子供の髪の毛はセルフカットで上手に節約。慣れると10分くらいで完成です

髪の毛なんてほっといてもドンドン伸びてくるし、子供たちの髪の毛って、なぜだか成長が早くてあっという間に『ボサボサ』になってきますよね。

こんなの毎月散髪に行ってたら、年間の散髪代がいくらになるのか想像しただけでも『ガクブル』もんです。

そこで、コシタツ家はセルフカットで散髪代を節約しています。

スポンサーリンク

セルフカットでの節約方法を紹介します

1000円カットは安いけど

越谷市にも、俗に1000円カットと呼ばれる格安散髪店が増えてきていますが、それでも月に1回行けば12000円。少なくして2か月に1回行ったとしても6000円は1年間にかかります。

コシタツ家の場合は男の子2人なのでその倍かかる計算です。

また、お店によってはシャンプーは別料金だったりするので、もう少しかかる場合もありますね。

しかも、小学生くらいならまだジッとしていますが、3歳くらいだと『ムズムズ・グニャグニャ』とまったくジッとしてくれません。なかなかカットが進まず、連れて行ったパパ・ママが悪いような気になっちゃいます。

そこでオススメしたいのが、自宅で簡単『電動バリカンカット』です。

3歳児の散髪方法

切る場所はもちろんお風呂です。春から秋にかけてはまだよいのですが、冬はストーブを持ち込んだりします。ちなみに、夏場はお庭でカットしちゃう時もあります。

用意する物は電動バリカン。出来れば充電式の物が使い勝手が良くて重宝します。それと、切った髪の毛を入れるビニール袋です。これだけあればなんとかなります。

僕が使っているのはこれです。

パナソニック電動バリカン ER5209P-W

刃先が簡単に外せて、アタッチメント・本体が水で丸洗いできます。面倒くさくないのは重要です。面倒だとやらなくなってしまいますからね。

Panasonic カットモード(ナチュラルアタッチメント付 水洗い) 白 ER5209P-W

3歳の男の子 モデル

D5300+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIで撮影

モデルは次男坊です。わんぱく盛りで言葉もドンドン覚えてきているので、毎日が楽しいです。

最近『イヤイヤ』いって切らせてくれなかったので、ボサボサになっています。『ママが切るなら切ってもいいよ』などとのたまったので、ママがカットすることになりました。

ママは次男の髪の毛をバリカンでカットするのは初めてです。

3歳の男の子 散髪中

お風呂がイマイチ汚いのは気のせいです

切ったらすぐお風呂に入れるので裸にさせたら、いきなり20㎜で刈り込んでいきます。ここでしょぼいバリカンですとなかなか切れていかないのですが、パナソニック製のはプロ向けの機種も出しているのでグイグイと刈り込んでいけます。

3歳児散髪中 切った髪の毛は袋に入れる

カットした髪の毛はバリカンの上に乗ってきますので、そのまま袋に入れます。

3歳の男の子 散髪中

前がある程度すんだら、サイドを刈っていきます。まだ3歳児くらいですと、髪の毛がフニャフニャと腰が無いので切りにくいんです。

上手に切るポイントは髪の毛の生え目に逆らってバリカンを入れていくことです。

3歳の男の子 散髪中

D5300+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIで撮影

大人しくしてくれたおかげで正味7分もかからずにこの状態です。頭頂部のつむじのあたりはカットが難しいので、いろんな方向からバリカンを入れていき、アホ毛が残らない様にします

3歳の男の子 散髪中 仕上げます

アホ毛が残らない様にカット出来たら、サイドを仕上げるのにアタッチメントを9㎜に換えます。長男の場合ですと、20㎜→15㎜→12㎜→9㎜と仕上げていくのですが、3歳児でじっとしていないのでいきなり9㎜です。

3歳の男の子 散髪中 仕上げます

耳の裏はむずかしいうえにくすがったがるのでさらに難易度アップ。いきなり動いてもアタッチメント以上の長さは切れないし、地肌にバリカンの刃が当たらないので安全です。

ただ『グニャグニャ』と肩をすぼめるので時間がかかります。

3歳の男の子 散髪中 仕上げます

襟足は散髪の出来・不出来を決める重要なところなんですが、すでに飽きてきてジッとしていられなくなってきたので適当です。

3歳の男の子 散髪完了

うへへへへ。かわいいなぁ。

途中からインチキな感じになってきましたが完成です。すぐ伸びてくるし、ボサボサのヘルメットみたいな髪型よりはカッコよくなりました。大成功とします。いぇー(*^^)v

袋にたまった髪の毛

目地が汚いのはイリュージョンです

結構な量の髪の毛が出ました。このまま結んでポイっとします。

下に落ちた髪の毛はそのままシャワーで洗い流し、最後に回収します。

シャワーを浴びてさっぱりです

D5300+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIで撮影

超さっぱりして男前になりました。3歳児だと髪の毛の量が少ないので、こんなもんですね。これで夏に向かって暑くない!

散髪時間は、正味15分くらいでしょうか。慣れないママがやったのと、途中で撮影してたのでこの時間です。慣れると10分くらいで終わります。

お手入れは超簡単

バリカンお手入れ 水洗い

外したアタッチメントはすぐに水洗いします。面倒だと思う前にやる事が重要です。

バリカンお手入れ 水洗い

本体も水洗いが出来るので清潔に保てるうえに、面倒がないです。面倒くさいとほんとにやらなくなりますからね。小さな髪の毛がついているところは、いらない歯ブラシでゴシゴシするとキレイになります。

毎度ジャブジャブと適当に洗っていますが壊れませんよ。

バリカンお手入れ 水洗い

D5300+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIで撮影

これは超重要です。洗い終わったバリカンの刃にオイルを注します。これはバリカンの刃を長持ちさせるメンテナンスです。必ずやりましょう。

バリカンお手入れ

良く乾かした後にしまえば終了です。これだけのアタッチメントが付属して5000円くらいから買えます。5回使えば元が取れる計算ですね。ヘアカットマニュアルも付属しています。

コシタツ家はおとこの子が2人いるので、すでに元は取っています。髪の毛を切れば切るほどお得です。長男は少し伸びてくると、すぐに切ってくれと言い出しますよ。

まとめ

少ない投資で長いリターンが得られるバリカンカットなんですが、やっぱりはじめは上手にカットできませんでした。

それでも、2回・3回と続けるうちにコツが分かり上手にカット出来るようになります。

お手入れさえしっかりしていれば長持ちする道具なので、ぜひ皆さんもパパ・ママカットで上手に散髪代を節約してみて下さい。子供とスキンシップもはかれるし、髪型が上手く決まると楽しいですよ(^^♪

床屋さんに2回分で買えちゃう、大人気商品です。

幼稚園生くらいまでだと必要ないかもしれませんが、小学校に上がるくらいだと髪の毛の量も増えるので、スキカルハットが必要になるかもしれません。小6長男の散髪の時には使ってますよ。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク