『きのこの山』を作って子供と遊べ。作り始めから食べ終わるまで、40分は遊べます!!!

お休みの日は子供達と遊んでますか?よいパパを演じていますか?

演じなくても良いパパな人はこれ以上読まなくても結構ですが、演じないと良いパパを演出できないダメパパは子供達と一緒にこれでも作って遊んでみて下さい。

箱を開けてから1時間は楽しく遊べます。コシタツはこれでイクメンパパを演出してみたいと思います。

手作り きのこの山 箱

スポンサーリンク

子供たちと、きのこの山を手作りするよ

今回のきのこの山のきのこ作りは、子供たち(小3娘、4歳児)がメインで作業しています。パパであるコシタツは基本的に写真撮影だけしています。

手作り きのこの山

作り方は簡単で、容器に入ったチョコレートを型に流し込んでから、きのこクラッカーを差し込んで、冷蔵庫で30分ほど冷やしたら完成です。

これだったら子供たちでも出来そうです。でも、作る前にはちゃんと手を洗おうね!

内容物はこれだけ

手作り きのこの山 中身

中身はいたってシンプルで、チョコレート3色、クラッカー、きのこの型。これだけです。

ただし、チョコレートは固まっているので作る前に湯煎する必要があります。説明書では50度のお湯で温めてね!ってなってますので、約束は守りましょう。

手作り きのこの山 チョコ 湯煎中

柔らかくなったらOKなので、早速作り始めます。

子供達が待ちかねてクラッカーだけを食べ始めそうな勢いです。

チョコを型に流し込む

手作り きのこの山 チョコを型に流し込む

チョコが固まり始める前にどんどん型に流し込んでいきます。娘が最初に作業していますが、分かりやすい性格ですね。いきなりピンクのチョコです。ピンク大好き!!!

手作り きのこの山 チョコを型に流し込む

おやおや???

特に段取りも何も考えずに「ムリムリ」とチョコを型に流し込んでいますが大丈夫?しかも、ツヤツヤした子供の手が少し老けてしまったような気がします。見なかった事にします。誰でしょうか?

手作り きのこの山 チョコを型に流し込む

うえ~、マジっすか?チョコがのたうち回った感じのちょっとドイヒーな有様です。

これ、食べ物ですよ。あなたたち説明書をちゃんと読みましたか?それと、老けた手がずっと作業しているような気がしますが、いったい子供たちはどうした?

トントンすれば大丈夫!!!

手作り きのこの山 チョコを型に流し込む

チョコがのたうち回った酷い有り様でも大丈夫です。容器を持って、テーブルに「トントン」すればあら不思議!とぐろを巻いていたチョコレートが均一になりました。

だから、これから作る子供たちは安心して作ってね。「ムリムリ」してぐちゃぐちゃなチョコレートも「トントン」すれば全て解決してくれますから!

クラッカーを差し込むよ

手作り きのこの山 チョコにクラッカーを差し込む

ここからまた子供たちに手に変わりました。クラッカーは真っすぐさすのがポイントです。

差し込むと余ったチョコがムニュッと溢れて楽しいです。キレイに作りたければ、チョコレートを少し少な目に入れるのがポイントのようです。

手作り きのこの山 チョコにクラッカーを差し込む

うへへへ、差し込み完了です。これは全部子供たちがやりました。でも、あんまり美味しそうには見えませんね。

後は冷蔵庫で30分ほど冷やせば出来上がりです。

ちょっとヒマなので、余ったクラッカーとチョコで遊びます。

残ったクラッカーで遊ぶ

手作り きのこの山 残ったクラッカーで遊ぶ

クラッカーは余分に入っているので、使い切れなかった分が6本ほど余りました。

そこで、残ったチョコとクラッカーでお遊びをしてみます。

これはお顔?を描いたようですね。

手作り きのこの山 残ったクラッカーで遊ぶ

これはエクレアをイメージしたのでしょうか?適当ですね。

今思えば、残ったクラッカーとチョコもデコレーションして冷やしておけばよかったと思います。

手作りきのこ完成です!

手作り きのこの山 完成

失敗したんじゃないよ!大成功で完成だよ!

ただちょっと写真が暗いだけだよ。

始めて作ったにしては上手くいったんじゃないでしょうか?

手作り きのこの山 完成手作り きのこの山 完成

三つ子のきのこと、なんだか○○チョコに見えるひらたいきのこ。

手作り きのこの山 完成

おおつぶきのこと、いつものきのこ?

手作り きのこの山 完成

なべきのこと、マッシュルーム。

手作り きのこの山 完成

こつぶきのこ。たけのこきのこは撮り忘れてしまいました…失敗。

楽しい40分!?

正味40分くらいで8つのきのこが完成しましたが、食べるのはあっという間でした。

子供たちが2個ずつで、パパ、ママは1つです。作っていない長男が2つも食べています。

もちろん味はいつものきのこの山なんですが、ピンクとホワイトチョコレートがちょっと新鮮です。

手作り きのこの山

もっとこだわって作ればこんな感じのきのこも作れるらしいんですが、子供だけだと難易度は高い感じがしますね。

主な作業をしていた老けた手の人でも無理な予感がしますが、挑戦してみるのも楽しそうです。失敗しても美味しく食べられますから!!!

作るのに使った型はかなり丈夫そうなので、ダイソーなどで売ってる100均チョコレートと適当なクラッカーで何回でも作って遊べそうです。

久しぶりに子供たちによいパパを見せられたと感じるコシタツでした。写真撮影していただけですけど(笑)

8個入りは高いな~。スーパーでも売ってます

アポロもあったりする

ぜひ、子供たちと挑戦してみて下さい!!!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク