処分しました、部屋の隅に、ずーと、立てかけていましたので、とても、すっきりして、いい気分です!、
    狭い家ですので、空きスペースは、重要です、でも、必ずそこに、ものが、増えます(笑)、私も、着ない服を、処分します。

    • コシタツ より:

      日野さんこんばんは。
      断捨離というか、使わない物を処分するとスッキリします。
      僕も大物は、何回かに分けて小出ししていますね。
      洋服もいつも気にいった同じものばかり着るので、1年間使わなかった衣類は処分しました。
      もちろん、空いたスペースは死守しないといけません(笑)

      ちなみに、今週末はオートバイレースの撮影に出かける予定です(^o^)丿