ショーンKについてあれこれ。けどさ、誰だって心に小さなショーンKがいるよねって話

ショーンKさん。

素敵すぎます。低く特徴的な同性でも憧れる声質と、彫りの深い顔立ち。

ラジオの経済番組で各界の識者、有名人から話を引き出す話術。滞りなく番組を進行させるテクニック。

ところどころに出てくる聞き慣れない横文字カタカナ語。

それを聞くコシタツ。

おお、きっとこの人は賢い人にちがいない。

ネットで検索するとクリスペプラーをほうふつさせるイケメンハーフ。

クリスさんも声は素敵だし、ルックスも悪くないけど、ちょっと天然でアホっぽい。

きっとショーンさんはこれから人気が出るんだろうなって思っていたのがちょうど5年前。

東日本大震災の影響で輪番停電されちゃって、ラジオしか聞けなくなった時によく聴いていた番組「J-WAVE MAKE IT 21」

この時初めて知ってすっかり魅了されてしまったコシタツ。ダンディな感じの低い声質には弱いんです。

02

参照:マイナビニュース

そういえばその当時から、経営コンサルを名乗っていたよね。

ラジオ番組の惹句にも、ハーバードでMBA取得で海外を拠点にコンサル会社を経営って言っていたような気がするし。

でもさ、普通の人なんて経営コンサルタントってなにをやっているのか全然分からんし、想像もつかない。

経営コンサルって言われるとなぜだか船井総研の船井幸雄が出てきちゃって、電波な感じがする仕事に感じちゃうけど、見た感じショーンさんはイケてるし、普通の人っぽい。

ハーフでもクォーターでもなかったけど…

さらにハーバード大学でMBAなんて言われても、ハーバードって東大とイメージが重なるくらいでそれ以上の何かを知っているわけでもない。

よくわからないから「へーっ!すごいね。ハーバードなんだ。うんうん」

こんな感じ。

ハーバード大学の卒業生なんかも知らないし、そもそも興味もないよね。

たしか、お笑い芸人のパックンが卒業してるんだよね。けど、パックンなんてお笑い芸人でもなんでも無くなっちゃって文化人になっちゃったし、どっかの大学で教えてたりするし。

大丈夫か茂木さん

でも、ショーンさん。なんだか嫌いになれないんだよね。

でもやっぱり、この嫌いになれない感じが既に騙されているというか、人たらしというか、脳科学者の茂木さんもこんな感じだし、

ショーンKさんとお仕事でご一緒した時、その素敵なお人柄に魅せられましたし、そのさまざまな問題についての見識も、素晴らしいと思いました。

引用元:茂木健一郎ブログ

天性なんですよ。

ショーンさん騙しているつもりは一切ないし、悪いとも思っていないはず。

番組ではしっかりコメントするし、仕事もこなす。

本人的にはサービスのつもりで経歴ちょっと盛りすぎたかなくらいに思っていて、ちゃんと考えるとやっぱりダメかな???うーん???あーやっぱりダメなのって感じだと思う。

でも、鼻は確かに盛りすぎてる感じがする。あれはやりすぎだ。

だけど茂木さんよ、あんた脳科学者なんだからこんな部分を感心して誉めてないで、詐称して盛りまくったショーンさんの脳ミソを分かりやすく解説してくれよ。

ついでに感心しちゃう茂木さんの脳ミソも説明して下さい。

もっとクレバーな人かと思ってたんだけど、ここ最近おかしな方向にすすんでいるような気がします。頭の良い人の考えることは理解できませんです。

調べろよテレビ局

もちろん経歴を偽るのはそりゃあ全然ダメだと思うけど、そもそもそんなに簡単にだまされるものなのかって話。

文春の記事がでるまで誰も何も言わなかったわけだし、テレビ局にラジオ局だって調べようと思えば、いくらだって調べられるはずだよね。

報道番組やるくらいなんだから、一個人の経歴を洗う事くらい朝飯前なはずですよ。

それとも、フジテレビは広告収入も減ってるし経費削減でそれどころじゃないのかもしれませんが。

担当もネットでちょっとググって、Wikipediaに出てるから裏取れましたって報告しているのかもしれません。

それでなくてもやる事なすこと裏目に出るフジテレビには、貧すれば鈍するとはこのことなのかなとも思ってみたりもします。

頑張れショーン

ハーバード大学ではなく、バタ臭い顔の普通の日本人だったことがばれちゃったショーンですが、これからどうするんでしょうか?

別に投資詐欺とか出資詐欺をしたわけでも、株式分割をじゃんじゃんして株価を釣り上げたわけでも無いから、実質的な被害者っているのかしら?

被害届けでも出ていればあれだけど、いまのところそんな話も無い。

ホラッチョ川上はあれだけど、まだ愛嬌がある。

だから開き直って、叶姉妹のような虚構を演じ切る芸風で行くのもありだし、

声は良いし、顔も悪くないから、

純国産のマイケル富岡を目指してみても悪くはないと思います。

背はちょっと小さいが。

話は聞けるし、進行も出来るしで、結婚式の司会に引っ張りだこになりそうです。

だれでも小さなショーンK

けど、誰だって自分を大きく見せたいなって思う時があるはずだし、些細なつまらない嘘をついたりする事ってあるよね。

例えば、高校の部活動で県代表の補欠だったのに、代表だったよって言っちゃうとか、昔はやんちゃしていた武勇伝とか、検証不能なものについては結構やってるんじゃないのかな?

ショーンさんも実際にハーバード大学のオープン講座で講義を3日間受けているわけだし、完全に黒とは言い切れない。

英語をしゃべれない僕からしたら、ショーンさんって完全にネイティブスピーカーだと思っていたくらいに流暢な英語だったしさ。

たぶん努力家なのは間違いないし、ちょっと自分を大きく見せすぎたんだと思うんだ。

やっぱり身にあまる嘘はいずればれるんだ。

自分の中の小さなショーンKが顔を出さない様に気を付けないとね。

ショーンさん。また、J-WAVEに戻ってくる日を待っているぞ!

どんな顔で戻ってくるのか分かりませんが、いい声聞かせて下さい。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. マロ より:

    ショーン・マクアードル・川上氏は私とはちょうど10歳年下です。TVのコメンテーターとしてその容貌やスーツの着こなし、落ち着いた語り口から好感を持っていました。報道ステーションのレギュラーなど特にここ1年位はメディアの露出が多くなり注目度も増していました。さらにフジTVの大型報道番組のMC(予定でしたが)へとサクセスストーリーは、むしろ自身でも予想だにしない展開だったかも知れません。おぼっちゃまではなく苦学して米国の大学を卒業し、ハーバードでMBAを取得、さらにパリの有名大学も修了。職業は、国際的に展開する知的な職業である花形経営コンサルタント、しかも世界の大都市に7ヶ所も事務所を運営する敏腕経営者。空手、サーフィン、ヨットもこなすスポーツマンでもある。生まれはニューヨーク、ルックスもファッションセンスも申し分なく、人あたりもソフトで嫌味がない。クライアントは大企業から自治体まで国内外に幅広く存在。男としては、まるで絵に描いたような完璧なキャリアです。しかし、それはまさに絵に描いた虚構の人生でした。TVやラジオのレギュラー番組を複数持ち、物理的に本業のコンサルティングの仕事に支障が生じないのだろうか、多くのクライアントへの対応は、国内外の事務所のマネジメントは大丈夫なのだろうか、等々疑問符が頭をよぎりました。氏は、現実の中で映画のように虚構の役割を自作自演していたのでしょう。自作自演の作品は余りにもそのキャラクターが完璧すぎてリアリティに欠けていた欠陥作品になっていた。依然としてメディアの中で最も影響力の大きいTVに出始めた時から、そのシナリオを自分では修正できずに、後戻りもできなくなってしまったのでしょう。私も地方出身の片親で苦学した身です。学歴及び職歴詐称はけっして容認できるものではありませんが、講演やコメントにおいては相当に事前勉強をしなければできない発言をしています。氏の発言に対してはここにきて、手のひらを返したようにいろいろと批判する著名人がいますが私は共鳴できるものも少なからずありました。とても残念であると同時に何故か悲しい気分になりました。別の分野での活躍を陰ながら祈っています。

  2. たかけん より:

    同じような意見の人がいて良かったです、あまのじゃくな性格なのか、カンペキ過ぎた経歴のショーン氏よりメッキが剥がれたショーン氏の方が好感を持ってしまいました。テレビ業界はそんなに聖人君子なのか、ここぞとばかり叩くマスコミや業界人に、凄く嫌な気持ちにさせられます。
    どんな形であれ、また私達のところに戻って来て欲しい人ですよ。

  3. マロ より:

    たかけんさんへ
    ラジオの川上氏の謝罪コメント、泣けました。学歴が必要なら大学へ入り直して、さらにどこでもいいからMBAを取得し、経営コンサルタントとして復帰してほしいと思っています。氏はもの凄い努力家だからできるはずです。どう立ち上がるかを見守りたいと思っています。期待しています。

    • コシタツ より:

      マロさん、たかけんさんコメントありがとうございます。
      真実は、彼自身のみ知る事だと思いますが、謝罪コメントを聴いて番組を深く愛していたことは伝わりました。
      いつの日かまたラジオから声が聴けることを望んでいます。