ダラ残り社員がのさばる会社はスグに辞めた方がよいと思う。Aさんのケース

効率よく働いて早く帰る社員と、ダラダラと仕事して遅くまで現場に残っている社員、あなたが社長だったらどちらを選びます?

後者を選ぶような社長がやっている会社だったら、とっとと辞めるべきです。

ダラダラするコアラ

スポンサーリンク

残業する奴が頑張ってる社員?

僕の知り合いのAさんは自営業で車関係の仕事をしているのですが、ひょんなことから昔話になりました。

Aさんは自慢話ではないけどと、前置きをしてからこんな話をしてくれました。

僕は昔サラリーマンをしててさ、ビルや工場の空調設備を取り付ける仕事をしていたんだよ。意外と仕事が早くってさ、半年くらい働いていたら会社内で一番仕事が出来る社員になっていたんだよ。

要領が良いっていうか、段取りが早かったっていうか、なにしろ人の1.5倍くらいの早さで仕事が出来たんだ。

僕の働いていた会社はひとりで現場に行って仕事をするから、一日分の仕事を前もって割り振られるんだけど、その程度の仕事だと定時には終わって帰れちゃうんだ。

だけど他の社員たちは仕事が遅いのかダラダラと仕事をしているのか分からないけど、定時なんかには帰宅できず、会社に戻るのは夜遅くになってからなんだ。

仕事の遅い社員は頑張る社員?

そんな状態がある程度続いたら、仕事の遅い社員たちが『Aは仕事を適当にやって、早く帰っている。きちんと仕事をしてないから早く終わるんだ』って、社長に文句を言い始めたみたいなんだ。

けど、僕が施工したお客さんからはクレームはあがって来ていなかったし、もちろん手を抜いたり、適当な仕事をしたこともない。まあ、やっかみと言うか言いがかりだよね。

そしたら、社長は仕事の遅い社員のヘルプに僕を回すようになったんだよ。それも、自分の仕事を終わった後に車を走らせてだよ。信じられる?

しかも驚いたことに給料は変わんないんだぜ。

仕事は他の社員の2倍くらいして、時間も1.5倍くらい多く働いて、給料は一緒。

揚句に社長は『A君、他の社員みたくもっと頑張らないとダメじゃないか』みたいなことを言い出してきて、もうこんなのやってられるかって、辞めて独立しちゃった。

で、今の会社を作ったんだよ。

Aさんは人当たりがすごく良い人で、表情に人柄がにじみ出るなんて言葉がぴったり合うような優しい人だったので、てっきり2代目社長さんだとばっかり思っていたら全然違ってた。

Aさんは続けます。

僕も違う意味で要領よく手を抜いて、もっと時間をかけて、悪く言えば働いているふりをしていれば楽に働けてたかもしれないけど、どうしてもできないんだよね。

チクる社員はどうしようもないけど、それを確認もしないで鵜呑みにする社長はもっとどうしようもないよね。今だから笑い話だけど、当時は本当にきつかったんだから。

そう言って、ハハハハと笑うAさん。

ダラ残り社員がのさばる会社は辞めるべき

零細・小企業の経営者って頑張っている社員が好きな人が多いような気がします。

ただ、それが会社に居残って仕事する奴が仕事をしている奴だとか、遅くまで機械を動かしている奴がイチバン頑張って働いている奴だと思いこんでいる経営者が、いまだにいることに驚かされることがあります。

逆に、残って働いてますよアピールが酷い社員などもいたりするからタチが悪かったりします。

労働時間と売り上げからデータ取りすれば一目瞭然だと思うのですが…

それにダラ残り社員が多い会社だと、1人だけ抜け駆けは許さないみたいな同調圧力が働き、容量が悪く仕事は遅いけどなぜか威張ってる社員に合わせなきゃいけない職場もあるようです。

Aさんの話は今から15年以上も前の話ですが、無くならない話ですよね。

ほんと、そんな会社だと気づいたらさっさと辞めるべきだと思いますが、中にはそれでうまく立ち回ってお給料を沢山貰っている人もいるから困りものです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク