シマノ「STI」じゃ無いブレーキレバーブラケットの交換の巻き

まれに出てくる自転車ネタなんですが、基本的に自転車は好きでたまには乗ったりしています。

物を大事に長く使うタチなので、20年以上前に購入した自転車がいまだ現役だったりするんですが、ブレーキの握るゴム部分がベトベトになってしまったので交換してみました。

誰得?記事なんですが、もしかするとブラケットカバー交換で悩んでいる人がいるかもしれません(笑)

105 ブラケットカバー 交換

ベトベトだったので、カッターで切り取り捨てました

スポンサーリンク

ブレーキブラケットカバーの交換

現在のロードレーサーやスポーツサイクルのほとんどは、STIなるギアチェンジとブレーキ動作がまとめて出来るレバーになってしまいました。デュアルコントロールレバーって呼ばれる時もありますね。

まあ、このSTIの登場によって、国内サイクルコンポーネンツブランドの幾つかは市場から追い出されてしまった感はありますね。

105用は古いが現行品

105 ブラケットカバー
SHIMANO(シマノ) ブラケットカバー(左右ペア/ブラック)

なんとAmazonで販売していました。

ちょっと不親切な表示なので、はたしてこれが本当に適合するかが不安でしたが、親切なカスタマーレビュアーさんが、レビュー欄にBL-1055と書き込んでいたのでそれを信じて購入です。

105 ブラケットカバー 品番

品番は「Y86C98100」になります。

ブラケットカバーを交換する

105 ブラケットカバー 交換

新品で購入して以来、20年以上の時を経て初めて交換するんですが、レバー側からは装着出来ませんでした。

仕方がないのですが、バーテープを剥がし、ブレーキケーブルを取り外さなければならないようです。

105 ブラケットカバー 交換

20年の歳月は樹脂部分も劣化させています。紫外線での劣化でしょうか?

自転車は室内に保管していますが、カバーなどはかけていません。

105 ブラケットカバー 交換

新品のブラケットカバーをレバーのハンドル固定部分から差し込み「ムギュ、ムギュ」と入れていきます。

この時ブラケットカバーの左右を間違えないようにしましょう。ブラケットカバーにL・R印があるので確認しましょう。

入れにくいようでしたら、ケミカルは使わないで、ブラケットカバーを水で濡らすと入れやすいです。バーハンドルのグリップ入れの応用です。

105 ブラケットカバー 交換

無事に完了です。

後は、ブレーキを使いやすい位置に固定して、バーテープを巻きなおしたら完成です。

105 ブラケットカバー 交換

これで完成なんですが、ちょっと気になる事が…

このBL-1055ブラケットカバーなんですが、Amazonで1500円ちょっとします。

よせばよいのに交換してしまった後に、ちょっと調べてみると…

4000円弱で、ほぼそっくりなブレーキレバーを見つけてしまいました(笑)

レバー部分のSHIMANOの文字とレバーのカラー以外は形状も含めて同一品であるような気がします。

だったら、差額2500円でこれを買えばよかったと少し後悔です( ノД`)シクシク…

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク