Nikon1 j5 ボディ単体がヤフオクで爆売り中。超望遠システムを組むには買い時か!?

Nikon1 J5のボディ単体がヤフオクでやたらに販売されているのだが、何か理由があるのでしょうか?超望遠仕様で1台欲しいと考えているのですが、今が買い時なのか???

Nikon1 J5 ボディ単体 ヤフオク

スポンサーリンク

なぜボディだけ???

Nikon1 J5のラインナップには、ダブルレンズキット、ダブルズームレンズキット、標準パワーズームレンズキット、ボディ単体と4つのラインナップがあります。

値段的にはダブルレンズキット、ダブルズームレンズキットが実売価格で50000円前後なんですが、標準パワーズームレンズキット、ボディ単体は実売価格で35000円前後になります。

最近では標準パワーズームレンズキットよりも、レンズ無しのボディ単体の方が高いという逆転現象まで起きています。

なぜレンズを外して販売?

最初のヤフオクの話に戻るんですが、どうもヤフオクで販売されているNikon1 J5のボディ単体はレンズキットのレンズだけを外して、残ったボディだけ販売しているようなんです。

転売ヤーがやっていることですから、どこかで儲けが出ているはずなんでしょうから調べてみるとカラクリが見えてきました。

価格.comの価格推移グラフの最安値を見ると、ダブルレンズキットの最安値は3月中旬頃から4月にかけて一番安く、43000円前後で販売されていました。

現在のヤフオクでは、ボディ単体を24000円前後で販売しており、ダブルレンズ付属の単焦点レンズである「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」は17000円前後で販売しています。人気の無いパワーズーム「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM」は即決価格7000円前後で販売しています。

  • 仕入れ Nikon 1 J5 ダブルレンズキット 43000円
  • ヤフオク販売 Nikon 1 J5  ボディ単体 24000円
  • ヤフオク販売 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 17000円
  • ヤフオク販売 パワーズームレンズ    7000円

仕入れ43000円‐販売(24000円+17000円+7000円)=△5000円

上手く全部が売れると5000円の儲けになるようなんですが、ヤフオクはシステム使用料が落札価格の8%とられるのですべてが上手く売ると、48000円に8%が掛かってくるので、3840円システム利用料が取られます。

5000円-3840円=△1160円

????

これは果たして儲かっているのか?って思ったら、そういえば2015年末から2016年の頭にかけてNikonキャッシュバックキャンペーンをやっていたのを思い出しました。

この時、Nikon 1 J5 ダブルレンズキットは10000円キャッシュバックで、さらにこのキャッシュバック期間中の最安値が51000円前後なので、この時に大量に仕入れていたのかもしれません。

それでも、大した儲けにはならないような…

超望遠システムを組むには買いなのかも?

転売ヤーの話はこれくらいにして、コシタツ個人的はフルサイズの超望遠レンズは150㎜-600㎜ズームでも最低10万円以上はするので、このNikon1 J5ボディだけを落札して、さらにFマウントのニッコールレンズを装着できるマウントアダプター FT1を買えば、手持ちの300㎜ズームレンズが35㎜換算で810㎜の超望遠レンズに早変わりです。

AFポイントは中央1点しか使えないとかの制約はあるのですが、それでも魅力的なシステムになること間違いなしです。

  • ヤフオク販売 Nikon 1 J5  ボディ単体 24000円
  • マウントアダプター FT1 実売価格 21000円前後

なんと!!!45000円で超望遠システムが組めちゃいます。

マウントアダプターはレンズの付いてないただの筒状なので、レンズの明るさが落ちることも無く、暗めの安いズームレンズでも問題無く使えそうです。

やっぱりヤフオクの方が安いかな?

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ka210jp より:

    ども。
    どうなんでしょうねぇ…
    超望遠というと主に鳥撮り想定でしょうか?自分の場合ですが、望遠の場合はファインダーがないと辛いので必然的に Vシリーズ(旧モデルの V2)を選択するに至りました。
    デジイチ用のレンズも使えると思って、FT1 も買ったものの、現在のところ(試し撮り以外では)一度も使ってない状態です。いずれ、V2 + FT1 + 400mm でも撮ってみたいとは思ってますが、何せバランスが悪く手持ちだとキツいのでなかなかその気になれません。
    もっとも用途次第ではあると思いますが、何となく結果遠回りになってしまうそうな気がしないでもないです。確かに価格は魅力的ではありますが…

    • コシタツ より:

      ka210jpさん、リアルユーザーの貴重な情報ありがとうございます。
      シアトルの猛禽類写真楽しく拝見させてもらってます。

      やっぱり手持ちだとバランスが悪いのですね…三脚使用前提で考えなきゃならないです。
      もちろん、撮影対象は小型の野鳥もそうなんですが、単純に遠くの物を撮影したいとの好奇心が半分くらいあります。
      なにしろイロイロと撮影したい、試したい事があるのですが、時間的、金銭的な都合もあって自分の中でも迷走中だったりします。
      あれこれ一度には出来ないので、ちょっとしっかり考えないといけないですね…

      • ka210jp より:

        ありがとうございます。

        昨日、初めて V2 + FT1 + 80-400mm で 700枚ほど(ほとんど連写 15fps、かつ一脚使用で)撮ってみたのですが、思っていた以上にブレ写真を量産してしまいました(ブレの中から、比較的マシな写真はいずれ鳥ブログにアップする予定です)。三脚+リモコン使用だったらもしかしたらもう少し違ったのかも知れませんが、絞り優先で撮ったせいなのか(自動は使えないので比較不可)、撮り方が悪いのか(少なからずこれはあると思いますが)、あるいは(カメラの方が圧倒的に軽くなるので)バランスのせいなのか… いろいろ可能性はあるのですが、これからもちょっと試行錯誤してみます。

        • コシタツ より:

          おお、試されたのですね。
          さすがに換算1000㎜になると手振れ4段補正&一脚でもブレを制御しきれないんですかね。
          なんか、自分が思っている以上に大変なような気がしてきました。
          いろいろと大変だと思いますが、これからの試行錯誤と良い結果に期待しています。
          作品のアップ楽しみにしています。