2015 タムロン マクロレンズフォトコンテストに応募することを決意しました

2015 第12回タムロン マクロレンズフォトコンテストに応募したいと思います!

タムロンのマクロレンズも貰ったことですしね!!!

タムロン マクロフォトコンテスト

スポンサーリンク

タムロン マクロレンズフォトコンテスト

カメラ好きの友人から貰った『タムロン SP 90mm F2.5 MACRO(52BB)』をインターネットで検索していたら、見つけてしまいました。

タムロンのフォトコンテストです。

しかも、コシタツが現在進行形で絶賛ハマり中のマクロレンズ縛りのフォトコンテストです。素晴らしいことにマクロレンズならレンズメーカーを問わず応募できます。太っ腹なタムロンです。

これはもう、参加しない手はないでしょう。しかもグランプリの賞金は…
タムロン マクロフォトコンテスト

ドンっと、30万円!!!

金賞でも10万円頂けるようです。やったねコシタツ!!!

なんだか僕にも出来そうな予感

まずは過去の入賞作品を見てみます。

応募ジャンルには『ネイチャー部門』と『ノンジャンル部門』の2部門あります。

さすがにマクロレンズコンテストだけあって、クローズアップでの写真が多いのですが、ポートレートも結構入賞しています。『ノンジャンル部門』では、子供が題材の写真がいい感じで入賞していますね。

『ネイチャー部門』ですと、昆虫や植物をテーマにした写真が多いです。昆虫ですと、クモ、カマキリ、蝶、テントウムシの入賞が多い気がしますね。

中にはどうやって撮影したのか想像もできない写真もあるのですが、眺めているうちになんだかこれくらいならコシタツにも撮れそうな気がしてきましたよ。

まだまだマクロレンズ練習段階なんで、上達の余地が山ほどあるうえに、応募締め切りは2015年10月31日までなので、全然余裕があります。1か月半あれば何枚かは良さそうなのが撮影できるかもしれません。

Google+に投稿するのは駄作?

募集要項の注意事項に気になる一文を発見しました。

応募作品は未発表のもので、同一または類似作品が他のコンテスト、月例などに応募及び発表される予定のないものに限ります。(個人のブログ、SNSのmyページに公表した作品は、掲出を取り止めていただければ応募可能となります。

どうも、SNSなどに投稿した写真は未発表の作品には含まれないようです。

という事は、僕が唯一楽しく使っているGoogle+にも投稿できないようです。上手く撮れたり、気にいった写真を投稿していたのですが、マクロレンズで撮影したコンテスト用の写真は投稿しちゃダメですね。

ただ、『掲出を取り止めていただければ応募可能となります』となっているので、試しにSNSに投稿して評判を見てから応募するのもアリなのかな???

2014年の応募者数と応募作品数

2014年度のプリント作品及びデータによる応募は合計で、応募人数 1,753名、応募総作品数4,806点になります。意外と少ない気がします。数万人の応募で、何十万枚の写真かと思ってましたよ。

そのうち29名が入賞したので、ざっくり計算して1/60の確率で入賞します。ただ、1人で数点応募可能なので、上手やればもう少し確率が上がりそうです。

注意点が一つあり、応募方法がデータとプリントが選べ、

  • データは両部門で4枚まで応募可能
  • プリントは枚数制限なし。ただし、一枚ごとに応募用紙貼り付け

となっています。

プリントは面倒なうえにお金もかかるので、コシタツはデータで4枚応募するつもりです。

賞金はどうする?

グランプリが取れたら、明るい単焦点か、超望遠ズームレンズを買っちゃいますよ(^^♪

これを読んだら上手に撮影できるようになるかしら?

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク