『夏のお豆腐』と『俺たちのおかずラー油』のコラボレーションが不発だった件

暑くなってくると無性に食べたくなってくるのが冷奴。冷たーいお豆腐に、刺激の強い薬味で、夏のダルさを少しの間だけ忘れさせてくれます。

男コシタツの冷奴はオシャンティーな冷奴ではなく、豆腐1丁の男臭さがあふれる冷奴なんです。それに刻みねぎやキムチのっけで食べているんですが、週3回くらいで食べているとさすがに食傷気味なんです。

そこで今回試してみたのがこれです。

スポンサーリンク

俺たちのおかずラー油

食べるラー油ブームからはや数年。今さら感が強いんですが、実は冷奴と一緒に食べたことがないんです。食べるラー油とご飯の組み合わせは美味しかったはずだから、期待が持てます。

俺たちのおかずラー油

用意したお豆腐は400gで98円の『のどごし奴』。貧乏人にとって、安くて多いは正義なんです。ジャスティス!

俺たちのおかずラー油

いつも食べやすいようにと、お醤油やキムチが絡みやすいようにとの配慮から、少し大きめのサイコロ状にカットします。このひと手間が美味しさをワンランク上げてくれます。

おかずラー油オープン

ではでは、フタを開けちゃいましょう。パカリ。

俺たちのおかずラー油

おおう。香ばしいニンニクとラー油の香りにあたり一帯がつつまれます。よくかき混ぜてから食べるらしいので、キレイなスプーンで混ぜ混ぜしちゃいます。

俺たちのおかずラー油

中身ぎっしり確かな満足!スニッカーズばりに中身ぎっしりです。スプーンが立っちゃいます。混ぜ混ぜしたら、オンザ豆腐!!!!

俺たちのおかずラー油

スマホで撮影しているんですが、ホワイトバランスをオートから蛍光灯にした途端旨そうに写し始めました。カメラはやっぱり設定が大事です。

お豆腐のむっちり感がよく表現されていて、たまりません。

レッツテイスティング

さっそく食べたいと思います。ワクワク・ドキドキ!

俺たちのおかずラー油

パクリ。あれれれ~、思っていたほど美味しくない。なぜでしょう?もう一口、パクリ。

やっぱりそれほど美味しくないです。

どうもおかずラー油は、ラー油のまろやかさと、ほとんど辛くない中途半端な辛さのために、お豆腐のまったり柔らかい甘さと相まって、どうもぼんやりとした味になっちゃうようです。

見た目はおいしそうなんですが、期待外れでした。

マヨネーズでカスタム

どうもサッパリしないので、万能調味料であるマヨネーズとコラボレーションすることにしました。マヨネーズケチャップ、マヨネーズ醤油、マヨネーズソースなどなど、マヨネーズと何か?のコラボレーションって外れなしなんですね。

俺たちのおかずラー油とマヨネーズ

ムリムリ~っとして、グリグリっとします。おかずラー油は小さじ2/3ほど入れてみました。

俺たちのおかずラー油とマヨネーズ

とりあえず旨そうです。単体で舐めると、ウマー。けど、豆腐には合わなそうな気配がすでにプンプン匂ってきます。

俺たちのおかずラー油とマヨネーズ

ボチャッと大量にのっけて試食です。うむ、不味くはないが旨くもない。

全然ダメでした。

ちなみにママンにも食べさせてみたら、やっぱり豆腐には合わないとの回答をいただきました。

コシタツからの一言

冷奴と食べるラー油のコラボレーションは失敗でした。

『まったり+まったり』はやっぱり『まったり』で、まったく味にアクセントが無い食べ物になってしまいました。

冷奴にはキムチかねぎ薬味のせ醤油がピリリとして、今ところイチバン美味いですね。

夏の豆腐には刺激が必要です。

あんまり美味しくないけど、ぜひ試して見てね(^^)/

コシタツおすすめの冷奴!!!

桃屋キムチの素とお豆腐、ネギでキムチ冷奴。夏を乗り切る定番です!!!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク