『ラー麺専門店 こしがや』でイノセントな塩ラーメンを頂く

病院で胃薬をもらった帰りに初めて立ち寄りました。胃腸が弱いフォーリンガリコシタツです。

朝食も摂らずに朝から病院に行ったんですが、それでもかなり待たされてしまったんですね。そこで腹ペコなのもあって『帰りに美味しいラーメンを食べたーい』って検索していたらヒットしたお店です。

東武スカイツリーライン越谷駅東口の外れにあるお店で、コインパーキングの向かいに立地しており、しかも駐車料金100円までは無料になるんです。駅徒歩圏内なのに車で行けます。これって片田舎者には重要だったりするんですよ。

 ラー麺専門店 こしがや 塩ラーメン

スポンサーリンク

これぞ塩ラーメン

ネット上では人気店らしいので、薬局で薬を買ったらわき目もふらずにお店に直行です。11時オープンの、11時10分くらいには入店できました。土曜日に行ったのですが、すでにお客さんは2人いて麺をすすっていました。

おらも早く食べたいづら。

オーダーは食券を自販機で買ってから、気さくな少し高齢な感じのするおばちゃんに渡します。コシタツチョイスは『塩ネギラーメン780円+大盛り150円』です。なにしろ腹ペコですから。

 ラー麺専門店 こしがや 塩ラーメン

でんっ!!!と、登場です。思いのほかにボリューム満点ですね。これは嬉しい誤算です。あとでお品書きをよく読むと、麺の量がデフォルトで165gと普通のラーメン店よりも多いようです。さらに大盛りですから、推して知るべしですね。

この部分は最近のラーメン店も見習ってほしい部分です。僕はラーメンを食べたいのであって、サイドメニューを食べたいわけではないんです。

 ラー麺専門店 こしがや 塩ラーメン

うひゃっ!透き通ったスープにネギが浮いています。口に含むと…。しょっぱくないです。困ったよママン。塩ラーメンなのにしょっぱくないよ。

お品書きには名古屋コーチンのガラでダシを云々と書いてありますが、僕の舌センサーは名古屋コーチンまで判別できないのでどうでもいいのですが、この美味しさはサーモスのマイボトルに詰めて持ち帰りたいくらいです。

 ラー麺専門店 こしがや 塩ラーメン

麺は細麺ストレートの自家製麺。麺に使われる小麦は国産小麦100%らしいです。この辺りも美味しければ、どこ産地の小麦でも問題ない人間なんですが、これは麺単体で美味しいと思いますよ。

表面はなめらかで、中心はしっかりとした弾力がありアルデンテな茹で加減。ダシの効いたスープと絡んで、スルスルと胃袋に吸い込まれていきます。ウマー。

ただ、歯ごたえしっかりもっちり系の人には物足りないかもしれません。

ラー麺専門店 こしがや 塩ラーメン

ピントが麺にいっちゃったメンマです。脇役たちも、無駄に自己主張せずにラーメンをひきたててくれます。薄味の柔らかメンマは僕好みで美味しく頂けます。

ラー麺専門店 こしがや 塩ラーメン

大ぶりのチャーシューは柔らかホロホロ系のチャーシューですが、肉厚も厚めでしっかりとした食べ応えがあります。

無駄な味付けは一切なく、豚肉本来の香りにスープが絡むことで美味しさが生まれます。たぶんチャーシュー単体だけ食べると、すかしっぺな味付けであると思います。

ラー麺専門店 こしがや 塩ラーメン

焦がしネギが入っていましたが、それほど香ばしい感じはしませんでした。写真を見ていたら『やべっ』、スープが飲みたくなってきた。

ラー麺専門店 こしがや 塩ラーメン

大盛りだと結構なボリュームで、フォーリンガリ程度のヤワなストマックは8割ほど塩ラーメンで満たされてしまいました。

だいたいのラーメン店の場合次は無いんですが、ここはまた行く予定であります。

能書き・お品書き

ラー麺専門店 こしがや 塩ラーメン

値段は780円からと少しお高めな印象がありますが、国産材料をきちんと使えば値段が上がるのはしょうがない部分だと感じます。それよりも、その良質な材料をきちんと生かせるかどうかが問題ですね。ラーメンのような、ある種調理のごまかしがきかない料理だと特に感じます。

ラー麺専門店 こしがや 塩ラーメン

B級グルメではあるが、されどB級グルメです。

場所だ!

駅前だが、クルマで行けるのはうれしいポイントです。越谷市地元民以外の方も食べに行ってもよくてよ。っていうか食べに行ってみて下さい。ホント美味しいですよ。

住所:埼玉県越谷市越ヶ谷1丁目12−19

木曜定休 11時オープン

ラー麺専門店 こしがや

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク