イオンレイクタウンで「夕暮れの富士山」を撮影してきました

お休みに、久しぶりの快晴でご機嫌のコシタツです。しかし、越谷市は風が強かった。

まだ風の弱かった午前中は年賀状写真の撮影のために、子供を連れて近所の公園にお出かけして、いろんなアングル、シチュエーションで撮影。200枚ほど撮影して、子供たちが飽きてきて整列しなくなってきたので退散。

撮影した写真のピックアップは嫁がやるので後はお任せです。

夕方からイオンレイクタウンにお買い物に出かけてそこでちょっとした撮影をしてみました。

スポンサーリンク

夕暮れの富士山を撮影してみた

イオンレイクタウン屋上からの夕暮れの富士山

以前から撮影したいと思っていたんですが、天気が悪かったり、タイミングが合わなかったりして今まで撮影できませんでした。

今回は初めての撮影で、風は強かったのですが天気は良く絶好の撮影日和だと思い出かけたのですが…

富士山左側に雲がかかっています(´Д`)

下に写っている水溜りは「大相模調節池」です。この写真だけ見れば、富士五湖の一つに見えるかもしれません。

使ったレンズはマクロ

この撮影に使ったレンズは「タムロン マクロ SP90㎜ 52BB」です。

レイクタウンの周りは結構お邪魔になるような建物が多いので、なるべく画角を狭くしたかったのと、明るいレンズ(F値2.5)をこれしか持っていない理由からです。

本来なら3脚を立てて撮影したいところなんですが、レイクタウンの屋上駐車場は周りが柵で囲われていて、通常の3脚だと柵越しに撮影は出来ないんですね。

なので、駐車場の隅っこに車を止めて、半分車の上に登った状態で柵に足をかけて撮影しました。撮影禁止などの警告は無いんですが、警備員に見つかると怒られそうなので素早く撮影です。

イオンレイクタウン屋上からの夕暮れの富士山

これもレイクタウン屋上の1枚目とは少し違う場所からの撮影です。撮影時間も1枚目よりも速いため、多少明るいです。

ニコンの現像ソフトである「Capture NX-D」で多少いじってあります。ほんの少しホワイトバランスの色温度を高めにしているのと、アクティブDライティングを強めにしています。

ここ最近の話なんですが、RAWデータで撮影して現像すると楽しい事が分かってきました。ただし、じっくりと時間がかかるので、本当に暇時しか出来ませんが…

周りはこんな感じ

イオンレイクタウン屋上からの夕暮れの富士山

屋上から見える景色は、実際はこんな感じです。

レイクタウンアウトレットの駐車場には物凄い量の車が並んでいます。

この写真も「Capture NX-D」でいじってあります。LCHエディターで見やすくなるように明るさを調節しています。

まとめ

富士山左側にあるクレーンがちょっと邪魔でしたので、カメラを縦にして撮影した次第です。

あれこれと設定を変えて50枚位は撮影したのですが、風が強いのと、微ブレが酷くて歩留まりが悪く、ブログに載せられそうな写真は数枚位しかありませんでした。

APS-C換算で135㎜の画角での撮影だったのですが、思ったよりも悪くないですね。

次回は太陽も入れての撮影に挑みたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク