貧乏人は黒服を買うな。色あせの原因は紫外線なので、影干しが基本です

ボーナスシーズン目前のコシタツなんですが、ボーナスなんかは公務員か大手企業にお勤めのエリート層の特権だと思ってあきらめているので、悲しくなんかはないです。そろそろプロレタリア革命が起きる頃です(嘘)。

現在のコシタツは自分の人生に革命をもたらすために、猛烈に断捨離を推し進めているところなんですが、直近で処分したものは出番のない洋服たちですね。

そこで気が付いたことがあります。

スポンサーリンク

貧乏人は黒い服を買うな

もうただそれだけです。

黒い服って体のラインがシャープに見えるし、どんなボトムスにも合わせられるしで大変重宝するカラーなんですが、色があせると貧乏臭さ一直線なんです。

FOXのTシャツ 黒

クローゼットから出てきたFOXのTシャツです。

FOXの製品は作りが頑丈で長く着られるのでお気に入りなんです。頑丈さが分かるように色はあせても首回りはクタクタになっていません。

サマーシーズンの間だけ、月に数回着用で3年くらい着たでしょうか?ここ数年は色あせてきたのでタンスの肥やしになっていました。こんなTシャツだけでも20枚位押し入れで眠っていましたよ…

首回りがビロビロになってきたら躊躇せずに捨てられるんですが、家の中だとまだ着れそうだと判断しちゃうとデッドストックになってしまいます。

色あせ比較 黒Tシャツ

左は最近わけあって頂いた黒のTシャツです。それなりのブランドなのと新しさで黒が締まって見えます。右は色あせたTシャツ。

比較しちゃうと一目瞭然で、お外で着ちゃうと恥ずかしいですね。

素材が綿(コットン)100%なのも色あせの原因の一つかもしれません。

色あせの原因には

洗濯による色落ちと、紫外線による色あせがあります。

黒色の服は紫外線をよく吸収するので、影干しするのが基本です。

嫁さんに任せきりなので、ベランダで豪快に焼かれていますね…

ユニクロTシャツは頑丈

ポリエステル100% ユニクロTシャツ

自転車に乗ったり、運動で汗をかく時に着ているユニクロのミヤタTシャツです。

3年くらい前に買って、サマーシーズンはもちろん春・秋でも頻繁に着ていました。もちろんそのたびに洗濯するので、FOXTシャツよりもよっぽど酷使しています。

けど、ほとんど色落ちは無いし、ブランドプリントも剥がれていません。型崩れもしていません。

しかも、売り切りセールで1枚500円の大特価で買っていますから、超お得です。

ユニクロの回し者ではないのですが、このユニクロのポリエステル100%のメッシュ素材のTシャツは本当の意味で頑丈で貧乏人にはもってこいなんです。

貧乏臭くならずに長く着られます

ユニクロTシャツ6枚

数えたらユニクロTシャツだけで6着出てきました。

古い物だと7年程前に買った物もありますが、色落ちせず、型崩れせずに今でも現役で着ています。ほとんどが運動用ですけどね。

一時期ユニクロが出していたGIANTやミヤタ等の自転車ブランドタイアップTシャツが半分です。タイアップTシャツはすべて500円で買いました。

無地のTシャツもシーズンオフの特価で買っていますので、1000円しないで買っています。

ユニクロ自体があれだとの意見は無しですよ。

まとめ

オークリーの黒のTシャツも何枚か持っているのですが、FOXTシャツ同様に色あせてきます。やっぱり黒は日に焼けるし、色あせするしで、Tシャツの服としての機能がダメになる前に見た目の色がダメになる方が早いです。

なので、もう黒は買いません。

買うならポリエステル100%の黒なら安心かもしれないですね。コットン100%の黒は2シーズンで捨てる感覚で買わないといけません。

紺色(インディゴブルー)の色あせは許容できるのですが、黒の色あせはなぜあんなに貧乏臭く見えるのでしょうか?不思議です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク