【レインボーシックスシージ】コッパー帯にはびこる迷惑クソ野郎5人組

プレイ時間が長いわりには全く上達せずに、メインのアカウントがレベル100を超えてしまったコシタツです。

レベル100を超えるとマルチプレイでの周りの期待値が想像以上に上がるらしく 、最後の一人になった時などに無様な立ち回りで憤死すると『100レベルオーバーlol』『レアリー?100lv?』 などのきついコメントが頻繁に入るようになりました。

マルチプレイのカジュアルでならまだましなんですが、ランクマッチで(それもシルバーレベル)やっちまうとまあ戦犯扱いです…下手くそなんですよ。

ということで文句を言われないようにするならサブ垢作って逃げればいいじゃんってことで、 Starter Edition でサブアカウントを作って初めからやり直してみたんですが…

ランクマッチ コッパー帯

スポンサーリンク

ランクマッチ コッパー帯に巣くう5つのクソ野郎

当初の予定では、カジュアルで立ち回りとエイム (ヘッドショット)の練習をするつもりだったんですが、なぜかランクマッチをやってしまい。あれよあれよという間にコッパー4まで下がりきってしまいました(泣)

もちろん自分が下手くそなのもあるんですが、ちょっとやりきれないような理由もかなりあるのでその部分をピックアップしてみます。

  • 味方殺すマン
  • 死んだら抜けるマン
  • 開始早々抜けるマン
  • 下げランクマン
  • チートツールマン

その代表的なのが上に書いた5つのクソ野郎たちです。

マジで本当の敵は味方にいたりするんですよ。こればっかりはどうにもならんです。

味方殺すマン

ゲームに不慣れで敵と間違えて味方を撃っちゃったではなく、初めから味方を殺す気満々でランクマッチしてくる『味方殺すマン』です。

この『味方殺すマン』の特徴は、 ゲーム開始直後の準備フェーズにいきなり撃ってきます。

下手くそな『味方殺すマン』は、いきなりヘッドショットかまして仲間を殺しちゃうんですが、ベテランな『味方殺すマン』は絶妙に仲間の体力を削っていきます。

ほとんどの『味方殺すマン』は、気づいた仲間にやられちゃうか、勝手に抜けちゃうんですが、まれにそのままゲームを続ける者もいるので、そんな時はかなり不安になりますが、抜けられると4人で戦うハメになるので皆黙認状態で続けたりします。が、ほとんどは次のラウンドで同じことを繰り返すのでキックするか殺しちゃったりしますね…

死んだらすぐ抜けるマン

『死んだらすぐ抜けるマン』の特徴は、とりあえずゲームは始めるんですが、キルされるとそのまま抜けてしまうクソ野郎のことです。

カジュアルマッチなら、ある程度自由なので致し方ないかなとも思うんですが、ランクマッチでやられると残りのラウンドを四人で戦わなければいけなくなるので、かなり厳しいです。

まれに戻ってきたりする場合もあります。その時は心の優しいコシタツは温かく迎え入れてあげます(笑)

ランクマッチでの途中抜けはペナルティ対象になり、15分間のランクマッチ停止処分となるんですが、ゲーム中に復帰すれば処分は解除となります。

開始早々抜けるマン

『開始早々抜けるマン』の特徴は、ラウンド開始直後にいきなり抜けてしまうこれまたクソ野郎で、目の前にいるオペレーターが神隠しにあったように突然消えてしまうのでびっくりしますが、抜けちゃった事実だけが残るので結局四人で戦わなければいけません。

この『開始早々抜けるマン』もまれにゲーム途中で復帰する時がありますが、ほとんどは戻ってきません。

もう最初っから嫌がらせする気満々です。くたばって欲しいです。

下げランクマン

『下げランクマン』は仲間ではなく敵になります。

実力的にはゴールドやプラチナ帯レベルの人が多いんですが、あえてと言うかわざとコッパー、ブロンズ帯までレベル落として下手くそを無双するのを楽しんでいるろくでなしです。

クリアランスレベルも100後半から200超えの人が多く、 Tab キーを押せばなんとなくわかっちゃうんですが、まれにサブ垢使ってるかなって感じる人もいます。

こいつらは本当に強くて、リスキル&鬼立ち回りでリアルコッパー、ブロンズ帯は無残に蹂躙されてしまいます。悔しいんですが、強さがすべてです。

まれにですが、散々蹂躙した後降伏してくれる優しい『下げランクマン』もいたりします。

チートツールマン

『チートツールマン』はまさしくチーターで、これはどのランクマッチでもカジュアルマッチでも見受けられるファッキンクソ野郎です。

リスキルなんかはいきなり殺されるので、『はっ???』って感じでわけわからんなんですが、リプレイを見ると絶対見つけられない物陰にいる状態からエイムで追ってきているのでウォールハックかなんかのチートツールを使っていると思われます。

特徴としては、ダッシュで立ち回って鬼のようにキル取ってくので何となく分かると思います。

『チートツールマン』がいると、4連敗と一方的に負けて一人で10キル以上取って行くのでかなり悔しいんですが、自分にできることは迷惑行為のボタンを押すことぐらいです( ノД`)シクシク…

まとめ

レインボーシックスシージのランクマッチの良い点は、マッチを重ねるごとに自分のレベルが平均化され、そのレベルに見合ったランクでプレイすることができるのですが、ブロンズ、コッパーとランクが下がるにつれ 『味方殺すマン』や『死んだら抜けるマン』が増えていくように感じます。

もちろん、真剣に楽しくプレイしてる人たちがほとんどなんですが、僕がランクをやる感じですと5戦に1戦くらいは迷惑クソ野郎に当たりますね。

敵チームにクソ野郎がいれば5対4と勝つ可能性がかなり高くなるんですが、それもどうかと思う部分です。

ゲームをやるからには、やっぱり勝ちたいのですがそれよりも似たようなレベルで楽しくゲームをしたいのでこのような迷惑行為は本当にやめてもらいたいです。

え?、もっと上手くなってゴールドやプラチナになればいいじゃんって???

それは無理ゲーですよ(笑)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク