薬局の薬学管理料や調剤技術料について。もう少し細かく値段付けできませんか?

逆流性食道炎で困っているコシタツです。

スポンサーリンク

余計なお世話な薬局

まいどまいど、薬学管理料なんて要らないでしょう。ちょっと不遜なんではないか?薬局さんは。

薬学管理料

サッサとIC化

そもそも、薬局単位で患者個人の情報を持つ必要があるのかも疑問ですね。かかりつけ医は分かりますが、かかりつけ薬局ってなんなのでしょう?

僕なんかは、毎回同じ薬を処方してもらっているだけなんです。

ソニーが電子お薬手帳なんかを提案しているようですが、一私企業なんかがやるのではなく、健康保険証にICタグでも埋め込んでデータを読み書きさせて、全国のすべての薬局でデータを読み取れるようにすればいいじゃないですか。

その程度の端末だったら今すぐに結構安く作れるんじゃないんでしょうか?

個人情報がなんたらかんたらっていうなら、直近3か月分のデータだけを見られるようにするとか、それ以降は患者の同意を必要にするとか、暗証番号を打ち込むとかすればいいのに。

そうじゃなければ、さっさと医療データごとクラウド上で一元管理してもらいたいです。

それだったら、交通事故や大災害などで怪我を負った時なんかも、個人の管理ナンバーで過去の疾病・傷害履歴や投薬履歴が分かればずいぶん無駄な手間を省けそうな気がします。

話は戻りますが、だいいちお薬手帳なんかいちいち持ち歩くかっての。面倒くさいし、シールでペタペタ貼るのもなんだかなぁ。

3DSがもらえるかも?

お年寄りなんかは集めて喜んでいたら困ったものですよ。

お薬シール100枚集めたら『任天堂3DS』と交換できたりして、おばあちゃんが孫を喜ばすために一生懸命に集めちゃうの。薬局もこのくらいのキャンペーンしてみたらよいのに。

薬学管理料やら調剤技術料で結構儲けていらっしゃるようですから。

お手盛り

そんな僕も何冊かお薬手帳をもっています。薬局に行くたびに忘れて、そのたびに作りますよと言われるがままに作っていたら増えちゃいました。いりませんの一言で断れるんですよね。

調剤技術料はしっかりと調剤するものにはもちろん必要だと思いますが、僕の飲んでいるような胃腸薬みたいな調剤不要の薬だと、棚から出して日数分の薬を袋に詰めて渡すだけで1420円ってのはちょっと高すぎだと思うんですよ。自己負担分は3割だから400円くらいですが、残りは保険料からです。

この辺りも細かく値段付けをした方がよいと思うんだよな。なんだかボッタクリのお店みたいに感じます。

それに薬学管理料ってのもあれで、耳鼻科でなんの役にも立たないネブライザー(鼻から薬液の水蒸気を吸い込むやつ)を一回ぽっちするようなもので、たんなる保険点数稼ぎにしか思えませんよ。

初めての薬を買うんだったら最初の1回は仕方がないと思いますが、2度目は必要ないです。

それも毎回同じような説明でしかも禁忌や効能がしっかり書かれたプリントまで渡してくれるんですから、それだったらプリントちゃんと読んで下さいねでオーケーだと思うんですが。

いつも行く薬局では説明は要らないっていうと、説明はしませんがそれでも薬のプリントはしっかり渡してくるんだもんね。薬学管理料取ってるからだよね。マッハでゴミ箱行なのに。すべてが無駄でもったいない。

なんだか免許更新時にもらう小冊子みたい。希望者だけに渡せばよいのに。

医者に聞いて十分

僕は、医者が薬を処方する時に効能と副作用を必ず聞きますから二度手間でもあるんです。医者も最近ですと患者に対して説明責任が求められているようなので、薬剤師なんかよりもよっぽど詳しく説明してくれます。

それでも気になる時は、処方箋に書かれてある薬名をググるだけの作業ですから。これでクスリについてはだいたい理解できます。

まあ、患者も患者で自分が飲んでいる薬がなんなのかも分からずに、ラムネみたいに飲んでいる人が多いのも事実ですけどね。困ったものです。

だいいちさ、薬が効かなかったり、期待した効果が無かったりしたら医者に文句言うでしょう。いちいち薬剤師に効き目が悪いんだよねなんて相談する人いるのかな?薬剤師は処方箋かけないんだからさ。所詮薬剤師なんだよ。しょうがない。

チェック機能

ただ一点だけ薬局と薬剤師が機能する部分として、医者が処方した薬に対するチェック機能の部分だけです。つまり、薬の組み合わせの禁忌・容量の記載ミスに対するチェック機能です。

このチェック機能は働いてもらわないと、薬剤師の存在意義の半分はなくなるかもしれませんね。

けど、これはサービスを受ける側の患者と薬剤師との問題なのか、薬剤師と医者との問題なのか、薬剤師の良心の部分の問題なのかは分かりません。

ずいぶん話がそれましたが、薬局にはもう少し細かく価格設定してもらいたいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク