大雪で出勤なんて「社畜」でもなんでもないと思う

ここ数年関東地方でも、冬には雪が降り積もってますね。

まあ、降っても1日も降らないので、一週間もすればきれいさっぱり融けてなくなってしまうのですが、それでも雪が積もった日の朝の通勤は困ったものです。

大雪の東京

スポンサーリンク

大雪でも、やる事があるのだよ

ツィッターでは、大雪の最中に出勤する人々をさして「社畜」なんて叩いていますし、ホリエモンなんかも雪の中、通勤通学している人々をさして「ドエム」なんてコメントしていますが、全然分かっちゃいない。

やる事があるんだよ。

それが会社にあるだけ。

家でやれる仕事なら家でやってるっての。

ホリエモン系の人々が馬鹿にしている工場の仕事なんて家にいちゃ出来んでしょう。1台数百万数千万円する工作機械を自宅に置くのか?それじゃあ既に零細企業の社長だよ。

コシタツは底辺ブルーカラーの人間だから、都内のオシャレなオフィスで働くようなホワイトな人々の仕事なんて知る由もないのですが、何しろ底辺製造業は会社に行かないと仕事が進まんのですよ。

別に休んじゃっても構わないと思うんですが、休んでしまうと純粋に自分のやる仕事が増えるだけだし、納期もあったりするしで、結局どこかで穴埋めしなきゃならないんです。

土日に出て穴埋めするのも面倒だし、町工場なんて休日手当なんてものはないので、だったらなるべく頑張って時間を圧縮してやるとなるんだけど、それも結構疲れるし、急ぐと失敗したりするしで大変なんですよ。

だったら、雪だろうが台風だろうが洪水だろうがそんなもので「ボケっ」と家にいるくらいなら、無理してでも会社に行ってやる事やった方が落ち着いたりするんですよ。

そんなコシタツは社畜なんでしょうか?

そんなコシタツもさすがに雪が積もった中での車通勤は危険と判断して、道路の雪が融けきった昼頃に出勤したのですが、コシタツ以外の社員たちは始業開始時間までにはキチンとタイムカードを押していたみたいです。

うーん。コシタツは社畜とは違うようです。

みんなすごい社畜です。

社畜じゃないと思う

社畜というよりは、打算で働いていると表現したほうが合っていると思いますね。

カッコ良くいえば、自分の意志と行動で仕事と休日をコントロールしている。

まさしくこれだね。

だから、大雪の中に出社する程度では社畜でもなんでもありませんよ。自分の意志で出勤しているんですよ。昼頃に行ったけど。

至極、日常的な行動でございます。これで週末の休みも安泰ですよ。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク