自転車の取り締まりが強化されたから、いっそ原付バイクに乗った方がよいと思う

自転車の危険運転取り締まりの強化が始まりましたね。ちょっと、最近の自転車欲しい欲しい病に水を差された感じです。

ニュースで見る限りですと、どうも警察は本気モードのようですね。

自転車取り締まり強化

スポンサーリンク

危険行為と規定された14項目

  1. 信号無視
  2. 通行禁止違反
  3. 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
  4. 通行区分違反
  5. 路側帯通行時の歩行者の進路妨害
  6. 遮断機が降りた踏切への立ち入り
  7. 交差点安全進行義務違反など
  8. 交差点優先車の妨害
  9. 環状交差点での安全進行義務違反
  10. 指定場所一時停止違反など
  11. 歩道通行時の通行方向違反
  12. 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
  13. 酒酔い運転
  14. 安全運転義務違反

一覧を見ても分かるように、当たり前に危険な事ばかりです。警察が取り締まりを強化したいのも、事故を減らしたいのもよく分かるんですが、その前に思い当たることがあります。

無敵の人が増えた

これが一番の問題だと思うんですよ。

自転車だから大丈夫。交通弱者だもんねチャリは。はねるならはねなよ、クルマの方が過失割合が大きいんだよ。下りれば歩行者(笑)。などなど…

傍若無人な自転車乗りが増えたんですよ。もちろん昔からいたんですが、それが目に余る形で増えてきたんだと思いますし、実際に増えていますね。

横一列で歩道を走る自転車もそうですし、車道を逆走する自転車。両手放しでスマホを使う若者。僕が目撃しただけでも数え切れないくらいにあります。

それに拍車をかけたのがピスト自転車ブーム。

ブレーキ無しがカッコイイとかどこの自殺兵器かっての。この辺りから徐々に取り締まりが厳しくなっていった気がします。

わが町越谷市では車道の真ん中を自転車でユラユラ走る、お年寄りの無敵な人たちも最近どんどん増えています。

乗り手の問題だけでもない

根本的な問題は町中に自転車走行レーンが無いことですよね。

昔から自転車は軽車両で、車道を走りなさいって言われ続けているのですが、その割には自転車通行帯ってほとんど見かけませんよね。たぶん国も地方も整備する気はないんだと思います。

僕は自転車もバイクも車も全部乗っていたのでよく分かるんですが、

車道左すみっこの60cm位の幅のところを遅い自転車が走り、次に少し速い原付バイクが走り、そのわきを制限速度で自動車が走るんですよ。速度差あり過ぎで滅茶苦茶怖いです。

その他、路上駐車やいきなり左折してくるガイキチな車、左側から追い抜きをかけるイカレタ原付小僧などなど。

更に、ほぼ無音で『シャ――――』っとロードレーサーが追い抜きかけてきたりして…

まだ体が動く走り慣れた若者ならいざ知らず、ママチャリでふらふらと走るおばちゃんはどうすればよいのでしょうか?ピンチになると自転車から『サッ』と降りるあのおばちゃん達です。

この辺は警察にも暗黙の了解があるんじゃないかと思っているのですが…。おばちゃんたちが通行区分違反でバリバリ捕まるようだと、少し行き過ぎた感がありますよね。

これなら原付バイクでいいじゃん?

正直これらを全部守くらいなら、自転車じゃなくてスクーターなどの原付バイクに乗った方がよっぽど安心・安全な気がします。追加ですることはヘルメットを被る事くらいじゃないでしょうか?

原付バイク

それに、原付バイクだと自賠責保険に強制加入ですし、自宅に自家用車があれば格安で対人無制限の保険が掛けられます。ワイド保証ですと人身傷害保険もプラスされますしね。

自転車よりもライトはぜんぜん明るいし、ブレーキは効くし、バックミラーも装備されています。テールライトにブレーキランプも点きますよ。

やみくもにスピードを出したりせず、2段階右折をきちんと守っていればほとんど捕まる事も無いはずです。

車体も自転車よりは大柄なので、クルマから見ても視認性がよいです。夜はヘッドライト、テールライトのおかげで特に目立ちます。

これから原付バイクが売れるはずです。

まだ始まったばかり

そして今回、改正された道路交通法では、3年以内に2回の違反で摘発を受けた運転者は『悪質自転車運転者』と認定され、有料の講習を受けなければならないんですね。

けど、そもそも悪質だと思って違反している人が圧倒的に少ないのが現状だと思うので、警察は取り締まるだけではなく、小学校・中学校・高校などでの交通ルールの啓もう活動にもよりいっそう力を入れていって欲しいです。

今度そうなると交通安全協会なんて下らない天下り組織が忙しくなって、予算を付けなきゃいけなくなって焼け太りになる可能性があるので、やっぱり自転車乗りは自発的に交通ルールを順守しましょう。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク