【HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro】液晶保護シート、カバー、SDカード32GBのインプレ

『HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro』を少しでもキレイに長く使うために、液晶画面保護シートと、落下保護用のカバーを購入しました。

それと、外部ストレージ用にmicroSDカード32GBも同時に購入です。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro  保護カバーとSDカード

スポンサーリンク

MediaPad T2 7.0 Proを守る為に購入した物

値段だけで考えれば、25000円以下で販売されているエントリークラスのファブレット(今時呼ぶか)?なので、それほど高価な物ではないんだけど、物は長く大切に使うが信条のコシタツなので、傷つけて凹む前にこれらを取り付けてみました。

Amazonでもかなり安い部類に入るのでサクッと購入です。しかし、こんな物がこの程度の値段で手に入るなんて、いい時代になったものです。

【TopAce】強化ガラスフィルム 硬度9H 超薄0.33mm 2.5D

送料がかかるのが痛いのですが、値段が安いし評価も悪くないのでサクッと注文です。

いい時代です。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro 保護ガラス

中身はこんな感じで、強化ガラス製の液晶保護シートの他に、脱脂用のアルコールペーパーとふき取り用の小さな眼鏡クロスみたいなのが入ってました。

親切に保護シートの位置決めシールも入っていましたが、今回は使わなくても問題無く貼れました。

注意点をいくつか

アルコールペーパーはかなりビチャビチャしているので、しつこく拭くとアルコールが揮発したあとが残るので気を付けて下さい。その後に、丁寧にクロスで拭けばキレイに消えますが、ちょっと手間がかかります。

保護シートのサイズは、本体液晶とほぼピッタリサイズです。上下左右で1㎜も隙間が開きません。

見栄えはかなり良いのですが、その代り貼り付けにはかなり神経を使います。不器用な方は器用な人に頼むか、位置決めシールを使って頑張って貼り付けて下さい。

指滑りも滑らかだが、指紋は目立つ
HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro 保護ガラス

見づらいけど貼ってあります

指の滑りは貼る前よりも滑らかに滑らせます。素の液晶画面はイマイチ指滑りがよくなく、途中で引っかかったりしていたのですが、それがほとんどなくなりました。

でも、ガラス製だけあって指の脂は目立ちます…

【TopAce】極薄 ソフト クリア 落下防止 耐スクラッチTPU ケース(クリア)

落下防止には役立ちませんので気を付けて下さい。落っことした後に役立つはずです(笑)

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro カバー

一回り大きくなります。それと、ちょっと重くなるかな…

サクッと取り付けました。柔らかい樹脂で出来ているので、本体を押し込めばすんなり入ります。

クリアがポイントで、キレイな水色を隠すことなく使えます。ただ、使ってると紫外線焼けして、茶色っぽくなっていきそうな気がします。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro カバー

指紋認証ボタンは普通に使えますよ

カバーに厚みがあるので、左のボリュームボタン、中央の電源ボタンは少し押しにくくなった感じです。右の指紋認証は適度にえぐれているので、不便さは感じません。

値段以上にしっかりした作りに好感が持てます。

ちなみに、SIMカード、SDカード取りだしは一度カバーを外さなければ取れません。

Transcend microSDHCカード 32GB

デジタル一眼レフでも使っているトランセンドのSDカードです。

タブレット本体は128GBまで使えるらしいのですが、128GBのSDカードになると4000円オーバーなので、ここは値段とのバランスが良い32GBをチョイス。

Class10 UHS-I対応なので、高速書き込み読み出しができるはずなんですが、僕の使い方だとそれほどのメリットは感じられないかもしれません。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro SDカード

一応SIMは2スロットになるけど、結局SDカードでつぶれるので、結局は1スロです

SDカードのスロットはSIMスロット共有なので、こんな感じで差し込みます。

差し込めば勝手に認識してくれます。これで、Amazonプライムのダウンロード可能映画をダウンロードして、何時でもどこでも映画が見れますね。

内部メモリーを映画データの為にリソースを割かなくてもよいので、やっぱり外部ストレージは便利です。32GBだと、SD画質で普通の長さの映画なら、20本くらいは保存できそうですね。

使ってみた感想
『HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro』は普段使いに最適な7インチタブレット
この値段で、この性能なら文句なしですよ。 なんたって24000円台で、SIMフリーで電話が使えて、LTEで通信出来て、画面はキレイで、...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 大阪のパン粉 より:

    ・初めまして、こんばんわ。
    ・この機種を昨日、入手しました。
    ・きちんと買った…というのも正しいのですが、歯切れが悪いのも話せばながーい理由があります。

    ・2013年12月に、当時、携帯電話のWiFi通信をしていた自分は、スマホ専用サイトが多くなって、携帯ネットでは見れないサイトが多くなりました。
    ・それで、一年間に支払うネット代を計算すると、大体、¥19800円前後となるので、それなら、通信系すべて解約して電話だけにして、通信はタブレットを、と。
    ・でも当時は、カメラなんてデジカメがあるんだから不要と、Nexus7(2012)を購入。
    ・その時、長期3年間保証(+5%)に入りました。 byケーズデンキにて。
    ・で、保障期限が近づき、2年過ぎから色々不具合が出てきて、いまや
     ▲起動に35分以上掛かる▲起動してもランチャーもUIも応答なしで勝手に再起動
     ▲無視して進めても、途中で固まる・・と。
    ・ASUS社は特に、修理は初期化をした上で修理を依頼する必要があるとネットで知識を得ました。
    ・その上でも治らないので、長期3年間保証として購入店で修理に出しました。
    ・・・購入金額が購入代金以内なら何度でも修理できるけど、超えた時は実費で・・しかも、見積もりだけでキャンセルすると、キャンセル費用¥5000円かかります。

    ・して、結果は、お店側より、「¥28800円前後掛かると。それで、修理規定により、お店の新品との交換で」と提案されました。
    ・「え・・約3年使って壊れて、なのに新品と交換してくれるの!?」とびっくり!
    ・何かのモジュール故障、タッチ反応が悪い・・など何か入ってた気がします。

    ・ネット情報であるので真偽わかりませんが、メーカー保証においても、一部の部分は海外では保証ができても日本では保証外だとか。
    ・そういう事情があったのか、わからないけど。

    ・で、当時と違い、今はもう、タブレット端末のカメラの重要性(撮影以外に)や、WiFi専用機では屋外通信がつらい!(天気・現在地・地図が最重要の利用)
    ・だから、データ専用でいいので、SIMフリー機種限定、と。

    ・で、ZenPad7.0SIMフリーと、このMediaPad T2 7.0Proでした。
    ・ネットで色々な情報や一長一短を集めたものの、実機デモ機をどこも置いていない!
    ・市内となりの市をあわせても、「ジョーシン・エディオン・ヤマダ・コジマ・イオン・アプライド」と複数あるのに。
    ・実機にさわり、直接店員やメーカーの担当者に質問をしたりして、確かめる行為が出来なかったので、気持ちに決定打が生まれませんでした。

    ・けど、ある日バイトの面接で大阪市北区中津に行った際、歩けば遠い距離だけど、歩けばヨドバシカメラ梅田にいけると、タブレット端末(Nexus7が不調時に入手した中古SH-08E/データ専用SIM-OCN)で知り、そこには、実機デモ機と、それらも良く知る店員さんが!!

    ・それでさわって、色々聞いて、MediaPad T2 7.0Proに決めました。
    ・ヨドバシカメラもケーズデンキ同様、「この品物は長期保証不可もの」でした。
    ・ZenPad7.0SIMフリーを選べば、長期3年間保証がOKだから、Nexus7のように、2年過ぎて故障となっても大丈夫・・だったのだけど。

    ・けどまたここで・・納期未定の壁。
    ・せっかく決めたけど、「店頭で扱う品物ではないので取り寄せになりますが、納期未定です」と。
    ・店頭にあるのは「ZenPad 7.0+8.0=WiFi専用機」のみでした。

    ・でもなぜだか、一週間過ぎあたりの水曜の夜、「入荷しました」との連絡 で、昨日(木曜)、差額分(4000円)を持って受け取りに行きました。
    ・当時の購入金額(¥19800)の上限と、加算4000円。
    ・お店側も、上と掛け合い、店長の許可ももらって、「¥23800円までなら割引可能」、と。 ・・その書いたメモを見せられたので・・店長の許可確認文字のついたメモを。
    ・税込み金額です。
    ・・長い話になりました。

    ・今はまだ開封をしていません。
    ・まだ、入手しただけなので、使うのに必要な【液晶保護シート+保護ケース+記録メディア+SIM】・・何も無いから。
    ・液晶保護については、ガラスシートにこだわっていたけれど、今回こちらの記事が一番、使った方のより詳しい感想コメントと写真で、自分自身納得で諦められました。
    ・・・ガラスシートを貼れる器用さはないから、100均一Ipad用気泡防止シートにしようかな、と。
    ・または、普通の保護シートにしようかなーと。
    ・・もともと、端末本体の差額分だけで貯金と手持ちの99%を無くしたので、無理なら無理なのだから、今回の記事で自分を納得させました!

    ・ケースは、方位磁石アプリがなぜか使えない事情が、ネット情報で明らかに!!
    ・端末保護ケースのスリープ機能に使う磁石が悪影響を起こして、くるって使い物にならないと。
    ・去年からだったか、ずっと謎だったのです。
    ・バイト面接で知らない土地に行って方位磁石と地図ナビ使うも、右というので進んでからみると、今度は左に行け・・でみたらまた右にいけ・・「どっちじゃーーーー」というのが何度も。
    ・去年は、大阪茨木から、自転車で枚方の山田池公園へは、無事に日帰りで行けましたけど、やはり地図の方向矢印が狂ってたので、周囲の建物で確認してました。
    ・けど、自転車で昼から京都河原町駅近く(自転車ナビで片道2時間を信じた自分がバカだった!)に行った時も、当然端末保護ケースが原因とはつゆ知らずで・・。

    ・方向矢印は狂う狂う。
    ・方位磁石はみるたびに方向が違うし、地図ナビと照らし合わせるから、余計にわからん。
    ・結果、東大寺手前で、中古タブレットスマホ(SH-08E)の電池が10%をきり、どこも店の店頭で無料充電させてくれて、3時間足止め。
    ・休めたけど、店に着くのも夜7時・・帰りは、JR京都駅やら東大寺やら五重塔らしき建物やら、河原の暗い土手から、遠くに光る看板「任天堂」も見た気がするけど、地図ナビが役に立たんから、昔からある自分の帰巣本能にまかせて、MTBでかけてったら、深夜0時過ぎ、やっと見知ったイオン高槻店まで帰ってこれたけど・・死ぬかと思った。。野宿を覚悟したけど。。
    ・途中どこかの寺の前の大通りのすみっこにパトカーが止まってたのが気になったけど。

    ・・あとで思えば夜中、河原の土手を走ってて、右は川、左は家じゃない建物ならび・・の時に「パトカーに道を教えてもらったりするのも、命助かる手段だったかなー」と後悔しながら。。
    ・あんな無茶は、もーしませんけどね。。 一週間全身筋肉痛でつらかったし。。

    • コシタツ より:

      大阪のパン粉さん、長文コメントありがとうございます。
      ちょっともっさりした部分もありますが、それなりに使いやすいタブレットだと思います。
      液晶保護はガラスじゃなくても、フィルムでもあると無いとは大違いなので貼って置けばとりあえずは安心です。