ざわちんがマジ板野友美だった話。テレビは無理ゲーだから目指すはユーチューバーだ

君は本物をみたか!

最近ざわちんさんに辛辣な意見が飛び出していますが、

ざわちんブログ

実際に本人をみたコシタツから一言、物申す!

スポンサーリンク

レイクタウンで見たときは、まじで『板野友美』だった。

ざわちんというと、2011年の秋、北関東のショッピングモールをマスク姿で歩いていた際、 「板野らしき女性がいる」と写メ付きの目撃情報が多数ツイッターにアップされたことで一躍有名になった。「事実、板野をはじめ、浜崎あゆみなど初期のネタ はいずれも本人に激似でしたからね」と芸能ライター。livedoor news 参照

AKBのともちんがフードコート奥からナムコランドに向かって歩いてきたんですもん。

今をときめくAKB48の『ともちん』がいるんですから。

もう人だかりで、ちょっとした騒ぎですよ。

中には一緒に写真を撮ってもらっている女子グループもいて、僕もさわれそうな位の至近距離にいたので瞬間的に写真撮りたいと考えたのですが、いいおっさんがキモイなどと思考を巡らせているうちに、偽マネと共に移動しちゃいました。

実はざわちん

その時はたしかマスクもしていなかったし、仮面ライダーWを毎週のように子供とみていた僕の目を簡単にだましてくれたメイクアップ技術は本物だと思う。2011年は仮面ライダーWに板野友美が情報屋の女子高生役クーインで出演していたんです。それで、顔はよく知っていたのでした。

テレビで見るよりも全然可愛くて小さい感じがしたんだけどね。

こんなツイートが出ていたようです。

Twitterやってなかったし、特に調べたりもしなかったからわかりませんでした。

ただ、変だな~って感じていたのが、当時板野友美はイトーヨーカドーのCMに出演しており、なんでライバル企業のイオンに遊びに来ているんだろう??とは感じていたんですよね。

その答えが分かったのが、ざわちんが嵐のメンバー5人になりきっていたツイートが出回り始めた時だったんです…

それまでは、プライベートの生芸能人を見た数少ない中の一人だったんですが。

まあ今でもそうですよね。ざわちんさんは芸能人ですよ。

ユーチューブもっと更新しろ

テレビ番組では、自身の生い立ちから現在に至るまでを赤裸々に語っていますし、トレードマークであったはずのマスクまで外してしまいましたね。マスクを外すことは最後の一線だったとおもいます。

なにしろ、テレビ番組でネタになりそうなことはすべてさらけ出してしまって、弾薬が尽きた状態になってしまってます。飽きられるのも時間の問題でしょう。

特に物まねが出来るわけでもないし、聞いたことはないが歌が上手なわけでもなさそうですし、トークもあれだし…

だからこそ、今からが勝負なんです。たぶんテレビメディアでは長続きしないはずだから、もっともっとざわチャンネルに力を入れる時ではないかと思いますね。物まねメイクの技術を使って、化粧品メーカーとタイアップするなり、自撮りメイクアップ講座を開くなりして、ユーチューバー的な活動をすべきではないかと思います。

本当だったら芸能事務所に入る前に、ユーチューブで収益化を図っておいた方がよかったのかもしれませんね。いまさらですが。事務所はどうしても事務所の収益を考えますからね。メディアも美味しいところだけを吸って、干からびたらポイーですから。

物まねメイクを応用した物だったら、潜在的なニーズって結構あると思うんですが。

だから、あんまり無理クソなメイクはやめて、自身のブランディングに力を注いだ方が結果的にはうまくいきそうです。ともちんもざわちんも下り坂で共倒れでは悲しすぎます。

ざわチャンネル更新少なすぎ。

もっと更新しろ。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク