2015 トライアル世界選手権 ストライダー 日本グランプリ に行ってきました

2015年 4月25・26日とツインリンクもてぎで開催されましたトライアル世界選手権に行ってきました。

もちろんステイエリア泊りがけで、一眼レフカメラも持っていきましたよ。

ひたすら観戦

2日間にわたって大会が行われるのですが、2日間とも暑いくらいの晴天に恵まれ、12セクション全部をガッツリと観戦することができました。

世界最高のバイクテクニックを持つ選手たちの真剣バトルは、観戦する時間を忘れ去るくらいに『激しく、熱く、官能的』で、この時間が永遠に続けばいいのにと本気で思うくらいでしたね。

ビバ‼‼トライアル‼‼

トニー・ボウ選手

トライアル トニー・ボウ

トライアル トニー・ボウ選手

2日間とも1位の絶対王者トニー・ボウ選手。リアルファンタジスタな走りを2日間とも見せてくれました。まったく無駄のない走りで、セクションが簡単に見えてくるから恐ろしいです。あのバイクに乗れば僕にも出来そうだと思わせてくれます。

2日目の3セクション唯一のクリーンは圧巻でした。

今大会で好きなセクションは3セクで嫌いなのは5セクのようです。

藤波貴久選手

トライアル フジガス

トライアル フジガス

1日目-4位、2日目-2位の活躍で、地元日本で久しぶりに表彰台に上がってくれました。膝の靭帯手術の影響を感じさせない走りで今年はランキング5位から上げてくれそうです。世界選手権20年の大ベテランになってしまいましたが、ポテンシャルは健在です。

頑張れ‼‼‼フジガス‼‼‼

アダム・ラガ選手

トライアル アダム・ラガ

トライアル アダム・ラガ

昨年度ランキング2位。2日目は3ラップ目の11セクションで5点をだして、藤波選手に逆転を許して4位に後退。大会終了後はパドックに引きこもっていたようです。

2日目5セクションの唯一のクリーンは昨年に引き続き興奮しました。写真はないです。

ジェローニ・ファハルド選手

トライアル ジェローニ・ファハルド

トライアル ジェローニ・ファハルド

いまいちここぞという時にメンタルが弱い気がする選手ですが、日本GPは2位、3位と2日連続で表彰台で満足のようでした。幸先の良いスタートを切れたようです。

アルベルト・キャベスタニー選手

トライアル アルベルト・キャベスタニー

トライアル アルベルト・キャベスタニー

多少ムラっ気がある選手ですが、テクニシャンです。日本GPのツインリンクもてぎとはイマイチ相性が悪く苦手としています。たまに他の選手とは全然違うラインを走ったりして、面白い選手です。

ハイメ・ブスト選手

トライアル ハイメ・ブスト

トライアル ハイメ・ブスト

若干17歳でレプソル・ホンダ入りした期待のルーキーです。2日間ともに6位入りして、大器の片鱗を見せつけています。顔もあどけなく、体の線も細いですがこれからグングンと成長するのでしょうね。ファハルドもいつの間にかおっさんっぽくなってしまったから…

3点差で負けた全日本チャンピオンの小川選手は悔しかったようですね。

全日本組も含めて沢山撮影したのですが、今年の注目選手たちはやはりいつもの顔ぶれでしょうか。ブスト選手の伸びしろに期待です。

撮影機材

ニコンのエントリー一眼レフカメラ、D5300にタムロンの70㎜-300㎜(A005)で撮影しています。

保存はJPEG-FINEで連写速度を稼いでいます。それでも、7枚撮影すると止まります。

それなりに光量があって、被写体が大きく写せるときの歩留まりは良い感じです。シャッター速度は500~1000の間で撮影しています。

ただ、望遠端で光量が足りずISOを上げなければならない時は、全体的に歩留まりは悪いです。もちろん腕が悪いんです。

まとめ

1日目で撮影したので、2日目はガッツリ観戦モードでしたのでカメラは持ち歩きませんでした。

かなりの数のアマチュアカメラマン?が1眼レフをたすき掛けにして歩いていましたね。すごいです。僕は1日目で肩こりが酷くて大変でしたよ(^▽^;)

年々感じている事なんですが、観戦客が減ってきているような気がします。

未就学児向けのストライダーカップが併催されているのですが、そのおかげで見た感じの観戦客数は多く感じるのですが、リアル観客は少ないと感じました。

ストライダーカップに参加している若いパパ・ママが少しでもトライアルに少しでも興味を持ってくれて、国内選手権や世界選手権、自転車トライアルに参加、観戦してくれたらと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク