『くのわき親水公園キャンプ場』は、子連れファミリーに優しく楽しいキャンプ場

コシタツの思いつきで実現した、息子長男小学6年生との男2人キャンプ旅の目的地は『くのわき親水公園キャンプ場』でした。

僕が住んでいる埼玉県越谷市からは、車で4時間ほどで到着可能なナイスな距離なんです。最近は新東名高速が出来たおかげでより近く感じますね。

で、旅の目的は大井川鉄道でSLに乗るだったんですが、目的は叶わずとも超素敵で快適なキャンプ場での川遊び、大雨、腹痛、ゲロ吐きと最高の2泊3日を過ごせたので大満足です。

くのわき親水公園キャンプ場 入口

スポンサーリンク

くのわきキャンプ場を紹介するよ!!!

なかなかこれだけ広くてフラットなキャンプ場って少ないと思います。

値段も良心的でオート区画サイト2500円、フリーサイト1500円と安いし、くるまの乗り入れも可能ですからね。那須高原のあたりだったら普通に4000円コースだと思います。

入口管理棟から紹介するね

くのわき親水公園キャンプ場 受付

キャンプ場受け付けは、ゲート式になっているので入場するには必ず通過しなければなりません。ただし、ゲートの通じるスロープは車がすれ違えないくらい狭い道幅なので、譲り合いの精神で注意して進入して下さい。

コシタツと長男は夏休みまっただ中なのに予約もせずに突撃したら、やはり予約いっぱいで一瞬断られたんですが、その時たまたまキャンセルが出て無事に泊まれました。

日頃の行いは大切だなと痛感した出来事です…(関係ないか?)

テントサイトは広くて超フラット

くのわき親水公園キャンプ場 案内板

番号が振ってあるのはオートキャンプ区画サイトで、向かって左側になります。ABCとアルファベットになっているのは車乗り入れ可能なフリーサイトになります。

くのわき親水公園キャンプ場 フリーサイト

で、このフリーサイトがかなり広くて地面も草・芝・フラットで値段も1泊1500円とかなりリーズナブル。

サイト内は直火禁止なので、たき火をしたい方はたき火台を忘れずに!!!

くのわき親水公園キャンプ場 フリーサイト

周りを見渡せば四方を山に囲まれているんですが、見通しは開けているので開放感もありキャンプ感は最高です。サイト内所々に立ち入り禁止の看板がありますが、それでも広大なサイトです。

川の隣のせいなのか水はけは良く、2日目の夜に雨に降られたんですがテントサイトに水溜りは出来てなかったですね。

オート区画サイト

くのわき親水公園キャンプ場 区画サイト

オートキャンプ区画サイトはこんな感じに玉石と生垣で区切ってあります。玉石が凹んでいる部分は駐車場になります。

区画サイトは大きさが結構まばらで、テントとタープを張ったら一杯かな?って場所もあれば、コシタツ親子が泊まった場所の様に頑張れば2家族泊まれんじゃない?って場所もあります。

サイト地面の注意点!!!

テントサイトは芝・雑草が適度に生えていて地面が快適なんですが、水はけを良くするためなのか、地中は粗目の砂利が敷き詰められていて、なにしろペグが刺さりにくい

テント・タープにおまけで付いてくるアルミペグでは力不足ってか役立たずの可能性が高いです。

今回はスノーピークのソリッドステークをタープのメインロープ用に持ってたので大丈夫だったのですが、それでもサブロープ用のアルミペグは長さも強度も足りずに3本死亡でした。

アルミじゃマジで刺さらないし曲がっちゃうしで、刺さっても短いとすぐ抜けちゃう。

このサイズが使いやすいです。

ちなみに、ハンマーもおまけハンマーじゃ刺さっていかないので、まともな金づちかペグハンマーを持っていきましょう。

炊事棟

くのわき親水公園キャンプ場 炊事棟

炊事棟はキレイに管理されていて気持ちいいです。炊事棟奥にはゴミ置き場があります。

ゴミは分別収集が徹底されているので、しっかり守って楽しいキャンプです。

トイレとシャワールーム

くのわき親水公園キャンプ場 トイレ棟

トイレとシャワールームが一緒になった建物です。この建物がキャンプ場内両端に設置してあります。

このキャンプ場は基本的に設備の手入れが行き届いているので、女性・子供でも安心して使えます。特に女性はトイレやシャワーが汚いと行きたく無くなる傾向が強いです。

トイレはキレイ

くのわき親水公園キャンプ場 トイレ

男子トイレになりますが、トイレ内はキレイです。個室はちょっと狭いですかね。

2日目の雨降りしきる真夜中に、2回ほどゲロゲロしに行くことになるとは到着当初は予想もしていませんでした。トイレがキレイだったおかげで快適にゲロゲロできました…

シャワールームもキレイ

くのわき親水公園キャンプ場 シャワールーム

3分100円の温水シャワーです。

水量も温度もばっちりで、ボタンで時間を止められるので男だったら100円あれば頭から体まで充分洗えます。

バーベキュー棟

くのわき親水公園キャンプ場 バーベキュー棟

別料金ですが、バーベキュー棟で手ぶらBBQを楽しめるらしいです。

奥に見えるのは、トイレとシャワールーム棟になります。

プチ遊具もありますよ

くのわき親水公園キャンプ場 遊具

本当にやる事が無くなったら遊具で遊ぶべし。

15分は時間つぶしが可能。子供だったら30分はいけるかな?

でもでも…夏はやっぱり大井川で遊びましょう!!!!

くのわき親水公園キャンプ場 大井川

くのわき親水公園キャンプ場の隣には大井川が流れています。

ビーチサンダルに履き替えて徒歩3分ほどで、川にたどり着きます。写真右の緑のもじゃもじゃしている場所がキャンプ場です。左側に見えるのが、川で遊んでいる人々。

くのわき親水公園キャンプ場 大井川

雨量によって変わると思うんですが、この日は流れも緩やかで川の深さも小6長男の腰ぐらいまでだったので安心して遊べました。

くのわき親水公園キャンプ場 大井川

水もキレイでしょ!!!

『川に入って遊ぶって言ってたから、家の近所の汚い川みたいな所に入んのかと思ってたけど、全然違った』

長男のセリフが忘れられません(笑)

くのわき親水公園キャンプ場 SL

川からはSLも眺められます。

SLだったり、トーマスだったり、ジェームスだったりと楽しいです。もちろん、普通の電車も走ってますよ。

観光名所、塩郷の吊り橋

くのわき親水公園キャンプ場 つり橋

キャンプ場から徒歩5分ほどにある『塩郷のつり橋』です。

橋長220mとかなり長く、さらに橋の両端が上っているので迫力があります。見ると渡るでは全然趣が違って、ねじれるように揺れるのでそれが結構怖いですよ。

この橋を渡れば大井川鉄道塩郷駅へのショートカットになります。

場所など

ゴールデンウィークや夏休みなどの連休は予約した方が無難です。

入場料とサイト使用料は別なので注意が必要です。詳しくはくのわき親水公園キャンプ場を見て下さい。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク