東京マラソンの仮装ランナーについて一言もの申す

基本的に走れません。

体が悪くて走ると死んじゃいます。

しかし、世の中お金を出してまで走りたいと思う奇特な人達が大勢いるものです。

スポンサーリンク

ビバ東京マラソン!!

数ある国際マラソンの中でも、市民ランナーに日の目が当たる国際大会はこの東京マラソンだけでしょうね。

なんたって民放キー局が延々と生中継してくれますからね。
相変わらずテレビ向けの企画を混ぜ込みながらですが。

1】市民ランナーそれぞれのストーリー

フルマラソンに挑戦する市民ランナーたちの様々な、走る理由に注目。
「視聴者に元気を届けられる」物語を取材VTRで紹介しつつ、
その姿をライブで映し出します。
応援サポーターの皆さんは、当日スタジオで心からのエールを送ります。

「元エリートランナー、現在銀座の美容院経営」

「マラソンの曲を作るシンガーソングライター」

「生徒に見せたい中学校教師」

「クイズ王がフルマラソン挑戦」 などなど

なんだよ?スタジオからエールを送るって。だったら、ロケに行けよ。

いっその事だから、出所したての押尾某さんとか、酒井某さんとか、小向某さんとかも走ればよかったのになんて思います。まあ、これ以上は言いませんし、小向某さんは勾留中ですかね。

今回は実刑が出る事でしょう。

真面目に走れよ

走りもしない僕が言うのも何なんですが、毎度毎度仮装してるランナーたちは如何なものなんでしょうかね。

走る偽ドラえもん

走りやすそうな形にデフォルメするな

走る偽フナッシー

やるなら、きちんとやれ

キリストになったり、偽フナッシーとかいろいろいますよね。フレンドシップランでは、トマト供給装置を頭に取り付けて走っているひともいましたね。ちなみにキリストはOKだが、他の宗教ではどうなんでしょうか?かなりセンシティブな問題です。

ランナーの中には、『けしからんマラソンを愚弄している』って思う人はいないのでしょうか?『市民ランナーの地位が低く見られる‼』って怒り出す人がいてもおかしくないと思いますけど。

ズボンをずり下げて穿いてる選手や、オリンピックメダルを噛むことにキレるよりもね。

さらに言うけど、この日のためにまじめに練習してきたランナー達は頭にこないのかな?それともわれ関せずで、興味そのものがないのかしら?

たとえばの話だけど、陸上競技の100m予選で、フナッシーもどきやら十字架背負ったおっさんが出場しても問題ないのか言う話なんですよ。

審判がちょっと待てってなるのか、それとも自己責任でどうぞになるのかな?

ほかの陸上競技も仮装でOK

逆に考えて、マラソン以外の陸上競技もあんまりストイックになりすぎないように、適度にゆるくやった方がエントラントも増えて、協会にお金が入ってみんなハッピーになれるのかもしれませんね。

どうせ、決勝に残るのはだいたいいつもの6人と運が良かった2人くらいですし。しかも、陸上競技の日本選手権なんてお客さん入ってなくって、ガラガラじゃないですか。

だから、参加基準を少し下げて、100mは着ぐるみ着用で13秒以下、フナッシー型は15秒以下とかね。

全国のゆるキャラが集まって、話題になると思うんだけど。結局、決勝には残れないんだけど、もったいないからゆるキャラ達だけでB決勝とかやって、そっちの方がメインになっちゃったら楽しいのにな。

まとめ

結局僕は走るわけでも、出るわけでもないので東京マラソンなんてどうでも良いんですが、なんだかマラソン大会ってスポーツなのかレジャーなのかよく分かりません。

しかし、出場者3万6000人ですか。1万円も払って。僕にはやっぱりランナーの気持ちは分かりません。

もの好きな人が大勢いるものです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク