ニコン チャンネルの『キッズアイランド』が勉強になりすぎる。カメラ初心者は必見です!!!

これは面白いです。

夏休み中の子供たち向けのプチ科学サイトになるんでしょうが、大人が読んでも楽しく納得できるクオリティで、一気に読んでしまったコシタツです。

世界の光学機器メーカーであるニコンのWEBサイトなので、やはりこのあたりは抜かりなく、しっかりとカメラ等に使われる光学系のネタも随所にちりばめられています。

Nikonチャンネル キッズアイランド

引用:ニコンHP

スポンサーリンク

オススメは『しくみを知ろう!』

5つのメインテーマがあって、それぞれ特色があって面白いのですが、カメラ初心者に特にオススメするのが『しくみを知ろう!』のコーナーです。

それには理由があって…カメラのアイコンでなんとなく気づいちゃいますよね。

ニコン キッズアイランド

引用:ニコンHP

子供たち向けというよりも、絶対に大人をターゲットにして作ったと思われるラインナップです。カメラ初心者にはいちいち『わくどき』できて、そして『納得』できる内容です。

『カメラのレンズができるまで』などの『できるまでシリーズ』は、ニコまるクンとルミちゃん、それに工場のお兄さんが工場見学スタイルでかなり詳しく教えてくれます。

ニコン キッズアイランド

引用:ニコンHP

この写真とタイトルを見ただけでも、この続きを見てみたくなりますよね。

どのシリーズもカメラ初心者にはちょうどよいくらいの説明で、このシリーズを読むだけでも知識としては脱初心者できそうなくらいです。

コシタツもリアル工場見学に行きたい!!!

ニコン キッズアイランド

詳しく説明してくれるナイスガイなお兄さんなんだけど、歩き方がちょっとおっさんクサい。

コシタツは少し賢くなった

正直知らないことだらけでした。

丸いレンズはもともと1枚の細長いガラスから出来ているとか、レンズ一枚一枚に反射を防ぐコーティングをしてあるとか、レンズの組み立てはマンパワーでやっているとかなどなど。

イメージはではカメラ業界はもっとハイテク産業だと思っていたのですが、ことレンズに関してはかなりローテクな技能職的な仕事なんですね。知らんかったですよ。

いやらしいんですが、大人な僕は『ヨンニッパ』『ゴーヨン』『ロクヨン』などに代表される、大口径レンズを作る際の歩留まりを知りたくなっちゃいました。

あれだけの値段がするとなると、相当に作るのも難しいんだと感じます。

失敗レンズはまた溶かして再利用するのかな?

その他にも沢山の不思議ネタ、おもしろネタがあるので何日かに分けて見るとよいと思います。

子供がいるなら子供たちと一緒に、別に一人ぼっちでも、ぜひ見て下さい。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク