花火がキライだ。音の鳴る花火が大キライ。だけど宇宙人はもっとキライ

夏になると花火をする人たちが増えます。花火が嫌いなコシタツです。

なぜ嫌いかだって?答えは簡単です。炸裂音がうるさいからです。

手持ち花火は好きだが、音の鳴る花火は嫌いだ

スポンサーリンク

24時間花火

最近だと、コンビニ、スーパー、大型薬局で手当り次第に売っています。深夜営業、24時間営業でだれ彼かまわずに販売しています。

それを買った『クルクルパー』が真夜中に所構わず炸裂させ始めます。少し多きな公園があると、そこでやり始めます。

僕は、時間構わずところ構わずに花火をやる人たちも嫌いです。

いつも『自分の部屋の中でやればいいのに』と思っています。

小さな子供たちが、手持ち花火でこじんまりやるのは微笑ましくて好きです。自分の子供たちとやる時は家の前で、音の鳴らない花火で遊びます。それだって8時くらいまででしょうか。

打ち上げ花火や、炸裂音がする花火は本当に嫌いです。

最近の傾向ですと季節感なく花火が販売されていて、真冬だろうが春だろうが、秋だろうが、夏の風物とは関係なく、打ち上げられて炸裂しています。

もちろん真冬にやる人たちはそんなに多くは無いのですが、いないわけではありません。

もちろん、デビューしちゃった子供たちが、ハシカのようにやるだけなので、本人たちは1回きりなのかもしれないのですが、公園などの花火スポットは24時間オープンなので困りものです。

花火と宇宙人

道路なんかでやっている人たちもいます。

あまりにも常識外れだと、宇宙人なので怖くてうかつに注意もできません。

花火で撃たれそうです。怖いです。

道路でバーベキューしちゃう人種と一緒です。

正直なきもち僕としては、音の鳴らない花火があればどこでやっても構わないんですが、なぜか宇宙人たちは音が鳴る花火が大好きです。

音は大きければ大きいほどよいみたいなんです。

大きな音を出して走っている、クルマやバイクと一緒の感覚のようです。

宇宙人と地球人

そんな僕も子供のころは爆竹で遊んだりしていました。ロケット花火を飛ばしたりしていました。因果方法なのでしょうか?

さすがに夜にはやったりしませんでしたが。

夜中に一人ぼっちで花火を打ち上げる人は少ないと思うから、仲間たちとやっているんでしょう。誰か一人でも、良識を持った人がいれば『もう、迷惑だからやめよう』の一言で終わりそうな気がするのです。

4人集まればたぶん1人くらいは地球人が混じっていて、半宇宙人が2人、宇宙人が1人くらいの構成だと思うんですよ。

けど、なぜかしら声のイチバン大きい宇宙人につられてやり始めると、同調圧力に押されてなのか、花火が尽きるまでやってしまうんですね。

想像ですが。

ここで、1人が『迷惑だ止めよう』と声を上げれば、半宇宙人も『…そうだね、止めよう』となると思うのですが。

まあ、想像ですが。

過去に少年だったコシタツの時代とは違うのかもしれません。

やっぱり音の鳴る花火も嫌いだが、時間や周囲を気にせずやる人間はもっと嫌いです。

基本的に睡眠にはナーバスなコシタツです。耳栓は必需品です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク