こどものお年玉はどう使う?子供の1年間のお小遣い予算にします

お正月に実家に帰省した際に、おじいちゃんおばあちゃんと伯父さん伯母さんんたちから沢山のお年玉を頂きました。長男は小4なんですが、合計で2万円位にはなったんじゃないでしょうか?

ポチ袋 お年玉

スポンサーリンク

子供たちのお年玉の使い方です

コシタツ家では基本的にお年玉の使い道は子供たちに決めさせています。

僕がもらったお金ではないので、当たり前のはなしです。お金の管理も長男には自分でやらせています。貯金したければお母さんに頼んで郵便局にしてもらえますし、下ろしたければその逆ですね。

ただし、コシタツ家では日常生活において、そう簡単に子供にお金をあげません。

ひと月のお小遣いは、長男の場合で500円しかありません。

たった500円なのか、500円もあるのか分かりませんが、500円なんです。だから1年間で6000円です。

1年間のお小遣いはお年玉でやりくりする

1年を通して暮していれば、子供たちは臨時収入を得るときがあります。優しいおばあちゃんが袖の下から『そうっと』渡してくれたりします。

だから、長男の例ですと1年間の予算は3万円ちょっとあることになります。

それを1年間でうまい具合に割り振って使わなければなりません。

考えて計画的に使うようになる

近所の駄菓子屋さんでつまらないお菓子を買うのも、まんが雑誌を買うのも、弟に何か買ってやるのもそうです。その予算からでます。もちろん任天堂DSのソフトもそうです。つまらない物をちょこちょこと買っていると、意外とお金は無くなっていくものです。

予算が無くなれば、お年玉のもらえるお正月まで、我慢と辛抱の日々が続くことになりかねません。だから、子供たちは真剣に考えます。お年玉以外で自分の欲しい物を買ってもらえる日は、誕生日とクリスマスだけです。

1年間の収支がプラスで繰り越せば、次年度にはもっと高額なおもちゃが買えるかもしれません。妹とシェアすれば、予算以上の物が買える可能性だってあります。

そのあたりは子供たちで相談させています。お金が足りないからと出したりはしません。

まともな金銭感覚を身に付けて欲しい

なぜ僕が子供たちにこんなことをしているかというと、貧乏なのが一番の理由なんですが小さなうちから身の丈にあった金銭感覚を身に付けてもらいたいからです。

それと、お金は使えば無くなるけど、使うことで本来のお金の価値が発揮されることも知ってもらいたいんです。物を大事にする気持ちもね。

長男は1年生から続けています。今ではかなりきちんと計画を立てて使っている様に感じます。去年の収支はプラスになり、繰越金が発生したようです。妹は1年生になってからですが、お兄さんを見ているせいかそれなりにうまい具合にやっている様です。

中学生くらいになるとどうなるか分かりませんが、いまはこの方法でやっていくつもりです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク